学校一のオタクは死神でした。

ノベルバユーザー203842

第37話 コードネーム『death』

*第37話 コードネーム『death』*

「やっと終わった…」
予想はしていたが、物凄く気まずかった…
“三つの意味で”…
一つ目は察しの通り、会長さんと昨日の邪神のミッション…
二つ目は、学校きてからすぐ、俺がキレた相手が同じクラスだった…クラスのメンツは未だに覚えてないしな…全く気づかなかった…めっちゃ見られてたし…
三つ目…まさかとは思ったが、いじめられていた方がうちのクラスの“委員長”だった…
そう考えると、いじめてた方はめちゃくちゃ度胸あるよな…最初のターゲットが会長さん、要するに生徒会長…身代わりになった中谷(?)は委員長…
普通この二人には喧嘩売らんだろ…
まぁ、それはいいとして…とりあえず急いで帰るか…
姉さんには先に帰るって言っておいたし…
実は今日、学校が終わってから久しぶりの“仕事”に行くと決めていたのだ。
仕事というのは大分前に話した通り、指名手配犯の捕獲…ブラ○クキャ○トでは掃○屋っていうんだっけ?
ええっと今日行こうと思っているのは…アメリカとフランス、中国に、ブラジル…くらいかな?合計“四カ国”でターゲットの数は…“6人”かな…?あ、これで全員じゃん…まあいっか、早めに終わらせといて損は無いし…
そして新はスタスタと家に帰った…

* * *

というわけで、着きましたアメリカ〜
いや〜いつで“入国審査無しで”来れるのっていいな〜
“大統領”に電話一本入れるだけでいいしw
さてと、着いた所で問題です。

俺は“どうやって1日で6人もの逃亡者を捕獲するのでしょうか?”

シンキングタイムスタート‼︎終了‼︎早い‼︎答えall life使えば一発OKです‼︎
…………。
………………………………。
自分でやっといてなんだけど…何やってんだろな俺…
………はい、というわけでall lifeを使って指名手配犯を探し当てたいと思います…はい、今チートだと思った奴…これが俺のやり方です…はい、チートですが何か?
まぁ、all life以外にも重要なものもあるけどね…
俺が、指名手配犯を速攻で捕まえる方法…
それは……異常な量の“殺気”だ…

* * *

アメリカ、とある町の人影のない通路…
一人の音が息を荒くしながら走っていた…
その姿は、ランニングに没頭しているようなものではなく、“何か”に追いかけられ、死にものぐるいで“逃げている”ようだった…
「(ハァ…ハァ…彼奴マジでヤベーよ‼︎なんなんだよ彼奴‼︎)」
逃げて、逃げて、逃げまくって約30分が立つ…
男は体力には自信があった…だが、恐らく彼奴は自分を超える程の体力を持っている…
そろそろ、自分の体力も限界に近い…
そもそも、何故男は逃げているのか…
何故、自分の胸に隠し持っている拳銃で撃とうとしないのか…
何故、これほどまでに冷や汗をかき、“怯えている”のか…
全くわからないのだ…
ただ、怖すぎるのだ…
気をぬくと命を落としてしまうくらいの恐怖が全身に襲ってくるのだ…
この恐怖の正体は知っていた…
だが、あり得ないのだ…
男は、アメリカで五本指に数えられるほど有名な“殺人鬼”であった…
そのため、相手からの視線、敵意、“殺気”は敏感に感じるように訓練していたのだ…
殺人鬼というのは恨みを買う仕事だ…
いつ命を狙われてもおかしくはない…それが日常だった…
そして、男に向けて殺気のを感じると、その殺気を向けた本人を即座に殺す…それが男のやり方だった…
だが、今は違う…初めてこの殺気を向けられたとき…
一瞬にして血の気が引き、額から冷や汗がブワッと流れ出て、辺りが真っ白になった…
そして、普段では考えられないような言葉が頭をよぎった…
……"殺される”…………
そして、その瞬間勢いよく走り出した…
だが、彼奴は、男と一定間隔を保つように間を取り、姿が男から見えないように走ってきた…
見えないというのは、恐怖を引き立てる…
それを“知っていて”彼奴は“わざと”やっていると…
そう感じたのだ…
そして、さらに数分走り続け、ふと気づくと彼奴の殺気が消えていた…
追ってきている様子もない…
男はホッと息を吐き、その瞬間、なんとも言えない“達成感”が訪れた、やったぞと、俺は逃げ切ったぞと、そんな達成感が…
そして、次の瞬間…

『ゾクッ‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎』

目の前に彼奴がいた…
俺に、殺気を向けた張本人…
“噂”では聞いていた…ただの噂であって欲しかった…
異常な量の殺気を操り、指名手配犯を恐怖のどん底に落とし捕獲するという“伝説”を作った男…
「し、し、死神ッ‼︎‼︎‼︎」
「初めまして…私の名前は…コードネーム“death”…と言います…気軽に死神…とでも呼んでいただければ結構です…まぁ、呼ぶのは今日で最後でしょうが…」
ふぅ…と死神は息を吐き
「いや〜なかなか手こずらしてくれましたね?…ですが、鬼ごっこはここまでです…それでは“さようなら”…」

その夜、六つの街で悲鳴が響き渡たった…
そして、男は恐怖のあまり、失神し、気付いた時には、刑務所の牢屋の中だった…

* * *

ふぅ…最初の奴は手こずったけど…そのあとは簡単に捕獲できてよかったよかった…
さてと、家に帰りますか…

* * *

その頃一方…
一人の者が薄暗い部屋で、陽気に鼻歌を歌っていた…その者が足をパタパタとさせるたび、両サイドで結んだツインテールがぴょこぴょこ動いていた…
そして、部屋のそこら中に貼られた一人の少年の写真…
それを見るなりふわぁっと顔を緩めていた…
「早く…早く私に会いにきてくださいませ…」
そして、写真に映る一人の少年の正体…
「愛しい、“死神様”。ふふ…」

* * *

その頃一方…
「ベクショイッ‼︎‼︎ヘクショイッ‼︎‼︎ああ…風邪かな…」
家に帰る途中、大きな嚔をする新であった…

「学校一のオタクは死神でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く