奴隷少女の勇者道

巫夏希

2-0. 極刑

 ガラムド暦2774年、大盗賊リムファス・ゴルールが捕まった。
 理由は自らの出頭によるもので、それを聞いた世界は大きくざわついた。
 リムファス・ゴルールは彼の首を代償に、彼がリーダーを務める盗賊団『黒い狐』の無罪を要望した。
 神国教会の神官レヴールはそれを了承し、リムファスを逮捕した。
 しかし、神国教会はリムファスを斬首刑に処したあと、『黒い狐』を徹底的に破壊し壊滅し残滅し殲滅した。破壊の限りを尽くした。
 リムファスには子供がいないと言われている。しかしながら、彼と関係を持っていた女性はあまりにも多いため、その判別がつかないという現状もあった。



 雨が降ると、私は『あの記憶』を思い出す。
 高い高い塔の上で、父さんが男の人に捕まっていた様子。
 それを見ていた人たちは父さんを助けることもなく、何か言っていた。
 ――やめて。
 ――怖いよ。
 父さんがいない。
 いつもなら、父さんが抱きしめてくれるのに。
 父さん、父さん、父さん。
 父さんはどうしてそこにいるの?
 父さんは何をしてしまったというの?
 父さんは悪くない。父さんは悪くない。
 やめて、父さんを悪く言わないで。
 やめて、父さんをどうするというの。
 男の人は持っていた刀を、父さんの首目掛けて振り下ろした。
 その時のニヤリと笑みを浮かべた表情を、私は忘れることが出来ない。
 雨が降ると、私は未だにその笑みを思い出して――震えが止まらない。
 もうやめて、もうやめて。
 父さんを――つれていかないで。
 そして、あの日を最後に、『私』は『私』を捨てた。







 雨が降っている。
 雨は嫌いだ。あの記憶を思い出すから。
 雨が嫌いだから、雨の見ない場所へ行こう。
 でも、そんな場所なんて見つからない。
 だから今日も――僕は動く。
 この世界を、町を、人を呪って今日も生きる。
 泥水を啜ってでも、僕は復讐してやる。
 あのことをした――男を、僕は絶対に許さない。

「奴隷少女の勇者道」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く