運が無かったから筋力を上げることにした

sterl

2:町へ

 ……知らない空だ。

 いやー、ここは知らない天井が良かったな。でも天井なんて無いしなー。あるのは青く澄みわたる空と明るく輝く太陽だけだ。

 周りを見回してみると、俺の周りは芝生に囲まれ、右に森があり、左には大きな川が流れている。そして、その川をまたぐようにして、高さ3メートルはある壁に囲まれた町があった。どうやらここは町と森に挟まれた草原らしい。

 ここはやっぱり町に向かうべきか。筋力がどれぐらい強いのか道中で力試しができるといいな。

 町までは遠いし、景色を楽しみながら行くか。

 ……こうして歩いてると異世界に来たんだって言う実感がわくな。モンスターとかでないかな?

「キュー」

 お、噂をすればなんとやら。ファンタジーの定番、スライムのおでましだ。見た目は水色で、中にある青い石が透けて見える。

 あの青い石を潰せば良いのか? とりあえず殴ってみよう。

 グシャ!(スライムが粉々に潰れる音)

 ……あれー? おっかしーなー。そんなに強く殴ったつもりは無いんだけどなー。……きっとこの世界のスライムはものすごく物理に弱いんだろう。うん。とりあえず運よく残った青い石だけ持ってくか。

 ……あっちに手頃な岩があるな。……筋力を測るならやっぱ岩だよな。殴るか。

 ドゴォッ!(岩が粉々に砕け散る音)

 うん、俺は強い。

 それじゃあ町に向かうか。

○●○●○

 そんなこんなで町に着いた。え?なにか無かったのか、だって? なにも無かったよ。強いて言えば門の前の列に並んだぐらいだ。

 門には数人の人が並んでいて、門番になにかを見せてから町の中に入っていく。え? 身分証明とか持ってないんですけど。

 どうするかと考えているとすぐに俺の番が来てしまった。ここは身分証明が実は必要無いことに賭けよう。

「なにか身分証明になるものを持っているか?」

 ですよねー。うん、知ってた。

「持ってないんですけど、どうしたら良いですかね?」

 ここは下手に出て好感度を上げる作戦で行こう。

「ならこれに触れ」

 門番は黄色い玉を差し出してきた。 

「なんですか? これ」

 魔道具とかか?

「これに触って青色に光ったら問題ない。赤色に光ったらお前は犯罪者。即刻逮捕だ」

 うおっ、こえー。赤色には光らないだろうけど即刻逮捕って、こえーな。黙って触っておこう。

 光る色は……青色、セーフ。

「うむ、では町への入場を認めよう。できるだけ早く身分証明を作っておくことをオススメする」

 良かったー。赤色には光らないって分かってても緊張するな。

 それにしても身分証明か。どこで作るんだ? ギルドか? 一応訊いといた方がいいな。

「どこで身分証明を作れますか?」

「色々あるが、腕には自信あるか?」

 腕って、力のことだよな。筋力には自信あるぞ。なにせ、岩を砕いたからな。素手で。

「もちろん」

「なら冒険者ギルドに登録することをオススメする。あそこなら力さえあれば大抵のことはなんとかなるはずだ。冒険者ギルドは門を通ってまっすぐ進み、東広場の左手前にある剣と杖が交差したマークの建物だ。東広場には大きな噴水があるからすぐ分かるはずだ」

 つまり噴水の左手前にある剣と杖のマークの建物と、覚えたぞ。

「ありがとうございました」

 感謝の気持ちは忘れない。これ重要な。

「おう、頑張れよ」

「運が無かったから筋力を上げることにした」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く