異世界八険伝

AW

7.人類の平均値に到達

 さっきからずっと鳴り止まず、それどころか高まっていく鼓動――ボクは、安心安全な聖樹結界の中に戻り、小鳥のさえずりを聞きながら、大きな岩の上に腰を下ろす。

 ふぅ~っと、溜め息混じりの深呼吸を1つ。


 さぁ、待ちに待ったレベルアップを迎えました!

 とても楽しみです。
 苦労した分、とっても!!

 さて、どのようにステータスを割り振りましょうか~♪


[ステータスオープン!]

 ◆名前:リンネ
 年齢:12歳 性別:女性 レベル:2 職業:無職
 ◆ステータス
 攻撃:0.70(+2.00)
 魔力:0.80
 体力:0.70
 防御:0.45(+1.50)
 敏捷:0.90
 器用:0.80
 才能:3.00(ステータスポイント2.00)
 ◆先天スキル:取得経験値2倍、鑑定眼、食物超吸収、アイテムボックス
 ◆後天スキル:
 ◆称号:


 なるほど、なるほど!!
 レベル2になって、本当にステータスが上がってるわ。

 相変わらず無職ってところが悲しいけど、まだ勇者は名乗れないって訳だね。まだまだ自覚もないし気にしないでおこう。

 実はレベル1の時の数値を覚えてたんだよねぇ~。
 最初こそ、しっかりがっちりきっかり検証していかなきゃ!

 レベル:1
 攻撃:0.25(+2.00)
 魔力:0.80
 体力:0.50
 防御:0.25(+1.50)
 敏捷:0.75
 器用:0.80
 才能:3.00

 えっと、何が上がったのかな――。

 攻撃→+0.45
 魔力→変わらず
 体力→+0.20
 防御→+0.20
 敏捷→+0.15
 器用→変わらず
 才能→変わらず

 そかそか、エリ婆さんの言う通り、この兎バトルを続けても魔力は上がらなさそうだね。それと、器用も上がってないのか。弓とか使わなきゃ上がらないパターンかな? きっとそうだ。

 意外と、体力とか防御とか敏捷も上がるもんだね~。
 確かに、後半は徐々に魔物の攻撃を避けられるようになった気がする。

 数値がレベルアップ時に更新されるだけで、実は普段からコツコツ強くなっているのかもしれない?
 まぁ、いいや。このあたりは、ステータスを上げてから再検証だね。


 まずは、しっかりと方針を決める!

 行き当たりばったりは良くない。何事も、ちゃんとゴールを決めてから取り掛かるべきなのだ。

 それに、本気で命が掛かっているからね――と言いつつ、今のところ失敗ばっかりなんだけど!


 まず4パターン挙げて、そこから絞る。

 1.残り2ポイントを魔力に全振り
 2.残り2ポイントを攻撃に全振り
 3.全ステータスへなるべく均等に振る
 4.全ステータスが均等になるように振る

 う~ん……。

 自分で候補に挙げておいて何だけど、1と2は却下だな。
 魔力全振りは、魔法が使えない現状では、今後魔物が強くなると確実に詰むでしょ。それに、攻撃全振りは方向性を見失ってしまうからね。気付いたらマッチョとか、それはアカン。ハイリスク&ハイリターンなんて、今は求めない。

 3か4か……。

 最初は死にやすいからね、まずは弱点克服かな!
 こんなに簡単に弱点克服できるなら、早めにしなきゃ損だよね! まずは、この紙防御とすぐに息が上がる体力を何とかしないと! 命は1つしかないんだから!

 よし、序盤はなるべく弱点を作らないように育てよう!
 だから――パターン4、君に決めた!

 それで、ある程度強くしてから魔力に傾けていこうか。いつになったら魔法が使えるか分からないけど、鑑定眼が使えるようになれば生存率も上がるはずだよね!


 じゃあ、こう振る!

 レベル:2
 攻撃:1.00(+2.00)
 魔力:1.00
 体力:1.00
 防御:1.00(+1.50)
 敏捷:1.00
 器用:1.00
 才能:3.00(ステータスポイント0.35)

 うひゃ!
 平均人間の出来上がりだ!?

 余った分はどうしよう。
 残す? 残すわけないね! 魔力かな!? 魔力だよね!!

 レベル:2
 攻撃:1.00(+2.00)
 魔力:1.35
 体力:1.00
 防御:1.00(+1.50)
 敏捷:1.00
 器用:1.00
 才能:3.00(ステータスポイント0)


 よし、完成!

 あ……これ、戻せないやつだ。
 一応、後悔が無いようにしないと。

 それにしても、レベル2でこの世界の人類平均値到達とか、なかなかにチート臭が漂ってるね――。

 人類平均値って、日本だと中1男子くらいかな? 成人男性の能力が高いのは当然だけど、高齢社会だもんね! こっちの世界だとどうなんだろ? 12歳の女の子が人類の平均値って――いいのかな?

 でも、人類平均値でウハウハするのは危険な気がする。
 だって、魔物と戦うんだもん、冒険者の平均値あたりを目指さないと。達人と言われるのは3だったよね。そこまでは厳しいから、まずは目標をオール2にしよう――何か、残念な通知表を見るようで微妙な感じが否めない!

 ん?

 もしかして、若いうちは才能が高くて成長しやすいとかあるのかな。それなら12歳のキャラメイクはベストセレクトってこと?

 ざっくり計算すると――レベル20を超える頃には全ステータスの平均値が10を超えるよ? 人類平均値の10倍だよ? 走り幅跳び35メートルとか、人間やめちゃってるよ?

 確かにアニメキャラの中にはそういう危ない人もいるけど、本当にそこまで強くなれるのかなぁ。さすがに月を消し飛ばしたりは期待してないけどね。


 いや、まてまて?
 一旦落ち着こうか。

 婆さんは敏捷が0.15とか言ってたよ?
 もしかしたら、最悪、ステータスが下がることもある? いくらなんでも若い頃から0.15じゃないよね。だって、曲がりなりにも勇者パーティメンバーらしいし。敏捷0.15の人なんて一生町から出られないよ。

 ってことは、歳をとると才能が下がることもあると考えるべきか? 仮にムキムキの渋男にしていたら、もしかしたら才能が低かったのかも? こればっかりは、検証出来ないから考えないでおこう。


 ん~、難しくなってきた。
 まぁ、なるようになるさ。


 とりあえず、魔力以外のステータスが全て“2”以上になるようにしてから魔力に傾けていこう!

 よし、レベルをもう1つチャッチャと上げてから、アユナちゃんの家に行くぞ~。

 お芋パーティーして、エルフっ娘と一緒にお風呂に入って、一緒に寝る! 何この猛烈なワクワクドキドキ感は!?
 よし、お風呂用の水を汲んで持って行こうっと!!


 っと、その前に――。

 期待外れが1つ。

 レベルが上がっても、某RPGゲームみたいに怪我が自動回復しないみたい。さすがにそこまで親切設定の訳がないよね。

 手足が痛すぎなので、ポーション1つがぶ飲みっと!
 うぅ、ポーションは残り2になっちゃった――。

「異世界八険伝」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く