奴隷少女の勇者道

巫夏希

1-1. シスター・レミリア

 死んだら無だ。その後には何も残らない。自分という存在はきえてしまうだろう。
 何も残らず、何も託せず、まるで自分など元から居なかったのではないかのように、いともあっさりこの世界からはじき出されてしまう。
 そんなのは嫌だ。
 忘れられたくない。
 忘れられたくない。
 忘れられたくない。

「この子はどうしてこうなってしまったのかしら」

 ねえ、ママ。いい子にするから忘れないで。

「本当だ。おかしくなってしまったのかもしれないな」

 ねえパパも、お願いだから。
 私を忘れないで――。


 そして、彼女は目を覚ました。ベッドから起き上がり、頭を撫でる。
 最悪な夢だった。嫌な夢だ。最近はあまり見ないと思っていたが、また見てしまった。最悪で最低な夢。それは彼女にとっての失ったはずの、封じこめたはずの、過去。
 レミリア・クロプスはシスターである。海岸沿いにある小さな教会を一人で支えている。かつては僧侶もいたが、死んでしまった。
 この世界には魔なるもの――魔物が住んでいる。この世界はもともとひとつのおおきな世界だったものが、昔あった何らかの災害によって幾つかに分かれてしまった――というのはこの世界に住む人間ならば必ず知っていることだ。
 レミリアは起き上がると、教会にある十字架の前へ向かった。そこへ向かうと跪き、祈りを捧げる。シスターである彼女の一日の仕事の一つである。
 この教会は海に面していることから、よく船が沈まないようにとお願いする人がやってくる。しかし、残念ながらここは願えば叶う場所ではない。神様に願いを聞き入れてもらえるかどうか――それが大事なのだ。
 十字架への祈りを終え、彼女は海岸へと向かう。清掃も大事な仕事の一つだ。海を通して流れ着くゴミの数々を、どうにかこうにか捨てていくのが彼女の役目でもある。

「……おや?」

 そんな中、彼女はあるものを見つけた。
 最初は布切れのようにも思えたが、よく見ると違うようだった。

「違う、これは……人間!?」

 彼女は漸くその正体に気がついた。
 そして、その人間に近づき身体を大きく揺さぶる。

「だ、大丈夫ですか!!」

 しかし、その人間の反応はない。
 一先ず、何らかの策を講じなくてはならない。
 そうして彼女はその体に手を当てて、目を瞑った。
 刹那、彼女の手が、そこを中心として淡い緑の光を放ち始めた。
 数瞬の間で、彼女の体についていた細かい傷が消えていった。
 そして。

「……んっ」

 彼女は目を覚ました。

「大丈夫ですか?!」

 レミリアは彼女に訊ねた。
 少女はまだ自分がどういう立ち位置にあるのかを理解しておらず、また、ひどく疲れているようだった。

「……ともかく、身体を休めましょう。すぐそばに教会……があるから、そこで」
「あ、あなたは……?」
「そんなことより、今はあなたの体をなおすほうが先決よ」

 そう言って、レミリアは彼女の体を担いだ。
 とても軽かった。
 不安になる軽さだった。
 彼女がいったいどういう人生を歩んできたのかが、垣間見えるほどだった。
 だからこそ。
 彼女にはいい人生が待っていることを教えなくてはならない。
 彼女に生きる希望を与えなくてはならない。
 それがシスター・レミリアの仕事なのだから。

「奴隷少女の勇者道」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く