私を呼んでください

ノベルバユーザー173744

私を呼んでください

道は遥かに遠く
行き先は霧で見えない

川はまだせせらぎとも呼べず
この行く手はまだ解らない



あぁ、一歩を進むのがこんなに恐ろしいとは……。
周囲が暗く、風雨にさらされ……。
逃げ道を探そうにも、翳す手の方向には橋が流されて取り残された私。

躊躇って、手を伸ばし、何か支えを探し、
足も濁った速い水につけようかと悩む。



避難しろ……。
ここは危険だ……。

分かってる。
でも何処に行けばいいの?



私には鳥のように翼がない。
それに魚のようにヒレや水中で呼吸するすべもない。

私にあるのは、彼方あなたを呼ぶこの声と、無力な手足しかない。
そして、彼方あなたに呼び掛けるためのこの方法……。



誰か、私を呼んでください。



彼方あなた……。
私を呼んでください……。

「私を呼んでください」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く