召しませ後宮遊戯~軍師と女官・華仙界種子婚姻譚~

簗瀬 美梨架

◆召しませ後宮遊戯2~小羊女官と皇帝陛下・華仙界への種は遙か~ ⑧ー①

 腹が立つ言い方だと思った。
 蝶華を喪った事、自分が仙人の血を持つかもしれないという事、白龍公主の解らない真意…全部がごちゃまぜになって、羊の脳裏を埋め尽くした。それは怒りだ。

「わたしは一緒になんか行きません」
「地上は辛いことばかりだぞ?」
「それでもです!」

 一番の矛先は大好きな光蘭帝に向いてしまう。

 以前の自分なら、一緒に逃げたと思う。でも、逃げても、逃げなくても同じ。地獄なら、自分が変えればいい。いつしか、きっと・・・・・・変わると思う。蝶華は言っていた。もっともっと辛いことがある。それはきっと、この大好きな人との別れだろう。


***

 光蘭帝は静かに聞いていたが、やがて重かった最後の秘密を口にした。

「明琳、父と祖父が済まなかった…」
「光蘭帝さま…知ってたんですか!」

「貴妃の素性はすべて調べられる。そなたの素性もだ。だからこそ、傍に置いた。幽玄にして、安心した暮らしを与える事がすべてだった。それなのに、そなたはそれは嫌だと言う。そなたの両親と祖母は処刑されていたのを知らず、私もまた、そなたに恐怖を味あわせてしまった…それに、そなたの祖母の事も伝えておらぬ」

「おばあちゃん…知ってるの…?」

 光蘭帝は頷いた。

「以前父のお気に入りの貴妃の一人が病に伏したせいで、近隣の医者がすべて狩られた事がある。…その時、不老不死の饅頭を作る婆がいると聞いた父は、すべての饅頭を10個ずつ集めさせた。だが、肝心のその饅頭は届かず、結果「届かなかった饅頭」が隠れて暮らしていた華仙人の末裔を見つけ出してしまったんだ。それがそなたの祖母。母親・父親も反逆の意志があるとして処刑された。だがその貴妃が持ち直した事で、残っていたそなたと祖父、それから弟は処刑を免れた。その後、母と仙人により父とその妃賓は死に…私が即位した…あの事件の残骸は今も祥明殿に残っている。今は華仙人の白龍公主に任せている」

―――おばあちゃんが仙人さま?! おばあちゃんが自分に饅頭を託したのは……その力を譲るため…?


 すべては白龍公主の言う通りだった。
 明琳は自分の小さな手を見つめた。


 まさか。


 明琳の心に一つの疑問が生まれた。


 ―――だから、皇帝さまは逃げるのだろうか。
 私を苦しめたから?
 父と同じことをしてしまったから?

「民衆に対して、皇族はまるで神であるかのように選民意識を持つものだ。くだらないが、それが皇族の誇りだ。人を見下し、頂点に立ち続ける事だけが…私はそんなものに縛られず、ただの飛翔として生きたかった。だが、この世界では無理であろう。母が父と祖父を追い詰めた事実も、私には衝撃だった。そして母が私だけを栄華につけるために命を絶ったこともだ。私には先日の事のように思えてならない」

 言っている事は最もだった。自由になりたい―――――

自分もそんな風に思って、生活を恨んだ。羨んで、結果父と母と祖母を追い詰めた。

「後悔に神も、皇帝も、御饅頭娘もないと思います」

 誰だって後悔をする。酷い事をしてしまったと、涙する。
 それは取り返せなくて、時には遅いことだってある。だけど、逃げちゃいけないの……どんなに辛くっても、逃げちゃだめなんだ。明琳は泣きじゃくりながら光蘭帝に届くように訴え続けた。

 ―――それでも、光蘭帝の背負うものと闇は深すぎるのだ。

(おばあちゃん、力をください)

 目を瞑って、明琳は息を吸った。


「光蘭帝さま、泣かないんですね」
「涙?……流した事はないな。私の中の魔は感情を吸い取る。蝶華がまた、それを増幅させていたんだ。…泣きたいと思った事はない。安らぎたいとは思うが…到底私には」

「じゃあ、何でいっつも泣きだしそうな眼をするんですか!」

「上瞼が下がっているのは生まれつきだ。そなたのように皇帝が軽々しく涙は見せない。後悔はしない。そなたが受け止めてくれたであろう?これで心置きなく私は」

「ばーか」

 白龍公主の口調で思わず言ってしまった。

「馬鹿だと…?」
「貴方は、馬鹿です。……大切なものも分かってくれない…っそんな人、勝手にどっか行っちゃえばいいんですよーだ!」

 明琳、もう御饅頭なんか作ってあげません。と付け足して、明琳は涙目で頬を膨らませた。そんな小羊の精一杯の反抗すら、皇帝は軽く笑って受け流してしまった。

「ひとつだけ頼みがある」
「聞きませんから」

「―――蝶華妃の亡骸に、毎日花を添えてやって欲しい。彼女が好きなのは蓮華だ。春になったら、この黄鶯殿は蓮華でいっぱいになる。よくその庭で嬉しそうに微笑んでいたからな。きっと喜ぶだろう」

「……」


 言い尽くしたと言うように、光蘭帝は襦袢の裾を翻して、明琳を抱き上げると、頭を撫で、何かを言いたげに瞳を覗き込む。言いたい事は分かっている。


(言わないよ!一緒に連れてってなんて!)


 暫く見つめていた光蘭帝は元通りの長袍と肩掛けを羽織ると、俯いたままの明琳に一言礼を言った。そしてその長い肩掛けを引きずり、廊下に出て行く音がして。


 朝の耀に姿が透けていく。


 ―――あんたは、後宮のルールなんて気にせず、あんたらしくいればいい。

 蝶華に支えられて、瞬間的に走り出す。後宮の衣装が長いから、裾をたくし上げて走ったのに、足が縺れて転がった。

「飛翔さま!」

 ぴたり、と光蘭帝の足が止まった。


「わたしは、貴方が好きです!だから、行かないで」


 ゆっくりと皇帝の首が左右に動く。

「ありがとう。こんな弱い私を愛してくれて…私の最期の貴妃」


いつしか薄明の夜明けが訪れていた。

 やっぱり…駄目だった…と明琳は涙枯れ果てた頬を擦ると、空を見上げた。

 ―――神様、どうして光蘭帝さまを奪おうとするんですか…。

 この場合は神様、とは華仙人二人を指すのか…誰を指すのか。だが、人の世を玩具にする神様なんて、もう信じられない。明琳はもう一度空を見上げ、濡れた眼を耀に輝かせる。

「おばあちゃん……おばあちゃんが…仙人さまだったの?」

 どんな時でも、おばあちゃんの作った御饅頭を食べた人たちは元気になった。だからこそ、皇帝さまたちはおばあちゃんの饅頭を欲しがったのかも知れない。

 光蘭帝さまはすべて、知っていた…!

 でも、その力は光蘭帝には効かなかった。

 ―――――蝶華に花を添えてやって欲しい。


(それが最後の願いだなんて。やっぱり光蘭帝さまは意地悪だ。仙人そのものだよ)

 明琳は庭に顔を見せた蕗の薹の花を見つける。小さく、白く咲く花は春の訪れか。

 風も今日は暖かい。

久方ぶりに姿を見せた太陽は、固まったままの雪解けを導き、ゆっくりと春の兆しを見せる。
それでも、明琳の心は逆に沈んでしまったのだった。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く