奴隷少女の勇者道

巫夏希

2-17. First End

「待っていましたよ、勇者イヴァン。それに……シスター・レミリア!」

 その声を聞いて、彼女は上を向いた。
 ウルフタワーの天辺に、誰かが立っている。
 それは少年のようにも見えた。

「さあ……最高のショウタイムの始まりだ!」

 少年が叫んだと同時に、何かがエルールの身体を貫いた。
 それが槍であることに気付くまで、そう時間はかからなかった。

「え」

 エルールは短く言った。
 だが、彼女の身体は串刺しになって、その槍は地面に固定されてしまっているためか、動くことは出来ない。

「あ……あ?」

 そして。
 二本。
 三本。
 四本、五本、六本。
 エルールの身体に次々と槍が刺さっていく。

「エルール!!」

 ティアは叫んで、エルールの傍に近寄る。

「まて! 動くな!!」

 レミリアの命令を聞くことなんて、彼女には出来なかった。
 ティアも、エルールの周りに突き刺さる槍の餌食となって――串刺しとなった。

「なぜだ……なぜこんなことに……。これは『はじめてのパターン』だぞ?!」

 レミリアはそう言うが、ほかの人が聞けばそれはどういうものなのか、全く理解できなかった。
 少年は高笑いする。

「人間が狂っていく様はいつ見ても面白いものですよ。ほんとうに、ほんとうに。精神が崩壊していく過程を見ることができるのですから。はじめは普通だったのが、おかしくなっていく。おかしいんですよ。それがとてもとてもおかしくておかしくて、しょうがないんですよ!!」
「貴様……!!」

 レミリアの心はすでに怒りが支配していた。
 だが、怒りに振り回されては正常な行動ができないこともまた、事実だ。

「おいてめえ! そんな高台から攻撃なんてしないで降りてこい!!」

 そう叫んだのはアーツだった。
 少年は表情を変えずに、頷く。

「何を考えているんだよ、この下衆が。僕はマホロバに住んでいる人間。対して君たちはこんな汚らわしくてくだらない世界……下界の人間だろう? 下界の人間とマホロバの人間が同じ位置に立つことなんてないし、ありえないんだよ」

 そして少年は手を翳した。

「もう終わりだよ」

 それと同時に、天から無数の槍が降ってきた。
 それを避けきることなんて、彼女にも、イヴァンにも、アーツにもできることではない。
 そして、レミリアの身体は串刺しになった。
 穴という穴から血が滴り落ちている。彼女の着ていた修道着は赤く染まっていく。
 もう、終わりか。
 レミリアはつぶやいた。

「さて……まあ、そのまま放っておいてもどうせ死んじゃうよね。じゃ、さよなら」

 そう言って、少年は去っていった。
 もう、終わりか。
 残されたレミリアは呟いて、残りの二人を見た。イヴァンもアーツも、すでに絶命していた。イヴァンは勇者という肩書きがあるとはいえ、少女なのだ。いくらあれほど走る体力があったとしても、全身串刺しになって耐え切れるほどの力などそうない。
 レミリアは薄れていく意識の中、考えていた。
 あの少年は初めてのパターンだった。
 あの少年はそんな方法なんて使わなかった。
 なら。
 いったいどこで間違えた?
 いったいどこで――。
 そんなことを最後まで考えて。
 考えて。
 考え抜いても、その場で結論が出ることはなかった。








 そして、シスター・レミリアは命を落とした。

「奴隷少女の勇者道」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く