(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~

巫夏希

祭りの季節は恋模様?・1

 とある王国の、首都。
 普段は人が疎らに歩いている程度のメインストリートも、今日はたくさんの人が歩いていた。

「それにしても、この季節になると色々とモノが売っているわねえ……。さすがは祭りの季節!」

 普段通りメイド姿のメリューさんとティアさん、そしてパーカー姿の俺。あえて言おう、この世界にパーカーなど似合わない。だってこの世界で生まれたものではないからだ。
 だからといって店の服を着るのも何か変な気分だし、だったらいっそ完全に私服で出掛けてしまえ、という考えに至ったわけだ。

「……それにしても、初めて見ましたよ。この国って、こんなに人が居るんですね」
「まあねー。でも大半は他の国からこのイベントを見にやってきた『旅人』に過ぎないよ。旅人は優雅なご身分だ、自分が飽きたらさっさと別の場所に行けばいいのだから」
「でも、だからといってそうはいかないでしょ? 実際問題、旅人だって路銀が無いと食べ物にすらありつけないわけですし」
「だから、ここでモノを売るってわけ。ここが何だかまだ理解していないようね。ここは世界一巨大なバザーよ。何が揃うか解らないけれど、世界に存在するものの全てがここにあるとも言われている巨大市場! ……まぁ、さすがに一年中はやっていないけれどね。この時期になると世界のあらゆるところから旅人がやってくる。そしてモノを売り、路銀を集め、それを旅の資金にするわけだ。ある国でタダ同然に手に入れたものが、この国では金塊に勝るとも劣らないものになっている……って、そんなおとぎ話みたいなことがザラにある場所だからね、ここは」

 バザーを見ながら、俺たちは歩いていく。
 なぜこんなことになってしまったのか――ということについて、俺の主観という形にはなってしまうが、軽く説明することにしよう。
 メリューさんはどんな料理でも作ることが出来る。……が、それは同時に、『どんな料理でも対応可能な種類の食材』を確保する必要があることを意味していた。
 まぁ、確かにその通りだ。どんなレシピでも再現可能なコックが居ても、食材が無ければ対応しようが無い。
 だから俺たちはその食材を求めてこうして異世界のバザーをぶらぶらと歩いているわけだ。

「……それにしても、まさかこんな簡単に異世界に来るなんて……」
「一応言っておくとだな、お前が普段居るあの空間だって厳密には異世界だぞ。あまりに慣れすぎてしまったからか、忘れてしまったのかもしれないが」
「そうだった! 確かに言われてみれば、あれも厳密に言えば異世界……。でも、あれはただの閉鎖空間じゃないのか?」
「閉鎖空間であって、どんな世界とも繋がることの出来る世界……そう言えば聞こえはいいが、実際はただ不安定な世界だからね。一つの世界を安定して構築させ管理することなんて、それこそ神様にしか出来ないってことさ」


「(ドラゴン)メイド喫茶にようこそ! ~異世界メイド喫茶、ボルケイノの一日~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く