(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

年越しそばリターンズ

「……なんやかんやで、まさか今年もこうなるなんてね」
「大晦日もシフト入れるのは、きっと俺くらいですからね」

 大晦日。
 一年の最後の日であり、一年の総決算をするような日である。そういえば去年もここで仕事をしていたっけなあ。その時は確かメリューさんとティアさん、それに俺だけだった。

「……あの時は、人数が少なかったんだよな……。それが今や、倍以上だもんなあ」

 俺は一年前の出来事を思い返しながら、ただコップを拭いていた。

「にしても、まさか今年もお前が『年越しそば』を作るとはな……。来年こそは、私が作らねば」
「いいんですよ、別に。いつもメリューさんに作ってもらっているんですから。こういう時くらい、俺に作らせてくださいよ」
「……うーん、そう言うなら致し方無いか」

 どうやらメリューさんは納得してくれたようだった。納得しなかったらどうしようかと一瞬思ったが、それは特に問題なかったようだ。

「さて、ちょうど出来た感じですかね」

 俺はスマートフォンを取り出して時間を確認する。なぜかというと、ボルケイノの時間軸は他の時間軸とは大きく異なる。しかしながらスマートフォンとは便利なもので、ボルケイノにいる時でも日本の時間軸を示してくれる。お陰で正しい茹で時間を示してくれる。
 ということは充電が無くなったらおしまいになってしまう。だからバッテリーは必須だ。それも五回くらい充電出来る大ボリューム。それくらいじゃないとボルケイノの業務をこなすことが出来ない。……まあ、それは言い過ぎな話かもしれないけれど。携帯の電波なんてあるはずがないから、インターネットなんて見られない。だからその機能をオフにしてしまえばいいだけの話だ。
 そばをいれて、つゆを注いでかきあげを載せれば出来上がり。それをメリューさん、ティアさん、リーサ、シュテン、ウラの目の前に差し出す。

「……これが年越しそば、というのか?」

 リーサ以下は初めての年越しそばになる。だからとても珍しいのかもしれない。
 そして、彼女たちはほぼ同時に両手を合わせて、こう言った。

「いただきます!」


 今年ももう年を越した。
 今年はいろいろ大変な年だったが、来年はどんな年になるのだろうか。そんなことに不安と期待を織り交ぜながら、俺は皆が食べ終えた年越しそばの器を洗い始めるのだった。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く