(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

新聞記者とペペロンチーノ・1


 ドラゴンメイド喫茶、ボルケイノ。
 このお店はどんな異世界にも繋がっていて、どんな異世界からも干渉することの出来る、ちょっと変わった空間にある喫茶店だ――なんてことを言ってもきっと理解してくれないだろうと思うので、簡単に告げよう。
 このお店はいろんな世界に扉が繋がっている。そしてその扉はどんなタイミングでも使うことが出来る。だから一見さん大歓迎。むしろ一見が多すぎてちょっと回っていないくらい。
 だからと言ってサービスの質が落ちることは無い。そんなことは有り得ない。そんなことをさせないためにも、俺たちは必死に頑張っている……ということになる。
 ……申し遅れたけど、俺はこのボルケイノのアルバイターだ。名前はケイタ。まあ、それくらい覚えておけばあとはこのお店については関係ないだろう。流れで理解してもらえればいい。そんな深い話は、まあ、きっとないと思うから。
 ちなみに今は何の時間かというと、朝の準備中。営業時間は決まっているので、それが始まる前――だいたい三十分前くらいに準備が終わるようになっている。とはいえ、それはたいていルーチンワーク化しているので、下手したら一時間前には終わってしまうこともあるのだけれど。
 そんなわけでお店には俺を含めて店員三名のみ。カウンターで優雅にコーヒーを飲みながら新聞を読んでいる女性が目の前に居るが、その女性も店員の一人だ。
 メリューさんはいつもこの時間を楽しみにしていた。新聞を読む時間だ。
 新聞はあまり好きではないけれど、メリューさんは毎日新聞を熟読している。まあ、俺の居る世界のようにスマートフォンとかパソコン――いわゆる電子機器がないから、新聞くらいしか情報を知る手段が無いのかもしれないけれど。

「どうした、ケイタ。そんなに私が新聞を読む姿が物珍しいか? 別にいつも通りのことではないか。普段通りのことを見せているだけに過ぎないのに、どうしてそんなに気になっている?」
「気になっているわけでは……無いといえば嘘になりますけれど。どうしてメリューさんは新聞を読むのかな、って。だってここは異世界じゃないですか。それもどの世界にも繋がっている、まったく別次元の異世界。だのにある特定の世界の新聞を読んでも意味はないのかな、って……」
「それはどうかと思うけれどね、ケイタ」

 メリューさんはそういうと新聞を畳んで、カウンターに置いた。

「実際、新聞はかなり便利だよ。いろんな話をしていくうえで少しくらい知識を事前に得ていくことは大事だ。……とはいえ、全部の世界の新聞を買うととんでもないことになるからね。だから、ある一つの世界の新聞だけ購入している、というわけだ」
「それって……」

 俺がメリューさんに質問をしようとした、そんなタイミングでのことだった。
 カランコロン、と鈴の音が鳴ってそこから誰かが入ってきた。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く