(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

初めての客人・結

 私は我慢し続けずに、無視し続けずに、母の味を食べなくてはならなかった!
 それを理解したのは、実家から送られてきた、母の死亡通知を見てからの事だった。
 母が死んでも、私は母が死んだとは理解できなかった。
 親族にはそれを指摘され、それどころか帰ってこなかったくせにと言われる。
 どうしてだ? 私が都会で働くことが決まって、母は一番喜んでいたのに! 親族も全員で喜んでいたではないか!
 だが、そんなことを言っても無駄だった。それどころか私の心を締め付けるだけだった。

「……どうなさいました?」

 それを聞いて私は我に返る。どうやら馬鈴薯一つ食べたところで感傷に浸っていたようだ。……私らしくない。だが、この煮物の馬鈴薯にしみこむ味、とても懐かしく、美味しい。

「済まない、ライスを頂けないだろうか」

 こんなさびれた雰囲気の喫茶店にライスは無い――普段の私ならそんなことを想って居た。
 だが、私はあると思っていたのか――それともそんなこと眼中になかったのか、普通に注文していた。

「はい、どうぞ」

 そのメイド、メリューは私がライスを注文するのを理解していたのか、私の前にライスが盛り付けられた平皿を置いた。
 箸を使ってライスを一口。ああ、マキヤソースの味が濃い。だからライスが進む。絶妙なバランスだ。本当に素晴らしい。

「この煮物、君が作ったのか?」

 私はメリューに訊ねる。

「ええ」

 メリューは笑みを浮かべた。その笑顔が――また母と重なった。
 気付けば、私の目から涙が零れていた。

「お客様、大丈夫ですか?」

 しかしいたって冷静に、メリューはおしぼりを私に差し出す。
 私はそれを受け取り、涙を拭う。

「済まない。つい、あまりにも懐かしくて……」
「大丈夫ですよ。ここはそのようなお店でもありますから」

 そして私は食事を再開する。
 これが永遠と続けばいい――私はそう思った。


 ◇◇◇


「御馳走さま」

 後ろ髪を引かれるような悲しい表情で、男は立ち上がった。ちなみにヒリュウさんはまだプリンアラモードを食べている。本日二杯目。いつも通りだ。

「ありがとうございました。御代は銅貨五枚となります」

 銅貨五枚は、俺の世界で言うところの五百円くらいになるだろうか。まあ、いつもの値段だ。
 それを聞いた男は目を丸くする。

「そんな安くていいのか……? いいんだぞ、別に。銀貨五枚の間違いじゃないのか?」

 銀貨は銅貨二十枚分の価値がある。即ち、男が提示した値段は一万円相当。
 そんな大金、頂くことは出来ない。

「いえ、大丈夫です。銅貨五枚で、お客様の心が満たされたのでしたら」

 渋々男は銅貨五枚を置いていき、出口へと向かう。

「あ、そうだ」

 思い出したかのように、踵を返し俺に目線を送る。

「……どうなさいました、お客様?」
「私の名前はラインハルトだ。また来るときは、よろしく頼む」
「はい。かしこまりました。ありがとうございました」

 俺は頭を下げて、ラインハルトを見送った。


 ドラゴンメイド喫茶、ボルケイノに一人の常連客が生まれた瞬間であった。



「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く