魔界帰りの劣等能力者

たすろう

四天寺総力戦 乱戦


 この数分前。
 祐人はドベルクの大剣ダーインスレイブを倚白で刃を左手で支えつつ斜め左下に受け流し火花を撒き散らす。それと同時に下段後ろ回し蹴りを繰り出すとドベルクは「おっと」と後方に小さくジャンプして躱した。
 すると祐人は素早くドベルクとの位置取りを変えて背後から迫るジュリアン、オサリバンを迎え撃った。

「チイ! 気づいてやがったか」

 ドベルクが唸ると祐人はジュリアンたちの左側からオサリバンに向かい倚白を薙ぐ。右側にいるジュリアンからは死角になる位置取りのために、ジュリアンは祐人を攻撃するのにワンステップ必要になった。
 ジュリアンは数の優位性を活かすことができない、いや、その優位性を消しながら戦う祐人に対して苛立ちが増す。

「この野郎! さっきから、さっきからぁぁ! オサリバン、そこでおさえろ!」

 ジュリアンが憎々し気に大声を張り上げる。
 だが、上半身を斜めに斬られ、怒りに我を忘れたオサリバンは血まみれの体で倚白をハルパーで弾き、そのままハルパーを突き出す。

「痛ぇんだよ! 痛ぇんだよぉ! 痛ぇんだよぉ!! 小僧ぉぉぉ!」

 オサリバンは自分の手で祐人を殺すことのみに囚われているようだった。
 ジュリアンはオサリバンに舌打ちするが、そもそもここに呼んだ者たちは連携という考えが薄い者ばかりだ。それぞれが一騎当千の力を持つ能力者であり、本来、個々で瞬時に敵を葬り去ることができる。彼らにとって他者と連携をとる必要が生じる敵などほとんど出会わない。

(この俺が四天寺毅成だけをフォーカスしすぎたっていうのかよ! 堂杜祐人……こいつを四天寺の腰巾着としか判断しなかったことが、ここまで俺をイラつかせる結果になったとか……ふざけんじゃねーぞ!!)

 と、ジュリアンは考えながら焦っている。これ以上、時間がかかれば奇襲のメリットは完全に失われ、必ず四天寺も何か手を打ってくる。
 それもすべて自分たちを同時に相手にして、時間を大いに稼いでいる目の前の少年一人のせいだ。
 ここに堂杜祐人という劣等だったはずの能力者がいたせいで、速やかに四天寺を壊滅させる計画が狂いだしている。いや、すでに狂ってしまった。

(チィィ!! こいつは倒せる。俺たちが相手だ、それは間違いない。だが、時間がかかりすぎだ! 三人をここに釘付けにしやがったんだ、こいつは! 俺たちが連携できないと見透かして!)

 このレベルにまで達している能力者たちが連携を組むには、能力的に分かりやすい役割分担ができるか、それ以外は事前の訓練か、性格的に補助に回れる人材が必要である。
 ところが、今回のジュリアンの人選ではマリノスを除き、好戦的で武闘派の者ばかりを呼んできた。
 実際、彼らは首領であるジュリアンを中心に動いてはいるが、それはそれぞれの場所で好きに暴れろ、四天寺中枢の首を取れ、という指示だけだ。
 ジュリアンは彼らに戦闘中の瞬時の決断による連携など期待していない。思う存分、その圧倒的な力を発揮してくれればよい、というものだった。この堂杜祐人を時間をかけずに倒すには、この連携が不可欠と言えた。
 まさか、それを祐人に突かれたのだ。たかが、年端もいかない小僧に。

「クソがぁぁ、喰らえぇ!!」

 ジュリアンはオサリバンのハルパーを受け止めている祐人に対し、ようやく祐人から見て左側からダンシングソードの間合いに入り込んだ。
 が、祐人はハルパーを受け止めながら右足を軸にすり足で円を描くように体を回転させてオサリバンの体を盾とするように移動する。
 ジュリアンは祐人の姿がオサリバンの体に隠れたことで、剣を止めざるをえない。すると、祐人はオサリバンに密着するようにそのまま体を回転させてハルパーをいなして背後に回り込もうとする。

「そう何度も逃すか、小僧ぉぉ!」

 激高しているオサリバンはハルパーから離した左手を無理な体勢で背後に伸ばし、祐人を掴もうとした。その左手はただ伸ばしたものではない。それは鬼の手のように変形し、強烈な妖気と霊力が乗っており、鋼鉄をも握りつぶす力が秘められている。

「む!?」

 オサリバンの左手が祐人の横腹を掴む瞬間、祐人は与えようとした攻撃をやめて後ろに跳び退いた。

「ふうー」

 着地すると祐人は服を破られた左わき腹を撫ぜて、初めて息を吐いた。

「こ、この小僧ぉぉ!」

 攻撃を躱され、怒りに震えながらオサリバンが振り返ると、すぐさま祐人に襲いかかる。
 ジュリアンは殺気を放ちながら体勢を立て直すと、オサリバンと戦う祐人を睨みつけた。
 そこに、ドベルクがいつの間にかジュリアンの背後に詰めていた。

(このガキ、半端じゃねぇ! こいつはオサリバンの攻撃を避けたんじゃない。俺が忍び寄っていたことを感じ取っていやがったんだ)

 ドベルクは、祐人の底知れぬ実力に驚愕していたが、それ以上にその戦闘中における戦術眼に目を見張る。

(実力だけなら俺たちと大差ないのを知っていながら、巧みに三対一にならぬように戦ってやがる! 一対一を同時に三つ、こなしてやがるんだ。しかも、流れでやってねぇ。こいつは組み立てている。この俺たちを相手に、常に一対一になるように!)

 ドベルクは真剣な目でそう考えると、次第に心底楽しそうな笑みを浮かべる。

(だが……それでは誰も倒せず、ジリ貧だぜ? ガキ。まあ……俺は楽しめればいい。三人でフルボッコにするよりは今の方が楽しそうだ。お前がどんな戦いをするのか、俺たちを相手にどこまでもつのか興味が湧いてきたぜ)

 そう考えるがもちろんドベルクに手を抜く気などない。ドベルクにとって強者との死闘こそが生きているという実感の湧く瞬間でもあるのだ。
 しかし、同時にドベルクには大きな疑問がよぎる。

(しかし、このガキの戦闘能力、戦闘技術には驚きだが、この戦闘把握能力はただのセンスなのか? こんなガキが命のやりとりをする戦いで、ここまで冷静に生き残るための数少ない選択肢を選び続けられるものなのか? これじゃまるで、何度も死地をかいくぐってきた歴戦の猛者のようじゃねーか。……うん? これは……)

「ククク……ハハハ」

 突然、肩を揺らしドベルクが笑い出す。その楽しそうな笑い声をあげだすドベルクにジュリアンは眉をあげ、視線だけドベルクに移した。

「あのガキに囚われすぎたな。あーあ、俺が補助に回ろうとか考えたが、ガラでもねーし、何よりも、もったいねえ、と思っちまった。やっぱり、こんな美味しい敵を他人にあげたくねーしな。だが仕方ねえ、ここは一旦、オサリバンの野郎に預けるか」

 ジュリアンはドベルクの反応をイラついた顔を隠さずに見つめる。

「あのガキを中心に戦場が動いてやがったか……。おい、ジュリアン」

「あん?」

「おいおい……気づいてねーのか。こっちのジュリアンは指揮官向けじゃねーんだよなぁ」

「何が言いてえんだ、てめえは……」

「時間を稼がれすぎだぜ……アレを見ろ」

 ドベルクの視線の先にジュリアンが顔を向けると、そこには術を練っている瑞穂とマリオンがいる。その動きは明らかに祐人の移動に合わせて距離をとっていた。

「あれは……四天寺の小娘! それにエクソシスト! いつの間に!? しかも何だ、この霊圧は!」

「それとあっちもだ」

 ドベルクが別方向に顔を向けると、先程、撤退した明良たちが木々の裏から集結している。
 負傷者を下げて、部隊を再編してきたのは間違いない。

「雑魚どもが……わざわざ死にに戻って来やがったか!」

 いきり立つジュリアンを横目にドベルクがフッと笑みをこぼす。

「ジュリアン……あのガキがこれだけの能力者だとは計算外だが、挑発されちまった俺たちも悪い。頭に血を上らせすぎだ。まあ、ある意味、あのガキを先に倒そうとしたのは正解だったがな。あいつがこの戦場の中心にいやがる。が、ここまで粘られちゃ、あのガキの思うつぼだぜ。俺たちの第一目標は四天寺だろう?」

「ヌウ……堂杜祐人ぉぉ」

 歯ぎしりするようにジュリアンが祐人の名前を出すとドベルクはダーインスレイブを担ぎながら言う。

「だから、いつものようにやろうや。もうあのガキに合わせることはねー、俺たちが得意な形でいこうぜ」

「ふん……ようは暴れるだけだろうが」

「まあ、そういうことだ! さあいくぜ、乱戦だ! クック……燃えるな! 力だけがものを言う戦場は大好きだぜ!」

 するとドベルクの体から溢れる妖気と霊気が集約されていき、霊妖力とも言いうべき〝力〟に変容していく。

「久しぶりの全力だ! 四天寺をぶっ潰す。ついでにあのガキもな。今度は俺たちの祭を始めるぜ! いいな、ジュリアン」

「……チッ、仕方ねえ。ナファスのやられた帳尻は合わさねーとな。たくっ……これで四天寺を生贄にして、世界中の能力者どもへのスピーカー役になるはずだった観客もパーだ」

 ジュリアンがそう言うとジュリアンの妖力と霊力も混じりだし、完全に一つの〝力〟になっていく。
 ドベルクはニヤリと笑う。

「んじゃ、行くかー! どちらにせよ、今日をもって戦端を開いたのは間違いねーんだ。機関に与する連中と俺たち『keys』とのな!」





書籍化進捗報告!

 いつも「魔界帰りの劣等能力者」の応援をいただきありがとうございます。
 現在、夏ごろに刊行を目指しておりまして、鋭意取り組んでいる最中です。私も編集の方も納得のいくものを皆様にお届けしたいと一丸になっております。
 そして……ついに!
 イラストレーター様の情報がオープンになりました!
 書籍化にあたり、ご担当いただくイラストレーター様は、かる様です!
 素敵なイラストを描かれる方で作者は喜びに打ち震えています。キャラデザは私のツイッターに順次、UPしていきますので、ご興味のある方はそちらをご確認ください。
 私も全力で頑張ります! 是非、皆様の応援を賜りたいです。よろしくお願いいたします。




「魔界帰りの劣等能力者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く