異界の勇者ー黒腕の魔剣使いー

心労の神狼

4-24 目にしたもの

華夜がお風呂に入ってから少し後。
勇二と未希は朝日の部屋の前にいた。
なぜ二人がここにいるかというと......
-------------------------------------------------------------
数分前。
『魔剣サクリファイス』の精霊体の少女の話の途中で倒れた華夜を部屋に運び込んだ勇二と未希。
その二人はリビングにて無言で向かい合っていた。
この場に精霊体の少女の姿はない。
気絶した華夜を部屋に運び込んだ際にどこかに消えていた。
暗い表情で俯き合う二人。
最初に口を開いたのは未希だった。
「……朝日は、なんでこんなことをしたんだろ」
未希の口から零れたそれは、まさしく三人の思いの総意だった。
「僕達は魔王を倒すためにこの異世界に転生した。魔王を倒さなければこの世界は滅ぶ」
だけど、と勇二は続ける。

「魔王を倒せば朝日は死ぬ」

勇二のその言葉に未希は改めて悲痛そうな顔をする。
その言葉を口にした勇二もやるせない表情だ。
「「………………………」」
リビングに再び沈黙が流れる。
「朝日がなぜこんなことをしたのか、か」
勇二は少し考えるように天井を見上げた。
そして、しばしの長考の後、勇二は突然立ち上がった。
「あーもう!考えるのやめ!」
「ゆ、勇二?」
「未希!こうなったら直接聞きに行くよ!」
「え?でも今って朝日寝てるんじゃ……」
「寝てたら寝てたでその時は考えればいいよ。ほら、行くよ!」
「ちょ、ちょっと待ってー!?」
-------------------------------------------------------------
と、まあこんなわけである。
勇二は部屋の主に声を掛けながらコンコン、と扉をノックする。
「朝日、起きてるかい?ちょっと話したいことがあるんだけど」
しかし、いくら待っても部屋の主からの返答は来ない。
「思い立ったら吉日ってことで来てみたはいいけど……寝てるのかな?」
「かもしれないね。一回リビングに戻る?」
「そうしよっか」
寝ているならば仕方ないと思い踵を返しリビングに戻ろうとした二人。
しかし、数歩歩いたところで勇二が立ち止まった。
立ち止まった勇二の視線は朝日の部屋の扉に向けられている。
なんとなくだが、朝日の部屋から『イヤな予感』がしたのだ。
無言で朝日の部屋の前まで引き返す勇二。
未希も僅かに首を傾げながらそれに続く。
勇二は頭を扉に近づけて耳を澄ましてみた。
しかし、案の定というか部屋の奥からは物音ひとつ聞こえない。
勇二はそれにどことなく不自然さを感じた。
「……朝日、入るよ?」
先程感じた『嫌な予感』も相まって焦燥感を掻き立てられた勇二は朝日の返答を待たずに扉に手をかけた。
扉の奥には自身のものと大して変わらない内装の部屋だった。
部屋の中央には机と椅子、壁際にはクローゼットが置いてあり、その横には木枠の窓がはめられている。
朝日が横になっているベットは木枠の窓の少し横、部屋の隅にあった。
これに関しても自身の部屋とそう変わりがないためすぐに見つけることができた。
勇二はなるべく足音を立てないように配慮しながら朝日の寝ている寝具に近づいていく。
そして。朝日に近づけば近づくほど強くなっていくその匂いに勇二は顔をしかめた。
それは嗅ぎなれた匂い。
この世界に来て何度も嗅いだ『血の匂い』だった。
朝日の寝具のすぐ側まで来るとその匂いはさらに強くなっていた。
僅かに木枠の窓から月の明かりが漏れ出した。
そして勇二は目にした。
全身から血を流し、ベットの上で力なく横たわる朝日の姿を。

to be continued...

「異界の勇者ー黒腕の魔剣使いー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く