日常日記

ノベルバユーザー173744

又ひとつ出来なくなった。

今月、アラフォーのおばさまに、すでに仲間入りしているおばちゃんが、本気で困ったことに陥った。

すんでいるマンションに自転車置き場がないので、徒歩か電車、もしくはバスを利用していたのだが、先日、長距離バスはまだ平気だが、路線バス、乗合バスに乗ると途中で気持ちが悪くなり途中下車。
乗れなくなった。

そして、電車にも乗るのが怖くなった。
まず、人の多さに目が回る。
立っているとゆっくりとした電車なのでガタガタと揺れる。
最後に、人との密着度に耐えられない。

人と人との間の席には座れず、端の席に座って、なるべく人に近づかないようにいつのまにか斜めに座っている。
そして、全身から汗が吹き出し、必死に汗をぬぐう。
それが本当に罪悪感を覚える。

太っているから……あぁ、痩せないと……。
でも、イライラすると食べちゃうんだ。
あぁ、何で、ドカ食いしちゃうんだろう。

それに、人とのコミュニケーションが出来ないのは、ダメな子だ……。



今日は病院の日、約6キロの道をテクテク歩いた。
電車代が浮いたと喜んでみたが、公共機関の乗り物に乗れないと、本当に困る。
心のことは私自身にもわからない。
病を癒すことも、どうすれば良いのか……。
ただ、パニックを起こす前に対処が出来るように、自分自身が強くなりたいと思った。

「日常日記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「エッセイ」の人気作品

コメント

コメントを書く