異世界八険伝

AW

47.ティルス防衛戦2

「アユナちゃん、水の準備は終わった?」
『ウンディーネ頑張ったんだよ!大丈夫!』

「メルさん、兵の配置は完了しました?」
「東西の城壁に護衛兵各350、冒険者の攻撃部隊各60、傭兵と志願兵の殲滅部隊各385を配置完了です」

「レンさん、補給も大丈夫そうですか?」
「うん、丸1日なら継戦可能だよ!」

「リンネさん、スノーとスカイには作戦を伝えてありますね?」
「うん、理解していると思う」

「南側の丘への転移の準備も?」
「隈無く歩き回ったから丘なら全部平気!」

「わたしの方も仕込みは万全です。皆さん、他に何か気になることはありますか?」

『本当に魔族は3つに分けて攻めてくるの?』
「魔族の主力はナーガです。飛行系でない以上はティルスの東西にある門を攻めるでしょう。ザッハルトの得意戦術は単純な力押しです。東西に各800体で攻め込ませて、自らは見晴らしの良い南の丘陵に300体程で陣取ると思います。ただ、分遣隊をいくつか作っているので、50体規模の小隊が厄介かもしれません」

「敵はナーガだけなの?」
「恐らく東西両軍にはナーガを指揮する将軍クラスがいます。推定レベルは50だと思ってください。勿論、南の本陣にもザッハルト以外に2体ほどは同級がいるでしょう。他に、100体毎にべリアル級のレベル40前後の部隊長がいるかもしれません」

「夜中だけど視界は平気?あたしは夜目で見えるけど、兵士達は大丈夫?」
「すぐに明るくなりますよ。因みに蛇族は熱センサーで敵を認知するようですね」

「その蛇族には弱点あるの?」
「雷や火魔法が弱点です。逆に水や土には強い耐性があります。目の構造上、光魔法で視力を奪うのは難しそうです。風や氷はメルさんからの報告ではダメージを与えていたそうです」

「リンネさん、マジックポーションはあと3つでしたよね?どのくらい倒せそうですか?」
「全力魔法が撃てて4回……今考えてるのは、ザッハルトに2回、東西の将軍クラスに1回ずつ。弱点属性だからもしかしたら倒せるけど、問題は闇の衣とボクが呼んでる黒いバリアみたいなの。多分、あれは魔法ダメージを半減させてる感じ。アユナちゃんの光魔法と一緒に撃つのが効果的だと思う」
『ならわたしはリンネちゃんと一緒に戦う!』
「そうですね、ボスクラスはリンネさんじゃないと倒せる気がしません。アユナちゃんをあげますので、お願いします!」
『やったー!貰われます!』
「アユナちゃん、自分の役割を分かってます?」
『あれでしょ?大丈夫よっ!任せてっ!』

「風向きは大丈夫かな?」
「今のところ山風、つまり北から南への風を予想していますよ。天気も大丈夫そうです」

「ナーガは魔法を使ってくるの?」
「魔力量からすると使いそうですが、今朝メルさんが戦ったときには使わなかったとか。気を付けるのは、水や毒……場合によっては毒霧にも。接近戦の際は念頭においてください」



 ボク達は各部隊長と共に作戦を詰めながら夕食中だ。徐々に緊張感が増していく。逃げられない戦い、多くの命を背負った戦いだということが、さらなる緊張感を高めている。


「リンネ隊の皆さん、集合してください!」
「アイちゃん、その……リンネ隊は恥ずかしいよ」
「分かりやすくて良いと思いますよ?」
『うん、うん、何だかやる気出るし!』
「考えるの面倒だからあたしもそれでいいよ?」
「はいはい、我慢しますよ……」

 ちょっと場に笑いが流れた?少しでも緊張が解けて良かった。ボクが生け贄になったけどね。

「リンネ隊の皆さん、配置確認です。
 東門にメルさんとティルスの方々5人、西門にレンさんとわたし、アイが行きます。リンネさんとアユナちゃんは臨機応変に動いて下さい!皆さん、頑張りましょう!!」

「「「はい!」」」

 今回、作戦全体はアイちゃんが考えてくれた。作戦通りにいけば勝てるかもしれないけど、数千同士がぶつかる戦争なんて初めてだし、正直凄く怖い。
 アユナちゃんとアイちゃんのレベルはそれぞれ17と9に上がってた。けど、正直まだまだ魔族と戦える実力はない。ボクの魔法が当たらなかったら、効かなかったら皆が死んじゃうんだと考えると、震えが止まらない。
 誰かとんでもない魔法で全部やっつけてよ!ウィズでも王国軍でも神様でも何でも構わない、とにかく誰かに、何かにすがり付いて全部任せてしまいたい!!誰か助けて!!

(リンネさん、心の声がだだ漏れですよ!というより、実はリンネさんの思考はわたしの中に常に流れてくるんです……魂が従属しているような感覚でしょうか)

(えっ!?うそ!凄く恥ずかしいんだけど!!)

(多分、全部じゃないですよ?わたし達のことを考えてくださるときだけかもしれません)

(そっか。今回の戦い、ボクが失敗したら皆が死んじゃうんじゃないかって考えてた)

(はい、聴いていました。リンネさんは強いのにいつも弱気で慎重で……。けど、皆はリンネさんの強さしか見えないから頼ってしまう。いつの間にか甘えてしまう。だからわたしはアユナちゃんを連れて別行動したんですよ)

(そこまで……考えてくれてたんだね……)

(メルさんはリンネさんのことを理解して下さっています。リンネさんがメルさんを凄く頼りにしているのも知っています。レンさんはメルさんにライバル意識を持っていますね……見ていて面白いくらいに)

(あはは!レンちゃんはそうかもしれない。けど、皆、強くなろうって頑張ってる。魔族を倒そうっていうより、ボクのことを守ろうって感じ。変なの!けど、凄く嬉しい。でも、アユナちゃんが……あのときみたいにもう誰も失いたくない。辛いよ!皆、死なないでよ!逃げたい。逃げ出して皆で仲良く暮らしたい……)

(リンネさん、本心じゃないですよね、それ。わたしに嘘は通じませんよ。リンネさんは全員を助けたいって思ってる。わたし達だけじゃなく、ティルスの全員を。やりましょうよ!思いっきりやっちゃいましょうよ!!魔人なんて、魔族なんてけちょんけちょんに倒して、皆でまた嬉し泣きするんです!大丈夫!力を合わせればきっと叶うんだから!皆を信じて、リンネさんは魔法撃ち終わったら寝てて下さい!)

(アイちゃん……ありがとう。アイちゃんが居てくれて良かった。でも、本心は……伝わってると思うけど、勝手に召喚して、捲き込んでごめんね!!)

(ううん、わたしもですけど、皆はそんなこと全く思っていませんよ!ここだけの話ですからね?皆が思っているのは……リンネちゃんと出会えて良かった!!って気持ちです。リンネさんもそう思ってくれたら、わたし達は幸せ者です!!)


 そう言って、アイちゃんはボクを優しく抱き締めてくれた。ボクが皆を励まさなきゃいけないのに、何だか逆に慰められちゃってて恥ずかしいね。ボクが頑張らないと!!

「アイちゃん、全兵士、市民に伝えたいことがあるの。風魔法で音を拡散出来る人をたくさん呼んでくれる?」



 ★☆★



 とうとう日が沈む。
 城門前の広場には、兵士や市民達、数万人が集まっている。

 夕日を背景に、ボクは城壁の上に立っている。柄にも無く演説をするために。
 でも、この戦いで死者を出さないためには大切なことがある。それは、生きようという強い意思だ。強い意思は、きっと不可能を可能にしてくれる最強の武器であり魔法だと思う。伝えるのは今しかない。とっても恥ずかしいけどね!




「皆さん!これから始まる戦い、
 勝とうとは思わないで下さい!」

 場が一瞬静まり返る。その後ざわめきに変わる。


「皆さんには家族が、友人がいるでしょう!
 だから、こんなところで死んではダメなんです。
 皆を守ろうという気持ちは尊いし、大切です。
 でも!!
 残される者達のことを本気・・で思うのなら、絶対に死んではいけません!!

 敵がいかに強くても、
 たとえどんな状況でも、
 生きることを諦めないで下さい!
 石にすがりついてでも、生きて下さい!!
 勝とうという気持ちではなく、生き残るんだという強い意思を持って下さい!!!」


 広場は静寂に包まれている。
 ボクは、浮遊魔法を使って城壁を降りる。
 凄く目立ってる。
 パンチラだけは十分に気を付ける。
 着地すると、兵士達の間を歩きながら話を続ける。


「皆で生き残って、
 笑顔で幸せだと言い合えるような、
 新しい世界を、
 新しい時代を作りましょう!」


 泣き出す人もいる。
 頑張るぞ!と気合いを入れる兵士もいる。
 ボクは、とびっきりの笑顔で続ける。


「新しい世界、新しい時代を作るためには、
 皆さん全員の力が必要なんです!
 皆さん全員が力を合わせて1つになることが、
 必要なんです!!

 明日から始まる新しい幸せのために、
 この戦いを、絶対に生き抜いて下さい!!
 その為にボク達はここにいます。

 ボク達を信じて、
 皆で生き残って、
 皆で笑顔で泣きましょう!!」


 ボクは仲間達、通称リンネ隊の所に到着した。
 皆で笑顔で手を振り、お辞儀をした。
 後半の行動に意味はない……気がする。
 何だかアイドルのコンサートみたいな勢い……。


「勇者リンネから力を貰いました!
 さぁ、皆さん!
 戦いの準備をしましょう!!」

 アイちゃんがコンサート化した流れをぶった切って助けてくれた。
 よし、皆、解散だよ!



 ★☆★



 夜10時過ぎ、偵察に出していたスカイが帰還した。興奮した様子ですがり付いてくる。とうとう来たか。

「魔族軍の侵攻を確認!さぁ、行くよ!」
「「『「はい!」』」」

[メルがパーティに加わった]
[レンがパーティに加わった]
[アユナがパーティに加わった]
[アイがパーティに加わった]


 ボクは南側の城壁上から南の丘陵を眺める。
 確かに禍々しい闇が蠢いているのが分かる。
 距離は1kmくらいか。

 やがて左右に別れて魔族の進軍が始まった。
 メルちゃんが予想した通りの展開になった。
 中央には南の丘陵に本陣が残り、左右からティルスの東西門へ攻めてくる……。さすが軍師様。

 今だ!!

「アユナちゃん、行くよ!」
『はい!』


 既に必要な魔力は練り上げている。魔力総量の9割を使い、何度も強敵を倒してきたサンダーバーストを全力で撃つ。
 イメージも既に固めている。半径10mの巨大な雷撃。落雷と共に周囲を巻き込む爆発魔法。これで、ザッハルトと、その周辺にいるであろう強い側近を倒しきる!!
 アユナちゃんも、セイントバーストなんてパクりな光魔法を撃つ予定だ。


「転移!」


 ボクとアユナちゃんは南側の丘陵へ転移した。
 素早く周辺を確認する。闇の中に体高5mにも達する巨大な蛇が映る。
 ザッハルトだ!距離20m、いける!

 アユナちゃんに目配せする!
 息を合わせる!

『セイントバースト!!』
「サンダーバースト!!!」

『!!』

 強烈な光!
 闇をつんざく巨大な光の柱!
 爆風はボク達をも吹き飛ばす。
 意識を保つ。

 でも、倒せた気がしない。
 マジックポーションをがぶ飲みする。
 魔力を瞬時に練り上げていく。集中!

「アユナちゃん、もう1回!」
『そのつもり!』

『セイントバースト!!』
「サンダーバースト!!!」


 再び落雷と爆音が鳴り響く!
 マジックポーションをがぶ飲みする。残り1本。

 結果は確認しない。
 倒したことを信じる。
 ダメなら仲間が倒してくれる。


「スカイ!西門へお願い!」
『シュルル!!』

 ボクはスカイドラゴンを召喚、アユナちゃんと背中に騎乗した。本来は1人しか乗れないが、ボク達ちびっこ特権でくっつけば2人大丈夫みたい!

「アユナちゃん、しっかり掴まって!」
『分かった!』


 ボク達は西に迫る魔族軍を空から強襲した。

 デカいのがいる!


[鑑定眼!]

 種族:メデューサ(上級魔族)
 レベル:48
 攻撃:28.30
 魔力:39.65
 体力:25.50
 防御:21.40
 敏捷:19.10
 器用:18.75
 才能:1.95

「メデューサ、レベル48だ!」

 魔力を練り上げる。1発で仕留めたい、仕留めなきゃダメだ。ドラゴンだって倒したんだ、やれる!!
 半径5mに絞る、濃密な熱と光をかき集めた雷撃!魔力は……残り9割、全部使う!!

「吹き飛べ!サンダーバースト!!!!」

 意識が瞬時に飛ぶ。
 アユナちゃんが支えてくれる。
 マジックポーションを飲ませてくれる。
 何とか……ふぅ、スカイも消えていない……。


『倒した!!』

「よし!作戦通りに!!」

 ボク達はアイテムボックスから油を入れた壺を大量に投下した。
 アイテムボックスには300個の壺が入っている。東西の魔族軍にそれぞれ150個ずつを投下する予定だ。
 ボク達は、地上をいくナーガの群れに向かってがむしゃらに投下し続けた。やることはやった!後は仲間に任せる!!


「スカイ!東門へ!!」
『シュルル!』



 東門では門前で激しい戦いが始まっていた。
 スノーが防御魔法を張り、護衛兵が盾で門からの侵入を防いでいた。メルちゃんも最前線でデカいのと戦っている!


[鑑定眼!]

 種族:ゴルゴン(上級魔族)
 レベル:51
 攻撃:38.20
 魔力:39.30
 体力:28.55
 防御:24.85
 敏捷:22.10
 器用:20.30
 才能:1.95

「ゴルゴン、レベル51!」

 先に、油の壺を全て投下していく。
 アユナちゃんが居てくれて良かった。1人じゃこの作業は無理だ……3分掛けてやっと終わった。


「メルちゃん、お待たせ!下がって!!」

 1発で沈める!!
 全ての魔力を、魔力総量の10割を込める!
 もうマジックポーションはない、気絶覚悟だ。

「全力全開!サンダーバースト!!!!」

 全魔力で魔法を撃ったのは初めてだった。
 この雷撃、遠くフィーネからも見えたという。
 雷光が、雷鳴が、爆音が、大地を震わす!!

 その光景を眺めながら、
 ボクは完全に意識を手放した。



 ★☆★



 明るい光で目覚めた。
 ここは……ギルドの中かな。

『リンネちゃん!!』
「おはよう!」
「リンネさん!!」
「やっと起きた!おはよ!」

「おはよう……みんな!!どうなった!?」


 アイちゃんが説明してくれた。

 ボクは気を失ってスカイも消え、落下した。
 メルちゃんが何とか受け止めてくれた。
 あの後、皆はボク達が投下した油に火矢を飛ばしてナーガ部隊を容赦なく火攻めにした。

 混乱に陥ったナーガ部隊を攻撃部隊が強襲、さらに殲滅部隊が生き残りを始末していった。
 西門も同様にして全滅させることに成功した。

 城門には火が燃え移った。しかし、事前に準備した大量の水を市民がバケツリレーで運び、延焼を防いでくれた。全てが作戦通りだった。

 メルちゃん、レンちゃん、アイちゃんが、南側の丘陵に残存するナーガ約100体を倒してくれた。
 ザッハルトは結局、ボクの魔法2連発で消滅したらしい。良かった!

 被害は……負傷者が多数でたが、死者はいなかった!完勝だ!みんな生きてる!奇跡だ!
 ボク達は、皆で抱き合って泣いた。
 昼までずっとずっと泣き続けていた。

「異世界八険伝」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く