奴隷少女の勇者道

巫夏希

2-20. 穢れ

 穢れていく。
 穢れていく穢れていく穢れていく。
 レミリアは自らの身体を少年に触られていくたびに、自分が穢れていくというのが解っていく。
 自分が自分でなくなっていく。それが、彼女にとって辛いのだ。
 でも、これは初めてのことではなかった。彼女にとって封じておきたかった記憶。それは忘れたかった。思い出したくなかった。彼女が母親に捨てられてしまった……悲しき記憶。その記憶を忘れたかったのに、思い出させられた。

「……どうしたの? 抵抗しないなんてつまんないよ? 胸揉まれて気持ちいいと思わないの? 最初はアウアウ喘いでいたくせに、いや、それは僕のミスだったかな? そうだったかな? ……うーん、それは覚えてないけど、けれど、ねえ? ねえ? どうしたの? 今の主役は僕だよ? もっと楽しませろよ。もっと喘げよ。もっと気持ちよくさせろよ」

 乱暴に乱暴に乱暴に乱暴に乱暴に、少年は彼女の胸を鷲掴みにする。彼女は必死に、抵抗しようとはしなかった。
 もう諦めたかった。このループをさっさと終わらせてしまおうと思っていたが、この周回は無しにしようと思っていたからだ。

「……つまんないの」

 そして、少年はレミリアを乱暴に嬲っていった。


 ◇◇◇


 彼女はゴミ捨て場に捨てられていた。彼女の目は虚ろで、どこを見ているのか解らない。
 彼女が着ている服はもはやボロ布のそれに近くて、何もつけていないに等しい。
 イヴァンはどうなってしまったのだろう。捕らえられてしまったのだろうか。
 今の彼女には、それを考えられるだけの余裕もなかった。

「ああ……もう……眠いや……」

 そう言って。
 そうつぶやいたかすらも忘れて。
 彼女は目を閉じた。







 数字がカウントされる。
 1、2、3、4……。
 そのカウントはいったい何のカウントなのか。
 5、6、7、8……。
 忘れることのできない、忘れたくないカウント。
 23、24、25、26……。
 対処法を掴めないまま、カウントが増えていく。
 97、98、99、100……。
 回数を重ねていくうちに、彼女は自然とそのカウントが『死んだ回数』であることに気づいた。
 170、171、172、173……。
 ループで学べる手段は少ない。
 なぜなら敵が同じ方法を使う可能性は殆どないからだ。
 220、221、222、223……。
 諦めたくなかった。彼女は、救いを求める人なら、助けたかったから。

「なら、立ち上がるといい。なら、勇気を持って行動するといい。いつかきっとそれは叶えられるはずだから」

 どこからともなく声が聞こえた。
 彼女は、諦めたくなかった。
 イヴァンをすくいたかった。救いを求める人をすくいたかった。
 そして、彼女は。














 ――目を開ける。

「奴隷少女の勇者道」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く