死霊術師は笑わない

神城玖謡

5話

「──っ! 離せっ、このっ!」


 突然噛み付いてきたアガミを振り払い、男は急いで下がる。

 一同は一斉に武器を構え、少女に向き合う。


「大丈夫かギル!」

「ちょ、この娘なんなのっ?」


 静かだった空気が騒然とし、緊張が走る。


「にく……おなか、へった……」

「なに、この娘……お腹が減ってるだけ……?」

「んな訳ないだろう! どこに腹が減ったからって人を食おうとする子供がいるってよ!」


 しかしそれでも、見た目は幼い少女。冒険者達は、まだ本気で戦う気持ちになれていないのである。

 相対する少女の動きは鈍く、脅威は感じられないが、油断せず周りを囲む。


「おらっ!」

「っ!」


 一人の男が少女に近付き、アガミが気を取られた瞬間、逆位置にいた男が重りの付いた麻縄を投げつけ、小さな体を巻き取る。


 素早い手際で木に少女を括りつけ、ようやく落ち着いた。


「……とりあえず、お肉あげてみよっか」

「待て、俺がやる」

「気を付けろよ」


 最初にアガミに襲われたパーティリーダーのギルが、焼いていたフォレストウルフの肉を手に、慎重に近付く。

 しかし、その肉を少女の口元に持っていっても、特に反応はみせない。


「やっぱり食べないか……」

「っていうか、さっき触った時、妙に肌が冷たかったけど……」


 そこでそれぞれの頭に浮かんだのは、少女がアンデッド……魔物であるという事だった。


「で、でも……こんな綺麗な死体なんて……」

「否定したい気持ちは分からなくもないが、確証がほしい」


 ギルは三十分ほど任せると言い、森の中へ入って行った。


「よし、俺達は俺達なりに検証してみるぞ」

「ええ」

「うん……」


 まず男が魔物の毛皮を腕に巻きつけ、それを少女の口元に持って行く。すると先程とは違い、少女は目の色を変えてそれに齧り付いた。
 そこを逃さず少女の頭を固定し、動かせない様にした後、女が少女の首元に指を当てる。


「動かさせないで──」


 そして


「──脈が、ない」


 顔を強ばらせた女が、ポツリと呟いた。






「……戻った。どうだった?」


 宣言通り三十分程で、ギルが、四本足を結ばれたうさぎを持って戻って来た。


「脈が、なかったわ……」

「そうか」


 ギルは務めて冷静に返すと、女は目を伏せた。


「なんで、なんでこんな子供が……」


 アンデッドには謎が多い。
 分かっているのは、光魔法に弱い。日の光に弱い。首を切られると動かなくなる。頭を潰されると動かなくなる。生きた肉を喰らう。理性がない。心臓が動いていない……。
 しかし、どうやって生まれるのか──必ず生き物が元となっているのだが、どんな過程を経てアンデッドになるのか……等は分かっていない。
 一時期、アンデッドに殺されるとアンデッドになる、という学説が有力だったが、実験の結果、ただ死んで終わりである事が明らかになった。。

 また死霊術によるアンデッドは、子供向けの絵本に登場するくらい知られていて、この場合、術者の簡単な命令に従うという特徴がある。


「まあいい。とりあえずやってみるか」


 ギルは伏せ込む女を放っておき、うさぎを手に少女に歩み寄った。


「ほら、生き肉だぞ」


 そう言って目の前で揺らすと、少女の目もそれにつられて左右に揺れる。


 男が少女の猿轡を外し、頭を自由にすると、「にぐっ!」と言いながら暴れ始めた。


「……」


 そうして無言のまま近づけて行き──


 ──ギャピッ!


 一瞬うさぎが破裂した様な声をだし、すぐに動かなくなった。


「はあ……間違いない。こいつはアンデッド。魔物だな」


 誰に対してなのか、嫌悪感隠そうともしないギルと、シクシクと啜り泣きながら蹲る女、後の二人の中に、嫌な空気が満ちた。

「死霊術師は笑わない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く