(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

鬼の里、鬼娘の決意・起

「私たちの話を聞きたい?」

 シュテンがそんなことを言ったのは、ある昼下がりのこと。例に漏れず今日も暇なボルケイノは、早めの昼ご飯を終えてまったりと休憩に入っているところだった。
 メリューさんはそれを聞いて、うんうんと楽しそうに頷きながら、

「だって、あなたたちのことあまり知らないもの。そりゃ、私が身元引受人になった時はいくらか話は聞いたかもしれない。けれどそれは上辺だけの問題でしょう? 仲良く、そしてずっとここで暮らすんだから少しは聞いておかないとね。ティアもそう思うでしょう?」
「私は別に。そこまで気にすることでは無いと思いますが。そもそもプライベートな質問では? デリカシーの無い代表であるあなたがズケズケと聞いていくのも如何なものかと」

 ティアさんは毒舌たっぷりにメリューさんの言葉に返した。

「あなたねえ……!」

 メリューさんはティアさんの言葉に少し(というか思い切り)苛立ちを隠せないようだったが、

「いいですよ、別に」

 それよりも先に行動したのはシュテンだった。

「シュテン……」

 ウラはそう彼女が答えると思っていなかったのか、シュテンのほうを見る。

「彼女たちにはお世話になったし、気概がないことだって十分理解している。もちろん、私たちを何処かに売り払おうなんてことも考えていない。そうでしょう?」
「当たり前だ。ここで働いているみんなは私の仲間だからな」

 メリューさんはそう言って軽く自分の胸を叩いた。

「ウラ。もう話しましょう。私たちのことを。どうして私たちがあの場所で……テロをするに至ったのか。それについて話をしましょう。そうでないと、私たちは真にボルケイノの仲間になれた気がしないから」
「シュテン……」

 ウラはシュテンをただじっと見つめる。
 彼女の意志が強いことに改めて気付かされたからかもしれない。いずれにせよ、今の彼女たちの間に入る余地などありはしなかった。
 そうして、永遠にも近い時間、彼女たちは見つめ合っていた。きっとお互いに考えていたのかもしれない。
 先に口を開いたのは、さっきとは打って変わってウラだった。

「……それでは、お話ししましょう」

 その一言で、空気が変わったような気がした。変わったのは、空気よりも雰囲気のほうが近いかもしれないが、この際細かい話は飛ばしてしまったほうがいいだろう。
 そうして、ゆっくりと彼女は語り始めた。
 シュテンとウラ、そして彼女たちが共に過ごしていた、『鬼の里』の話を――。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く