(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

亜人会議 準備・前編

 亜人会議。
 名前の通り、亜人――人間と似て非なる伝説の生き物、形は人間と近いが、人間と違った特徴を持つ生き物――ばかりが集まる会議のことを言う。もちろん、そこに集まるのは偉い人ばかりだという。地位が高い、とでも言えばいいのだろうか。そういうことにあまり興味が無いから、話すことも無かったわけだけれど。
 はてさて、なぜ急にそんなまともな話題から始まったかといえば……。
 先日、ボルケイノに赤い封筒が届いたことから始まる。

「……何だ、この呪いの封筒みたいなものは?」

 メリューさんがそんなことを言いながら乱雑にびりびり破いていった。
 中身には手紙とチケットがあるようだった。
 手紙を読み進めていくと、首を傾げていくメリューさん。正確に言えば、怪訝な表情になっていくと言えばいいだろうか。

「まさか、ほんとうにオファーが来るとはな……」
「メリューさん、どうしたんですか?」

 痺れを切らして――正確には何を読んでいるのか気になってしまって――俺はメリューさんに問いかける。
 メリューさんは手紙をまたも乱雑に投げ捨てて、

「ケイタも読むといいだろう。どうせ君にも関係のあることだし。あと、リーサとサクラにも読んでもらうように。彼女たちには残ってもらうことになるかな。まあ、どうせお店は休めばいいと思うけれど」
「……さっきから一体何を自己完結しているんですか?」 

 おっと本心が漏れてしまった。普段はこんなこと絶対に言わないようにしていたのだけれど、まあ、それに関してはいってしまったことは戻ってこないから致し方ない。
 手紙、か。カウンターに乱雑に放置された手紙を見てみろ、ということか。取りあえずメリューさんに言われたので手紙を読むことにした。そこで放置なんてしたらまたも面倒なことになってしまうからね。ずっとここで仕事をしてきて、メリューさんの扱いにも慣れてきた。
 手紙を読み進める。そこには時候の挨拶から、長ったらしい自己紹介が書かれていた。面倒なので詳細は省くが、ようはどこかの国の王女から直々に送った手紙らしい。まあ、こういうものってそう書いておきながら実際は代理人が書いていることもあるのだろうが。
 そして、読んでいくうちにある一つの単語が俺の目に止まった。
 亜人会議。
 その単語は、どこかで聞いたことのあるような――単語だった。
 それを見ていたメリューさんは溜息を吐いて、カウンターに置かれていたコーヒー――ずっと手紙を読んでいたのでもう大分冷えてしまっているだろうそれを飲み干した。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く