話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

運が無かったから筋力を上げることにした

sterl

8:新居

「どうなってんだこれ」

 赤く染まった空には、異常な大きさの鳥や高速で飛行する1メートルほどのトンボの群れ、ドラゴンのような生き物まで飛んでいる。

 若草色の大地に目を向けると、巨大な水色のスライムや根を足のように動かして歩く樹木。そして、ゆっくりと歩く100メートルはありそうな巨人もそこにはいた。

「すごいだろう。ここにいる生き物全て、ワシのペットだ」

 すごすぎる。たぶん、ここにいる生き物には、俺の筋力ではかなわない。

「いや、ワシの、大切な仲間たちだ」

 いったい、この爺さん何者だ? ギルドマスターか。

○●○●○

 あの後、特に何も言わずに歩き出した爺さんの後を追い草原を歩いていた。相変わらず草原のあちこちには巨大な生き物が歩いたり飛んだり。そもそもあの町の下にどうやったらこんな空間作れるんだ?

「付いたぞ。ここがワシの部屋だ」

 そう言われて前を見ると、立派なログハウスがあった。夕日に照らされて良い雰囲気をかもし出している。

「これが家だって言われた方が納得できるんだけどな」

「まあ、気にするでない。それより君の部屋も作らなければな。トレトリア、ゴレサエム、ちと来てくれ」

 うわ、なにこの爺さん。突然虚空に向かって話し掛けたぞ。

「お呼びでしょうか、ご主人様」

「なんか用か、ドルフ」

「え、いつの間に!?」

 いきなり爺さんの前に木と壁が出てきたぞ。 

「こやつに部屋を作って欲しいのだ。デザインは任せる」

「ご主人様の仰せのままに」

「んあ? なんだこいつ? ドルフが新しい人を連れてくるなんて、珍しいじゃねぇか」

 ん? よく見たらこの木さっきの歩いてた木じゃん。近くで見るとやっぱり大きく見えるな。15メートルぐらいか? でも表面に人の体みたいな形をたくさん生やすのはやめて欲しい。気持ち悪い。

 そして、この壁に見えたやつはゴーレムかな? 随分口調が荒いな。それにずんぐりしてないでスリムだし。ロボットって言った方が正しいか? 3メートルはあるけど。そのぐらいロボットにもいるだろうし。

「こやつは転移者だからな、できる限り保護してやらんと」

「なるほどな。よし、だったらちゃっちゃと作ろうぜ、トレトリア」

「私は材料を提供するだけですので」

  てかいつの間にか話が進んでるな。全然聞いてなかった。

「よし、じゃあ頼むぞ」

「はい」

「おう」

 ゴトゴト(トレトリアが木材を落とす音)

 バシンッ!(ゴレサエムが木材を地面に打ち込む音)

 ……なんかいきなり土木工事が始まったぞ。たぶん家を作ってるんだろうけど、日が完全に暮れる前に終わるのか? 後10分ぐらいで日が沈みきるぞ。もう星が見えてるぞ。……地下なのになんで見えるんだ?

○●○●○

「うっし、完成」

 ……3分で終わったな。途中で何をしてるのか見えなくなったぞ。速すぎて。

「うむ、2人ともお疲れだ」

「また用がありましたらお呼び下さいませ」

「俺はもう寝るかんなー。もうこんな時間に呼び出すんじゃねーぞ」

「はっはっは、すまんすまん」

「ったく」

 トレトリアと呼ばれた木は根を使い器用に歩いて行った。ゴレサエムと呼ばれたロボット?は、悪態をつくと、どこかにワイヤーを打ち出し、シュルシュルと音を立てて飛んでいった。

「さて、いろいろ話したいこともあるだろうが、それは明日だ。急ごしらえだが、今日はその部屋で休むと良い」

「はあ」

 急ごしらえって言ってもなぁ。爺さんのログハウスと遜色ないログハウスだしなぁ。

 爺さんはあっちの家に入ってったし、俺も作ってもらった家の中を見てみるか。

○●○●○

 とても急ごしらえとは思えない家に入ると、地面に紙が置かれていた。紙には、この家の間取り図が書かれているみたいだ。どこでこんなもん用意したんだ? まあ良いけど。

 これを見る限りだと、家は1階だけで、リビング、キッチン、寝室、風呂場、トイレ、物置部屋、空き部屋が5つあるらしい。とりあえず生活には困らなさそうだ。1つずつ見ていくか。ちなみに電気かどうかは分からないが、明かりはついていた。

 まずは空き部屋に来てみたけど、何も無いな。次に行こう。

 ここは物置部屋か。すでにさまざまな家具が用意されてるのは良いな。興味ないけど。次だ、次。

 これはトイレか。やっぱりトイレの形を最適化すると洋式トイレの形になるのか。……。

 ふー、スッキリした。ちなみにちゃんと水は流れた。どこに流してるんだろ? ま、それは置いといて、隣のこの部屋は風呂か。木製の浴槽で風情があって良いんじゃないかな。ま、今は必要ないか。

 ここは、リビングだな。ダイニングキッチンにもなっているらしい。冷蔵庫があったりテーブルもあるな。テレビは無い。当たり前か。

 こっちの部屋は空き部屋で、ここも空き部屋で、これが寝室か。大人2人が寝れそうな大きさのベッドが中央に置かれている。タンスもあるな。中には服も入っている。

 この家、ライフライン完璧過ぎないか?

「運が無かったから筋力を上げることにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く