負け組だった男のチートなスキル

根宮光拓

第五十六話 被害

「グラウンド」

 コウスケは後始末と称して、地面に槍を突き刺し、そこからありったけの魔力を地面へ注ぎ込んだ。未だ魔物はこちらへ押し寄せてきているのは周知のことだが、コウスケの発動した魔法はそれさえも飲み込まんばかりの広範囲の魔法だった。
 その発動した魔法は、コウスケの立つすぐ手前の地面、全てが前方の方へ波のように向かっていき、魔物もろとも向こうへ追いやったのだ。ついでにその地面が坑道を塞いだ。

「ふぅ、ギリギリだったか」

 感覚的にもう大規模な魔法は使えない。コウスケは一息吐いて、先ほどからコソコソと話している小人族たちのいる方向へ振り返る。

「すげえ……」
「これが魔人族……」
「魔王なんじゃないのか?」

 とまあ様々な言われようだった。特に「魔王」という単語が聞こえてきた時は少しドキリとしたものだが、これといったアクションをしてこないため、今のうちは何もないように装うことにしたコウスケだった。

「あの」

 伸びをしながら地下都市内に戻ろうとするコウスケの元へ、小人族の一人が恐る恐るといった感じで話しかけてきた。
 そんな小人族に対しコウスケは先に口を開いた。

「あ、すいません。坑道を塞いじゃって」
「え、いえ! 気にしないで下さい」

 不意を突かれたように小人族は必死に首を振って否定した。まさか謝られるなんて思いもしなかったのだろう。とりあえずこの展開はコウスケの作戦通りだった。あのままの雰囲気だと、上辺だけの会話しか出来ないと判断した。そして上辺だけの会話だと逆に不都合が生じる可能性があったからだ。例えば、どうしてここにいるのか、何故助けたのか、など今のコウスケにとって正直に答えにくい質問をされるのは避けたかったのだ。

「ごめんなさい、少し休憩してきても良いですか」
「あ、はい、どうぞ」

 少しよろめく演技をしてコウスケはその小人族から離れた。小人族の間を通る間に、好奇の眼差しで見られているのを感じながらも、気にせずに顔を少し俯かせて進む。
 実際身体はまだ元気とはいえ、魔力がもう限界なので倦怠感は確かにあったので嘘は言っていない。

 とりあえずコウスケはここに来る前に寝かされていた部屋へ向かった。生憎、道を覚えているわけではなかったので、『強化』を施したままでなんとなく進んだ。

 そんな時だった。『強化』された聴覚がある音を捉えたのは。

「まさか……いや、そんなはずは」

 コウスケは思わず走り出した。その音のする方向へ。

「そういえばまだ後三つ……」

 魔物が発生している坑道はコウスケが塞いだものを除くと三つだ。違う言い方をすると、まだ三つもあるということだ。
 だがコウスケは目の前にあることに集中しすぎてしまったことと、二つも坑道を塞げば残る三つは小人族だけで何とかなるだろうという希望的憶測があったせいでで、そのことの注意が逸れてしまっていたのだった。つまり忘れていた。
 しかしそれが不味かった。


「……これは」

 まだコウスケが介入していない坑道にたどり着いたコウスケは言葉を詰まらせた。
 その坑道はどうやってやったのかは分からないが塞がれている。それだけなら良かったのだが。

 その坑道にいたのは、先ほどの坑道前にいたような、疲れてはいたものの傷をあまり負っていない小人族たちとは比較にならないほどのひどい有様の人達だった。
 加えて、この惨状を表すかのように、一面、血、血、血。
 色々な箇所を包帯で巻いた者やそのまま寝かせられたままのもの。ひどく泣いている者。看病している者。そして動かなくなった者。

 コウスケは油断していたのだ。今までの坑道での小人族の対応を見ていたがゆえの。
 今までの坑道では、剣など不安材料があったものの、しっかりと魔物に対して対応できていた。なのでコウスケは勝手に他の坑道も上手くやっていると思い込んでいたのだ。

「あれは……」

 そこでコウスケは見た顔を見つけた。ドランである。
 ドランは、仰向けに倒れている一人の男の元で必死に包帯を巻いていた。
 ゆっくりとその元へ近づくコウスケ。するとドランはこちらに気づき、涙で充血した目をこちらに向けた。

「……コウスケさん」
「……ドラン」

 横たわる者には見覚えがあった。

「アービスか……」

 それは盾の使い方で語り合ったアービスだ。そしてその隣にはアービスが作ったのか、盾が置かれていた。あの傷つきようを見るに、相当無茶をしたのだろう。 
 それに盾だけではなく、アービスの体の状態も素人目に見てもかなり悲惨な状態であることがわかった。感覚だけでいうと洞窟に捨てられたときの自分よりもひどい状態だ。口には出せないが、もう二度と目覚めないのではないのかというほどに。

 そんな中、驚くべきことが起こった。

「う、あ、ぁ」
「アービス!?」

 あの状態のアービスが意識を取り戻し言葉を発したのだ。だが喉もやられてしまっているためか、その声は人の言葉を成してはいなかった。

「アービス!」

 そんなアービスに対しドランは必死に話しかける。彼も分かっているのだろう。このままアービスが意識を手放したら、もう意識を取り戻さない可能性が高いことを。

「う、るせえ、な」

 ボソボソとアービスは話し出す。『強化』を使っているためギリギリで聞き分けることの出来るほどの声である。
 泣き喚くドランにアービスは、ほんの少し口角を上げてそう言ったのだ。

「あ、こ、うす、け、さん」

 アービスのほぼ開いていない目がコウスケと合った。

「アービス……」
「あ、りがと、うござい、ます」
「何もしてないよ」

 突然お礼を言い出すアービスにコウスケは腰を下げて告げた。むしろ自分は何も出来なかったのだから。

「い、え、いまま、では、たて、なんて、ダサい、って思ってた、んです、でも、こうす、け、さんの、おかげで……」

 アービスは自分の隣に置いてある盾に視線を向ける。もう口を開くことが出来ないほど体力が低下しているようで、これ以上、アービスが口を開くことはなかった。
 盾で何かをしたことは確かなのだろう。 

 そのアービスの代わりに、しばらく泣いていたドランが口を開いた。

「……アービスは、あの盾でヨハネを助けたんです。でも代わりにアービスが魔物の群れに飲み込まれてしまって……」

 その言葉を聞いてコウスケは納得した。この場にヨハネがいない理由を。

「それで、ヨハネは?」
「きっとどこかで泣いているんだと思います。自分がアービスを殺したんだって思ってて」
「そうか」

 ヨハネを探しに行く気にはなれない。こういった場合、どう声をかけて良いのかコウスケには分からなかった。もちろんドランやこの場にいる俯いた人たちにも。

「アービス? アービス!」

 ドランが叫びだす。
 さっきまで少しだけ上下に動いていた胸が止まったからだ。目も完全に虚ろを見ていた。

 間違いない。
 アービスは死んだ。

 辺りが一段とシンと静まり返り、しばらくの間ドランの泣き叫ぶ声だけがこの場に響いていた。


 
 しばらく経った後、その空気が一変する出来事が起こった。

「お前のせいだ!」

 この場に似つかわしくない声が響く。誰もが反射的に声の主を見た。もちろんコウスケもドランも。

「……ヨハネ?」

 ドランがボソリと呟く。そう、その声の主はあのヨハネだった。

「負け組だった男のチートなスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く