運が無かったから筋力を上げることにした

sterl

5:町への道中

 もう巨人の姿は見えない。地面には大きな血溜りができている。森のだいぶ奥まで来ちゃったし、そろそろ戻らないと日が暮れるな。

 あー、帰りにゴブリン見つかるといいな。なんでここに来るまでに見つけられなかったんだ? 本当にこの森で合ってるんだろうな? 森に入って最初に戦ったのが巨人だと自信無くすぞ。主に俺の運について。

 それにしても木を折りながら来たのは正解だったな。どの道を通ってきたか明らかに分かる。さて、帰るか。

○●○●○

 森の外に向けて走り出すこと20分。俺が折った木に何体かの生き物の影が見えた。人型で緑色の肌を持った、筋骨隆々の生き物だ。身長は2メートルぐらいだろうか? 3体で俺の折った木を興味深そうに見ていた。

 ……あれがゴブリンか? いや、確実に初心者にはオススメできないだろ。もしかしてアレなのか? この森は奥に行くほど敵が強くなるのか?

 とりあえず通り道の邪魔だし殴るか。あの巨人に効いたパンチだ。こいつらに効かないはずはない。

「とりあえず死ね!」

「ウガ?」

 タタタッ(手近な人型の生き物に駆け寄る音)

 ビチャッ!(人型の生き物の胸から上が飛び散る音)

「弱いな」

 こいつは反射神経が良いのか、顔を腕でかばった。でも、反射的に腕でかばうのは俺にはできないけど、体がこんなに脆かったらなぁ。

「ウグァ!?」

「ガアァ!」

 驚いたり威嚇したり、反応が速くても……ねぇ。

 ズチャア!(驚いたやつの首がラリアットでちぎれる音)

 ドチュウ!(威嚇したやつの胸が円形に吹き飛ぶ音)

「ウ……ガ……」

 胸に穴を空けたやつが呻き声を上げて倒れる。返り血がベタベタしてやだな。

『レベルが1から4になりました』

 お、レベルが上がったらしい。こんなことまで通知してくれるのか。便利だな。

 それにしても一気に1から4って早くね? まあ、レベルが低いからこんなもんなのかな? それかさっきのやつが本来強い生き物だったか。冒険者カードに記録されなかったからゴブリンじゃないけど

 とりあえずレベルが上がったからステータスポイントが15振れるな。

 筋力に振って10027になった。筋力に振っておけば困ることは無さそうだしな。

 よし、たぶんもっと森の手口に近い場所にゴブリンはいるんだろうし、早く戻ろう。

○●○●○

 森の外に向けて走り出すことさらに20分。俺の折った木を興味深そうに見る、緑の肌をした人型の生き物が複数いた。

 身長は1メートルぐらいかな? 俺の想像してたゴブリンとほとんど同じ見た目だ。13体いるし、あれ全部倒せばクエストはクリアできそうだな。

 うーん、そろそろ肉弾戦じゃない戦い方をしてみたいな。返り血がベトベトするし。

 返り血が付かない戦い方か。石を投げるとかどうだ? 返り血は付かなさそうだし。試してみる価値はあるな。

 シュッ(投げた石が明後日の方向に飛んでいく音)

 俺には肉弾戦しかないのか。……いや、アレがあるな。

 スタタタッ(ゴブリンと思われる集団の中に突撃する音)

「ギギィ!?」

 ゴブリンが突然あらわれた俺に驚いている。四方八方囲まれてて俺の足下には倒れた木。じゃ、やってみっか。

「うおらあっ!」

 ズガガガガ(振り回された木が辺りを薙ぎ払う音)

 ピィー(謎の声)

 ふぅ、仕事した仕事した。ゴブリンも全部死んだかな? それにしても今の音なんだったんだ? 笛みたいな音だったけど。

『称号 精霊殺しを獲得しました。スキル スピリットキラーを獲得しました』

 おお、新しい称号とスキルだ。称号とスキルはセットなのかな?

――――――――――――――――――――――――
精霊殺し
 物理攻撃で精霊を殺した者に与えられる称号。スキル スピリットキラーを獲得する。

スピリットキラー
 精霊に対し、筋力を2倍する。
――――――――――――――――――――――――

  さっきの音は精霊の声だったのか。たぶん断末魔の声だったんだろうな。それとキラースキル。これはいいな。筋力2倍はいくらでも欲しい。

 あとはこれでクエストクリアかどうかだ。冒険者カードの表示は13/10になってるし、たぶんこれで良いんだろう。

 そんじゃ、町に帰るか。

「運が無かったから筋力を上げることにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く