奴隷少女の勇者道

巫夏希

2-21. もう、迷わない。

「ねえ、レミリア」

 レミリアはイヴァンの言葉を聞いて目を覚ました。――正確には意識を取り戻した、といったほうが正しいかもしれない。

「……どうしたの、イヴァン?」
「どうしたじゃないよ、レミリア。急に何も聞こえなくなるんだもの。まるで石になったみたいに。まるで冷たくなって、死んでしまったみたいに」

 イヴァンの言葉は間違いではない。現に彼女は何度も、何百回も死んでいて、この時間を繰り返しているのだから。
 彼女は、もう迷わない。
 迷わずに、あの子を――エルールを救うのだ、と。心に誓った。


 ◇◇◇


 自由の街レスポーク。
 もう数えるのもしたくないくらい、彼女はこの街にやってきていた。
 そして、彼女は一目散に『その場所』へと向かった。

「ねえ、レミリア。どこへ行くの?」
「あなたみたいに、あなたみたいに……悲しい現実を過ごす少女を守るため。彼女を救うためよ」

 それだけしか彼女は言わなかった。イヴァンは彼女が何を言っているのか、理解することはできなかった。


 グレーフォックスのアジトに着いた時にはもう日が暮れかけていた。
 躊躇うことなく彼女はその中に入る。

「何もんだ」

 直ぐに声が聞こえた。そしてその声がエルールのものであることに気付くまで、そう時間はかからなかった。

「エルール・ゴルールね」

 それを聞いてエルールは目を丸くする。

「……なんで僕の名前を知っているんだ。怪しいぞお前ら。『あいつら』の手先じゃねえだろうな」
「違うわ」

 レミリアは断言する。

「私はあなたたちの味方よ」

 そう言ってエルールが信じるわけがない――レミリアはそう思っていた。だが、彼女にはそれで何とかなると思っていた。確実だと思っていた。
 そして、エルールは何かを持っていた――きっと武器の類だと思われる――腕をおろした。

「頭が狂っているか、それとも本当に救ってくれる存在なのか……。それは解らないけど、敵ではなさそうだ。おい、出てきていいよ」

 それを聞いて物陰から二人の人間が出てきた。レミリアにはそれがティアとアーツであることは知っていたが、いうことはしなかった。

「ほんとうに大丈夫なのか、エルール?」
「アーツ。エルールのことを心配しているのは解るけど、エルールがきっと確信してそうしたのだから、大丈夫よ。ええ、きっと大丈夫よ」

 ティアとアーツはそれぞれそう言った。
 エルールは笑みを浮かべる。

「目がまっすぐだよ。こんな目をしていて悪者だったら、そいつは面白い冗談だ」
「それもそうだけど……」

 ティアは言った。
 イヴァンはレミリアの裾を持って、レミリアを見ていた。レミリアはその視線に気づいてそちらを向くと、ニッコリと微笑んだ。

「……ところで、君が僕の味方だという証言を信じたとして、僕はどうすればいい? 味方なら、それくらい教えてくれてもいいんじゃないか」

 その言葉にレミリアは待ってましたと言わんばかりに、考えていたその言葉を口にした。

「ウルフタワーに乗り込みましょう。今、きっと面白いことになっているはずだから」

「奴隷少女の勇者道」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く