(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

遣らずの雨・承

 と、その時だった。
 再びカランコロン、と音が鳴った。鈴の音が鳴ったということは、客が来た合図だ。それにしてもこんな雨なのに客がこうやってくるとは――え?
 そこに居たのは、もう、目を丸くするレベルだった。
 だって、そこに居たのは、蒼を基調とした鎧、兜、赤いマント、身体の半分程はあるだろう剣――見るからに勇者風の格好だ。
強いて言うなら、性別が女性であるが――まあ、この際気にしない。某勇者が銅の剣と五十ゴールドで仲間三人と自分の態勢を整えろと国王に言われる系ロールプレイングゲームでは、確か勇者は女性も選択出来たはずだ。

「いらっしゃいませ」

 頭を下げる俺。たとえ客が勇者であろうとも、それは変わらない。

「ああ、ここは食事処か。それにしてもまさかあんな僻地にあるとは……」

 同時に魔王はマントをパーカーのように帽子代わりにした。
 まあ、なぜそうしたか――理由は単純明快だが。

「ここ、いいですか」

 勇者はくしくも魔王の隣に腰掛ける。

「……ああ」

 さっきよりトーンが低い魔王。もしかして、魔王と勇者は一度会ったことがあるのだろうか。だからそのように声を低くしているのかもしれない。

「ところで、メニューってあります?」
「このお店は、あなたが一番食べたいものを作っています。提供まで少し時間を要しますが、暫しお待ちください。何を飲みます?」
「酒ってある?」

 二言目に酒を言い出すあたり、女性だけど勇者なのかもしれない。
 まあ、酒はある。いろんな世界から集めた至極の酒コレクション。これもメリューさんが実際に飲んで確かめたらしい。ほんと、すごいドラゴンだ。
 取りあえず言われたので酒を出す。一応メリューさんにも確認を取る為、厨房へと向かう。

「酒でしょ。いいよ、別に。とびっきりうまいものを出してあげなよ」

 即答だった。
 まあ、そこまでは予想通りだった。
 許可を貰えたことだし、質問をしよう。

「酒はそのままで?」
「……というと?」

 ほら、食いついてきた。ついでに隣に居る魔王も。仲良しか、お前ら。

「割り方があるんですよ。正確に言えば、飲みやすくすると言えばいいですかね。一番のオススメはカルーアミルクですよ」
「カルーアミルク? なんだそれは」
「珈琲のお酒に牛乳を入れたものです。飲みやすくて、とても美味しいですよ」

 それを聞いて勇者は笑みを浮かべる。

「成る程、それをいただこうか」
「ついでに私も頼む。甘めでな」

 おい、魔王、お前は甘党か。
 魔王の威厳、ガタ落ちだぞ。
 でもまあ、そんなこと今の魔王には関係のないことなのだろう。きっと。
 取りあえず俺はカルーアミルクを二人分作る為、冷蔵庫からカルーア――コーヒーリキュールのことだ――を取り出した。これをグラスに注ぎ、牛乳で割ることで完成――。いたってシンプルな構成だ。
 お待たせしました、と言って俺は二人分のカルーアミルクをそれぞれの席に置いた。

「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く