召しませ後宮遊戯~軍師と女官・華仙界種子婚姻譚~

簗瀬 美梨架

芙蓉国 愛琳② 鳳凰と龍の男

「それで私の衣装をこんな風にしたと…女官失格」
「そんな…」

蓬莱都の最高峰の旅籠、巌環苑。大昔の国事に使われたとだけあって、充分に広い。富貴后の好む麝香の香りで蔓延した部屋で、愛琳は使い物にならなくなった衣装を前に、頭を項垂れさせていた。富貴后の美貌は今日も眩しいほどに輝いている。両の眼は大昔の美女皇后のように麗しく、口調は皇帝にも似てはっきりとした喋り方に加えて妖艶に響く。

つまり女性として完璧。芙蓉国の女官すべての憧れの対象である。勿論、愛琳も例外ではなかった。優雅な立ち振る舞いは密かに真似したりもするが、まるで猿芝居。美女と猿ほどの距離がある。

「明日もう一度仕立て頼んで取ってくるね」

「よい、よい。……その代り明日、蓬莱の菓子を見繕ってくれないか?皇帝への土産にしよう。あの男は土産なしで帰ると口をきかないからな」

「お安い御用ね!」

 名誉挽回の機会を与えられた愛琳を優しく見る富貴后は肉体美を惜しげもなく露出する薄手の衣を巻き、天女のようにその身体を気だるげに寝椅子に横たえ、優雅に孔雀の絵柄の扇子を開く。

「先程から何故に唇を撫でている?愛琳」

(え?)

 無意識に触れていた指を慌てて外して、手を背中に隠したが、富貴后はさすがの勘でニヤリと言ってきた。

「そなた唇を許したのだな?ほほ、初めての紅は初々しいもの。男にはさぞかしふっくらと熟れた桃源郷の果実のように見えたのであろうて。美味だったろうに。―――――ほほ、少年なんて皆、やりたい盛りよ。そなたの唇はいささか艶めかしい」

「富貴后さままでそんな言い方!…唇と唇がぺとりとついただけで…じ、事故ねっ」

「のう、皆の者。それは接吻よな?事故であったか、のう?」

 ほほほ、と笑い声が広まってゆく。自分以外の姐女官まで笑い声を忍ばせている中で、愛琳はむっつりと口を閉ざした。芙蓉の女官にとって口づけは重大なものだ。芙蓉国では今も残る天女伝説と、唇に拘る風習が多い。赤い紅は成人のみ、婚期が訪れるまで、娘たちは紅をつけることは許されない。愛琳は昨日、初めて紅をつけたばかり。さあこれからというところで、アレだ。薙刀を振り回したくもなる。

「……冗談じゃないね。あの男あたしの胸見た!じーっと睨んで、それだけ見た!
男はみんなそう。どんなにいい笑顔してても胸ばかり見る」

「それだけそなたの胸が魅力的なのだろう。喜ばしいことだ」

 上滑りするような声音。うっとりと聞き惚れてしまいそうな優雅な喋りで富貴后はコロコロコロと笑って見せた。その前で愛琳がバツが悪そうに告げる。

「でも、あの男の背中に鳳凰と龍の絡まる紋章があったね」
「鳳凰と龍?…靑蘭の男か…」

 富貴后の顔から笑顔が消えた。富貴后は大きく放たれた窓に目をやると、日暮染まる蓬莱都の空を指す。冬の夕暮れは指の先から闇黒に変わってゆく。

「我が国と靑蘭国の争いは長すぎる。知っているか?愛琳。先日も靑蘭から来た亡命者は百人を超えた。この山脈の向こう、靑蘭はしばし我が国に嚆矢を引くが、それが何になるのであろう」
「富貴后さま…」
「そんな不安そうな顔をするな。先日も皇帝と話をした。我が国は靑蘭に和解の書状を届けようと思うのだ」
「和解…」

 富貴后の目が優しく撓む。

「靑蘭の民の声は皇帝には届かぬが、誰もが争いなど望まぬもの。その気持ちを思い出せとな。平穏は幸せの第一歩であろう?」
「そのとおりね!」

 塗り慣れない紅唇はまだまだ色気には程遠い。愛琳は破顔して見せた。その笑顔を見て、富貴后は何かを思いついたような表情になった。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く