異世界八険伝

AW

14.ゴブリン集団との死闘!

「ミルフェさん、リンネさん、何か作戦はあるか? 」

 ランゲイル隊長の表情が変わる。緊張感の中に、不敵な笑みを漂わせている。
 恐らく、謙遜や遠慮ではなく、ボクたちがどれだけ戦力として使えるのかを、迷宮のことも視野に入れて試そうとしているに違いない。


「町までの距離は? 」

「あと5km、急いでも30分だ! 」

「魔物との距離は? 」

「あと700m、接敵まで約10分だな」

 ボクが放つ矢継ぎ早の問いを速攻で打ち落とす隊長。

「援護は期待できないわよね――逃げるか戦うか。リンネちゃん、どうする? 」

 ミルフェ王女から重い決断を迫られる。
 でも、ここで逃げる訳には行かないよね? 町への壮大な魔物行列トレインになっちゃうから!

「ゴブリンの群れのリーダーは狙えない? 統率を崩せるか、うまくいけば撤退させられるかも? 」

「ゴブリンのボスは表に出てこねぇ、鉄壁の砦に突入するようなもんだ! 」

「馬車は守りきれないよね? 2台を迂回させて町に援軍を頼む、ボクたちは群れを迎え撃ち、持久戦に持ち込むってのは? 」

「賛成ね、私はヒーラーよ。持久戦なら回復は任せて! 」

「意外! ミルフェちゃん魔法使いかと思った! 」

「魔法使いだったエリザベートお婆ちゃんが結婚後に聖神教へと出家してね、それ以来、王家の女性はみんな僧侶職なの――」

 賢者を目指した転職じゃなくて、出家なのね!?

「まぁ、それしかねぇよな。人選は俺に任せてくれ! 」

 すかさず、隊長は先頭車に指示を飛ばす。

「馬車2台を迂回させて町に援軍を呼びに行かせる! ホークとフリード、お前らはさっさと行け! ディーダとブランはすまねぇが俺に命を預けてくれ!! 」

「しかし、隊長! 魔物が多すぎます! 馬車を捨てて全員で戦いましょう! 」

「分からねぇのか? お前ら足手まといなんだよ! さっさと援軍を呼んでこい!! フィーネの連中はお前らよりずっと頼りになる! 」

「ホーク! こっちの馭者を頼む! 隊長命令は絶対だ、早く行け! 」

 ボクたちの馭者役、ブランさんというのか。隊長の意図を察したみたい。足手まといと言いつつ、若者を逃がしてるところ、なんと言うか……さすが隊長だね!


「すまねぇが、俺とリンネさん、ディーダとブラン、1人50匹ノルマな! ミルフェさん、回復頼むぜ! 」

 そんな無茶苦茶なぁ……。
 玉砕覚悟なの!? それとも自信あり!?
 ボクなんて昨日この世界に来たばかりだよ! もう少しスロースタートでお願い!!

「さぁ、私を囲みなさい! 回復は任せて! 」

 ミルフェちゃん!
 何だか女王様モードに入ってませんか!?


 自然と円陣を組む。

 ランゲイルさんが伸ばした手の甲に、護衛のベテラン冒険者ディーダさんとブランさんが掌を重ねる。その上にボクが、さらにその上にミルフェ王女が手を被せる。優しい温もりが、ボクの心ごと包み込む――。

 お互いに命を預け合って戦うんだからね、気合いを入れないと! 5人だからバスケの試合前な感じかな?

 隊長の檄が飛ぶ。

「絶対に勝つ! 生き残るぞ! 」

「「 おう!!! 」」


[ミルフェがパーティに加わった]
[ランゲイルがパーティに加わった]
[ディーダがパーティに加わっ]
[ブランがパーティに加わった]


 わっ!
 円陣を組むとパーティ結成!?
 熱い、熱すぎるよ、この世界!!

「ゴブリンは弱ぇ、盗賊何かよりずっと弱ぇ! 頭を狙って1匹ずつ潰していけ! こんなの模擬戦、いや、単純作業だ!! 」


 ゴブリンってどんな感じ? 300mにまで迫ってくる先頭集団を凝視する。

 老人みたいに少し腰を曲げ、囲むようにじりじりと歩み寄る猿のような生き物――ボクよりも背が低いし、武器だって棒切れだ。まぁ、自分も似たような感じだけど。

 確かに、強そうには見えない。そうだ、鑑定できるかな?


[鑑定眼!]

 種族:ゴブリン(下級戦士)
 レベル:6
 攻撃:0.65(+1.05)
 魔力:1.60
 体力:1.30
 防御:1.15(+1.60)
 敏捷:0.90
 器用:0.75
 才能:0.25

 単純作業、かな?
 お陰で緊張感が抜けたよ、頑張れる!




「来た! 」

 1匹目!
 振り下ろされた木の棒を鉄棒で粉砕する。
 動揺したところを一気に踏み込む!
 側頭部に振り下ろす!!
 崩れ落ちるゴブリン、数秒後には魔結晶に変わる――これなら、いける!

 2匹目!
 横から薙ぎ払う!
 浅かったか!
 反撃を避け、そのままカウンター!
 頭部に一撃!!
 大丈夫、攻撃が見える、単純作業だ!


 ランゲイル隊長が群れの中に突っ込んでバスタードを振り回している、この人やはり強い!


 他の護衛2人は、うまくコンビネーションを組んで2対1を作っている、安定してるね!


 ミルフェちゃんは?
 足元の石を拾って投げてる?
 まぁ、まだ誰も大きな怪我をしてないからね!
 あ、こら!
 魔結晶は投げないで!!


 3匹目!
 このゴブリン、体がデカい!
 剣を持ってるし、手も長い! 武器のリーチ差が違う、ヤバい!
 攻撃を弾かずに潜り込む!
 下から鉄棒を振り上げる!
 2発!3発!
 倒した――。

 4匹目!
 脚を斬られた!
 でも、浅い! 血は出ていない!
 すぐにミルフェ王女のヒールがくる!
 温かい、痛みも感じない、大丈夫!
 御返しに頭をガツン!

 5匹目!
 もう慣れてきた。
 今度はこっちから先手を取って剣を持つ腕を潰す。
 隙あり!
 頭をガツン!
 ゴメン、ちょっとグロい――。



 ★☆★



 1時間、ほんと1時間も戦いは続いた。

 途中から数えるのも忘れ、夢中に叩き続けた。愛用の鉄棒が、2箇所くらい曲がりくねってる。50匹のノルマは達成しているはず!

 町からの援軍も到着したようで、ゴブリン軍団を側面から削っていく――。


 その時、集団の最奥に二回りも大きなゴブリンが見えた!

 ボスゴブリンだ!

 鑑定眼が効かない!

 隊長が斬り込み、ボクも追撃を入れる!

 結局、意外とあっさり決着――。
 MVPは隊長にあげるけど、ラストアタック賞は、ボクだね!

 体躯の大小と強さは比例しない。Q.E.D.



 生き抜いた5人は地面に倒れ込む。
 疲れて手も脚も動かない!

 誰か、魔結晶を回収してください――。

「異世界八険伝」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く