異界に迷った能力持ちの殺人鬼はそこで頑張ることにしました

鬼怒川 ますず

20話 準備

「は?貴様何言っているんだ」


不可解に顔をしかめるテラスに、ナナシは作った笑みで再度答える。


「一緒に殺そうと言っているんだよ」


ナナシはテラスの顔を掴んでいた手を離して解放する。
手を離されてもテラスの方は尚も不可解な顔であったが、それを放っておきながらナナシは話の続きを言った。


「いいか、魔獣とやらを殺せんのはお前には無理だが俺には出来る。だがそれじゃ意味ねぇだろ。お前が殺さなきゃシャデアも浮かばれない、それを考えて一緒にやろうと言ってんだ」

「ちょ、ちょっと待てよ! さっき貴様は私に無理だと言ったじゃないか!?」

「そのおかげで火は着いただろ?」


テラスは手を握りしめて優しくテラスの胸にトンと拳をぶつけた。


「いいか、復讐心に駆られたらどんな武を極めた名手でも失敗する。俺だってそうだ、ここに来る前にヘマやらかしてここに居るわけだからな」

自身で言いながら、前の世界で最期に手を出すことができなかったある人物を思い出す。
それは復讐心とは違うが、なんらかの感情があって暗殺が失敗したのは間違いない。

今目の前にいるテラスだってそうだ。
わざわざ死にに行くのを黙って見過ごすほど、殺人鬼は鬼ではない。
殺人鬼はそういった『自ら命を捨てる』人間を嫌うからだ。
もっとも名前が無い殺人鬼であった彼がその命を奪うからだが。


「まず考えろ、最適な回答を出せ。お前が死んだ後も考えろ、フィンが1人残されてお前は満足なのか?」

「それは……」

「だったら答えは出てるな」


それを踏まえて、目の前にいるテラスに復讐心以上の奮起を促す。
その仇を討つこと。
そこに一切の感情が介在してはならない。
あくまで自分が信じるモノのためにだ。


「……あぁわかった、分かったよ。どうせ私では敵うはずもない相手だ、本当に不本意だが貴様と共にするのが最適なのだろう」


テラスが諦めた顔でため息をつきながら頷く。
自分で自分に言い聞かせて納得したようだ。
その姿を見てフィンも安心したのか、ホッと息をついて落ち着いた様子に戻る。

さて、これでナナシの要件は終わったワケだが。
もう一つ残っていることがある。

「そういえば、私ってばテラスに言いたかったことまだ言っていませんわ!」

安心したのもつかの間すぐに自分の要件を思い出すお嬢様に、ナナシは今更かよと思う。


「フィンお嬢様も私に用があったんでしたね……忘れていて申し訳ありません。確かシャデアの葬儀に出てくれでしたね。決心を固めたのですぐに支度をして……」

「違いますわよ!」


頭を下げつつも準備をしようとしたテラスをフィンが止めて、背自分よりもがでかいテラスを見上げながら言った。


「テラス、貴方はシャデアの仇を取るのでしたよね」

「は、はい……」

いきなり詰め寄ってくるフィンにテラスは恐れて後ずさるが、フィンはそれでも見上げながら詰めていき言い切る。


「でしたら、葬儀でシャデアの手向けに仇である魔獣の首を捧げなければいけませんわ!」

「それはそうですが、今日葬儀があるのにそれは……」


「それなら大丈夫ですわ」


フィンは無い胸を張って、自信満々に誇らしくテラスに言った。

まぁ予想ができるあのセリフを。


「お父様にお願いして今日は中止にして明日にして頂きます!」

「ちょ!フィンお嬢様!?そこで右大臣様を使わないでください!」

「……どこの世界も上手く権力使う令嬢アホはいるんだな」


ナナシが嘲笑ってフィンに向かってつぶやくが、彼女は何故か褒められていると思ってエヘヘと屈託のない笑顔をナナシに向ける。
純粋って便利だなんと思いつつ、これは好都合だと思った。

これでテラスは今日中に魔獣を殺さなければならない。

それは殺しが我慢できない殺人鬼であるナナシも同様で、今日を過ぎれば都合の良い殺しができなくなる。

ナナシの場合はそれさえ出来ればいいのでテラスを説得する必要は無かったが、今後のこの国で上手くやるにはこれくらの算段も必要と思ってやったまでだ。

殺しには時として信頼も必要だからだ。


「んじゃ、これで決まったな」

パンッと
少し和んだムードを手を叩いて拍子を打ち一旦区切る。
ナナシがパンッと手を叩いたので二人も顔をこちらに向ける。
視線をナナシに向けこれから行うことに、二人の目には覚悟ができていた。


「こいつはシャデアの仇打ちだからな。テラスが魔獣を仕留め、フィンがシャデアの弔いのための時間稼ぎをする。俺は最後までサポートに回らせてもらうからな」

「さ、さぽー?」

「ようはお手伝いするってワケだ。ほらちゃっちゃとやるぞ」


ナナシは急かすように二人を手を振って動かそうとする。
それには二人とも従ってフィンは下に降りるために階段へ向かい、テラスは服を着替えるために一旦部屋に戻る。

ナナシは二人を見守ってからすぐに階段に向かいフィンと共に一階に降りて行く。
これで準備は整った。

あとは、勝つかどうかだ。



------------------------------------------------------------------------


フィンがシャデアの葬儀を父の権力を使って一旦取りやめ、急な取り止めに慌てる遺族や参列者に対してテラスが仇を討つためと説明とその誓いをたてていた頃。

その群衆の中から一人颯爽とその場を後にするナナシはある場所に向かっていた。

それは自分がここに来て初めて食事をした場所、あの美味しいペペロンチーノを頂いた酒場だ。

昨夜、シャデアがテラスと一人の少女を現場から逃がしたことはテラス本人から聞いており、その少女が一昨日の夜にご馳走になった店の1人娘と分かったからだ。

それが分かったことで、葬儀場の件を二人に任せて自分はそこまで向かう。


【フェルド街】

まだお昼前の事もあって酒を飲む雰囲気の者たちは一人も見かけられなかったが、それでも街の外観は変わらない。

だが街そのものが放つ雰囲気は昨日のものとは違っていた。

通行人の何名かが忙しそうに辺りを見ながら警戒して歩いていた。特に女性は道の真ん中を極力歩き、路地裏から離れているように見える。

2日連続で起きた連続殺人。

そして大勢の人間を食べて回る魔獣なこともあって、街はすでに警戒の色に包まれていた。

昨日と全然違うその空気に、さすがの殺人鬼も気が滅入る。

そう思っていたのもつかの間、すぐに酒場に着いた。

店はまだやっていないように見えたが、昨日の事もあったのか店のドアには使い慣れたように文字が書かれた板とともに紙が貼り付けられてあった。

ナナシは近づいてその文字を凝視する。

板の方は長年使っていて古びているが、紙の方はまだインクが乾いてないところがインク特有(詳しくは不明)の生渇きの匂いもするので、素人目線でも新しく書かれたものだということが分かった。

この世界の言語はまだ分からないが、とにかく『準備中』の意味の板の上に『休業』と書かれた紙が貼られていることだけは理解できた。

とにかくそれが貼られていることは、昨夜の事で娘の身に起きた事件のこともあって休業しているのだろう。

葬儀に参列しなかったところを見ると、助けられた少女の方もテラスと同様にショックが大きかったのだろう。

それも踏まえつつ、ナナシはドアを開けて店内に入る。

店内に入ると、すぐに腕っ節が良さそうな女性の店員がモップのようなもので床を拭きながらナナシの前を通り過ぎていく。

女性は、ナナシの存在に気づかないようにせっせと掃除に励む。

それを横目に見ながらナナシは拭いたばかりの濡れた床の上を構わずに歩いていく。

ナナシは店に入る前に自分の能力である『認識を変える』力で自身の存在を確認する認識を変えておいたのだ。

今の自分は透明人間じゃない透明人間といったところか。

なおかつ認識が変わっているのでぶつかっても不思議に思われない。

能力を使ったことで女性、この店の店主であるマリエルはナナシには絶対に気づかず、彼女を無視したまま裏の厨房に入り込む。

釜や時代劇でしか見たことない食器などが並ぶ厨房を抜けた先にドアがあって、そこを開けると生活臭がするテーブルや椅子が並べられた居間のような空間に着く。


「ここが住居ってところか」


そう言ってナナシは例の少女を探すために辺りを見渡そうとするが、考えてみればショックを受けたのならこのような場所にいるはずがないと思う。

キョロキョロと辺りを見渡すと二階に続く階段があったのでギシギシと音を立ててそこを上っていく。

もいろん、音も『ナナシが鳴らした音』なので能力によって自動で認識を変えられる。

上がった先にドアがあった。

ドアに掛けられた読めない字にはおそらくこの部屋の主の名が書かれているのだろう。

ナナシは何のためらいもなくドアを開ける。

ドアを開けた先には、ベッドに横になって毛布にくるまっていた少女がいた。

ナナシは少女がこの店に来た時に出会ったあのウェイターの子だと知って驚くが、見開いてこちらを…虚空を見つめていた彼女の目には生気を感じられなかった。

目元はたくさん泣いたせいか赤く腫れており。
さっきまで泣いていたのだろう、シーツが涙で濡れてシミとなっていた。


「私が…私のせいで…」


ぶつぶつと、毛布に隠れた口から聞こえるあの元気でオロオロしていた少女の声とは違った絶望に満ちた声。

よほどの罪悪感があったのか顔をベッドに俯け、また泣き始めてしまった。


ナナシはそんな少女の様子を少しだけ見ていたが、俯いてしまっては意味がないのでベッドに近づき少女から毛布を剥ぎ取った。

少女は急に自分に掛けていた毛布が無くなってキョロキョロと慌てる。

そこですかさず、ナナシは少女に対して能力を解除した。


「…………はぁ!?」

「この間はどうも」

「エェゼェエェぇぇーーーっ!!!?!? あなたは誰ですか!? どうして私の部屋にいるんですか!?」


急に能力を解除したせいで目の前にパッと現れたように出てきたナナシに少女はさっきまでの生気の無い目はどこへいったのか声をあげて驚き、ササっとベッドの隅に逃げ出した。

この反応は予想出来ていたので、ナナシは少女以外の7km範囲の人間に対して能力を使い、少女の声の認識を無くしておいた。

他の人間には無音だろうが、近くにいるナナシは少女の叫び声に耳を塞ぎたくなる。

ギャーギャーうるさいのでナナシも大声で落ち着かせようとする。


「落ち着けお嬢ちゃん!俺は何も襲いにきたわけじゃねぇんだ」

「キャーーーーーッ! 昨日はお母さんのお使いで化け物に襲われて今日は見知らぬおじさんに襲われちゃうんだー!!」

「襲わねぇって!」

「こっちこないでよ変態! もうイヤー!」


少女は手当たり次第に近くに落ちているものを投げて抵抗しようとするが、その前に能力で認識を変えようとした。

変える認識は標的と測定の認識。
この認識を弄れば相手が投げるものは意思とは関係なく違う方向に投げられる。

これでわざわざ痛みを浴びずに済む。
はずだった。

「えいえいえいえいえいえいえいえい! こっちこないでよぉ!!」

「…………」

…………そんな事もせずともそんなナナシの横、右側の部屋の四隅に彼女は手当たり次第のものをブレもせずに投げていた。

ノーコンなのに同じ場所に投げるなんてある種の才能を感じる。

感心しながらしばらく眺めていたが、どうやら手近にあった物が無くなってしまい、絶望の表情を浮かべてナナシを見つめていた。


「……や、優しく殺してください」


そう言って目を瞑って仰向けに、大の字になって無抵抗の格好をする。

殺人鬼の彼にとってはおいしいシチュエーションではあったが、ゴクリと喉を鳴らして我慢する。

ここにきた理由のほうが大事だからだ。


ナナシは涙を浮かべて、さっきまでシクシクと泣いていた顔に血の気が戻ったように頬が明るくなった無抵抗の少女、コローネに近づく。


「俺の顔に見覚えはないか?」


そう言ってずいっとコローネに顔を近づけた。

急に顔を近づけたナナシにコローネはおっかなびっくりと驚くが、そんな彼女に人差し指を口において静かにするように言った。


「この前、君からこの国の通貨の値を聞いたものだよ」


それを聞いて少女はハッとした顔をして気付いた。


「もしかしてあのスパゲティのお客さんですか!!」

「…あぁ、スパゲティ…を食べたお客さんだよ。勝手に家に入ったのは悪かったが、危害は加えたりしない。むしろ手伝って欲しい」


ナナシはここに来た理由、コローネにあえて自分の力について説明をしてからあるお願いを言った。

状況が状況なので信じるしかなかったコローネはそれを聞いて驚くが、あんがい適応力が早かったのでスムーズに話が進んだ。


「えぇー!?おじさんそんなこと出来るんですか!?

「俺の能力なら可能だ」

「……もしかしてそれがしたいだけの変態じゃないですよね?」

「ふざけているつもりはない、昨日お嬢ちゃんを助けて死んだ騎士の弔いの為だ。出来るだけ迷惑はかけないから、どうか協力してくれ」


それを聞いて固まるコローネ。

そして元気を取り戻していた顔に陰りが生じる。


「……あのお姉さん、私のせいで死んだんですよね。私が夜中に外に出なければあの化け物に出会わずにすんだのに…そうじゃなければあのお姉さんは死なずにすんだのに………」


そう言ってまた泣きそうな顔になる。

さっき見たテラスと同じ、復讐心が無い後悔のみの涙だった。

本来ならここで彼女と交渉して帰るつもりだったが、ナナシは彼女に借りがあった。

この世界の通貨事情を教えてもらった恩だ。

だからこそ、この世界で生活するため、ご近所付き合いの一環で彼女に手を伸ばす。


「…あいつは多分、お嬢ちゃんやお嬢ちゃんを抱えて逃げたあの金髪を逃したことを恨んじゃいねえよ。むしろあいつはお前を助けて心残りもなく死んだと、俺はそう思う」

「………そんなの、おじさんには分からないじゃないですか」

「あぁ、俺には人の気持ちの大半は分んねぇよ。死ぬ直前の人間の気持ちとか知りたくもないしな」


そこまで言うと『ただ』と一拍子置いて彼女の目を見る。


「それでも、ちゃんと結果を残して死んだんだ。お嬢ちゃんはそんな騎士の意志を捨てる気か?ウジウジと部屋で閉じこもってちゃ、あいつもあの世で泣いちまうよ」

「でも、だからこそ私は…」

「部屋でウジウジとすんなっての」


言い終わってからナナシは、コローネの頭を撫でてあげた。

まだ幼い少女は上目遣いでナナシを見ながら、ポロポロと涙をこぼし始める。


「わ、わたしは………わたしのせいであのお姉さんが死んだのに…あのお姉さんと親しかったおじさんは、どうして、そんなに………平気そうなの?」

質問を投げかけられ、ナナシは数秒黙る。
感情は隠すが、スパイマスクの下の顔のない顔の口は少し開いてしまう。


人が死んだ時の感情なんて捨てた。


本来なら悲しむものが、ナナシには無かった。


たくさんの血を見て、それを人生の快楽として喜んできたナナシは頭を必死に働かせて無難な良い解答例を出し、目の前のコローネに対してこう答えた。



「お嬢ちゃんはまだ小さいんだ。大人になれば………いや、本当に強ければわかるよ。人を亡くした時の感情は本来なら尊いものなんだ。お嬢ちゃんは救われたんだ、そこから強くなればお嬢ちゃんもいつか大切な人を守れる。それが死を乗り越えるってことさ。おじさんもこんな経験は生きてるうちに何回も乗り越えたからね」



自分を、最強と謳われた殺人鬼は今の言葉の中で自らを最低と置き換えて答えた。

それに納得したのか目の前にいるコローネはその解答を聞いて心が救われたように、涙と鼻水を出しながら、泣きじゃくりながらナナシの胸に飛びついてきた。

これで良かったと思う。

自分は死を乗り越えたことは無かった。

ただ、殺したい衝動があったから殺しただけなんだから。


ナナシは泣きじゃくって自分の胸でなく少女の背中を撫でてあげながら、自らが人間とは程遠い存在なんだと改めて思った。

だがこの手のひらの温もりと泣く声に安心したのも事実だ。まだ人間なのか、それとも化け物なのか。


自分は、何なんだろう。


自問自答しながら、ナナシは答えの見つからない解答欄を睨んでいた。

その後、コローネは落ち着いて自分のお願いを聞いてくれた。

用も終えたので愛想笑いを浮かべて部屋を出ようとすると、コローネはナナシに強く「お姉さんの仇打ち頑張ってください」とさっきまで泣いていた弱々しい目とは違った、強さが宿った目でナナシの瞳を直視する。

ナナシはそれを見ても何も答えずドアを閉める。

階段を降りる際、小さく、コローネに対して言った。


「俺は、何だろうな?」


殺人鬼は何の気もなしに店の裏側にある裏口から外に出ると、昨日と同じ宿屋に向かった。



「異界に迷った能力持ちの殺人鬼はそこで頑張ることにしました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く