姉として失格おばさんのエゴ。

ノベルバユーザー173744

姉として失格おばさんのエゴ。

一昨日、久しぶりに妹のひなから電話があった。

『ね、姉ちゃん……ゴホッ、ゲホッ‼』

ずっと咳き込むひなに、

「どうしたん?病院は?」
「いや、昨日で、薬がのうなって……明日病院いけんのよ」
「仕事かね?」
「うん、他の新しく入った、バイトの子の指導の残業が残っとるんよ……ゴホッ……」

咳が止まらなくなったひなの、耳を疑う台詞に唖然とする。

は?あれだけ働いて、パートのまま契約社員にもしてもらってないひなが、バイトと言うと、夕方以降の大学の新入学生バイトの指導?
朝から仕事していたひなに、パートの人間に指導させる……どこまで最低なんだ。

「姉ちゃん……ごめん。悪いんやけど、私の代わりに薬だけでええけん、取りに行って貰えんやろか?この咳で、その上に眠れんし……苦しいんよ」
「お母さんに頼めば……」
「この咳とか、不眠の苦しさって……姉ちゃんにしかわからんやろ?」

だまりこむ。
言い返せない。
喘息とめまいにイライラと、不眠に悩まされていた。

「解った。会うけど、ひなは会社はお休み。病院に行って、ちゃんと診てもらわないけん。うちは明日別に行かないけんけん」
「ありがとう……姉ちゃん」

ゲホゲホッ……止まらなくなった咳に、

「無理したらいけん‼お休み。それじゃ明日」

電話を切り、翌日……昨日……ソーイング教室の帰りに会ったひなは、当然のように顔色が悪かった。
マスクをし、咳をしつつ待ち合わせたお店に来たひなに、

「病院で点滴とか注射とかしたの?」
「注射と、薬を貰った……」
「じゃぁ、薬ノート見せて」
「うん、あ、すみません。コーヒー下さい」
「いけん。すみません。コーヒーキャンセルでオレンジジュースを」

頼み、受け取ったノートの中身を見て絶句する。
慌てて自分の薬ノートを取りだし、昔のページを開けた。
そして確認する。



不眠症の薬が内科で出せる最強のもの。
不安神経症、ストレスの軽減用の薬が一緒……。
うちはアトピーの薬もあったけれど、ひなのはひどい喘息用と咳とたんのきれるものが多かった。



ひなも薬の量といい、薬の種類と良い……。



黙りこんだうちに、

「まぁ、明日からがんばろうわい。姉ちゃんも元気そうやね?」

ニコッと笑うひなに、笑い返す余裕はなかった。
返事もできなかった。



「オレンジジュースをお持ちしました」
「ありがとうございます」

ひなの声に、テーブルに置かれるジュース。
とんっと置かれた拍子に、コロッと氷が鳴った。



実家から逃げた兄ちゃん。
死んだばあちゃん、じいちゃん……。
いまだに実家にとりすがっとるおばはんたち……。
恨んでえぇやろか?



うちだけじゃあかんかったんか?
それだけうちらはいらなんだんか?
女やけん、使い捨てなんか?
うちがつぶれたけん、ひなの翼をもぎ取るんか?

ひなは、もうギリギリやで……?
これ以上働いたら、うつ病や……。

それでも働け言うんか?
あんたらそれこそ鬼や。



「ひな……仕事するんか?」

ふと尋ねた。
心のなかでは、願っている言葉を、言いたい言葉を言えない自分を憎みながら……。

ひなはジュースにストローを差しながら、

「仕方ないよ。頑張るよ」

マスクを外したひなの顔は、諦めたような顔をしていた。



帰ってから、うちは号泣した。

「ごめんなさい……ごめん、ごめんなぁぁ……」



うちの人生は、謝罪の一生になるのかもしれない。
もっと、何か出来なかったのか……もっと、ひなに……。

もっと……もっと……もっと……。



兄ちゃんだけが悪いわけやない。

でも、うちは良いけん。
ひなだけは救ってほしかった。
繰り返してほしくなかった……。

うちは良いけん。



ひなを……。
助けるだけの力を、誰か教えて下さい……。

「姉として失格おばさんのエゴ。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く