負け組だった男のチートなスキル

根宮光拓

第四十二話 重なる厄介事

「い、異世界魔人。なんだそれは」
「さあね、俺にも分かってないんだ」

 そう質問されることは予想通りではあるが、答えようがない。聡明なエルフ族ならば知っていると思っていたのだが、どうやら知らないようだ。

「ファイア」
「っく、ウォーターボール」

 コウスケの炎に対し、ナリオスは水の玉を作って防いだ。魔法の名称をわざわざ変える訳には何か理由があるのだろうか。

「な、なぜだ。なぜ詠唱を省略して発動できる? しかも何だその炎の色は」
「え? もしかして言葉で具体的に言わないと魔法って発動しねえのか?」

 それは知らなかった。コウスケは具体的に想像するだけで魔法が発動できていたからだ。

「ふざけるな! 何か秘密があるんだろ」
「秘密って言われてもなぁ」

 本当に心当たりはなかった。この世界に人たちと異世界人は体の構造でも違うのだろうか。それとも育ってきた環境が異なることによるものなのか。とりあえず今の段階では判断できない。

「そういう環境で育ってきたからなぁ」
「な、なに!? 異世界では魔法文明が発達しているのか!?」

 少し違う。あくまで二次元の世界では魔法は発達しているのだが、三次元では実現すらしていない。

「何て言うんだろ……イメトレ?」
「い、イメトレ?」

 どうしてこんなふざけた内容の会話を真面目なトーンで話しているのだろうか。段々と馬鹿らしくなってくる。

「なぁ、時間を稼いだって助けは来ねえと思うぞ?」
「……そうかもしれぬな」

 さっさ決着を付けるつもりだったのに、おしゃべりが過ぎた。今のところはまだ騒ぎは起きていないから大丈夫だとは思うが、下手をするとこの国で指名手配になりかねないのだ。慎重にかつ迅速に行動しなければならない。

「だが、天は我らに味方してくれた」
「なんだと?」

 ナリオスは腕を天に掲げて言い放つ。その様子に怪訝な表情を浮かべるコウスケだったが、すぐにその理由が分かった。何者かの足音が近づいてきているのだ。それも数はかなり多い。

「ははは、どうだ魔人」
「知るか」
「っぐ、はぁはぁ」
「もう用はねえ」

 槍を一突きし、ナリオスが手から放した道具袋を拾ってコウスケは走り去った。最悪まだ里の方向からは足音が聞こえない。そのためコウスケは来た道を『強化』を施した脚力で戻って行った。
 残されたナリオスがどうなろうともうどうでも良かった。


 里に戻ると、さすがに寝ていた者も炎の明るさと焦げ臭さで起きだしているようだった。中にはこの件に関わっていないような人もいる可能性もある。
 今さら殺す人と殺さない人を選別する気は今まではなかった。だがこの中には本当に善意でコウスケに接してきてくれた人もいると考えるとやはり惜しいという気持ちになる。

「な、なんであんたが生きてるんだ!
「関係者か……」

 長耳族の男が里へ戻ってきたコウスケに対して声を荒らげた。その声に反応する他の人々。
 その男を殺すことは簡単なことだった。だがここでこいつを殺してしまえば、何も知らない人からすると、完全に悪者と見られてしまうことは確実だった。
 いや里の人にどう思われようとも、それ自体は別にどうでもいいのだ。だが後々の事を考えると、ここで複数人に犯罪者と見られ、国に追われるようなことだけは避けたかった。そうなってしまえば、国を抜けるまでずっと細々と暮らさなきゃいかなくなるし、もしかすると、魔人族の国にも入国拒否をされてしまうかもしれないのだ。なんとしてもそれだけは避けたかった。

「もしかしてお前が、ナリオスたちをやったのか!」

 その男の声に何も知らない人たちの顔に動揺が走る。先手を打たれてしまった。

「正当防衛だ」
「ふざけるな! お前ら汚らしい人の形をした化け物が!」
「そうだそうだ!」

 野次を飛ばすものまで現れた。どうやら関係者はもう一人いたらしい。このままでは空気に流され中立の人も向こうに回ってしまいかねない。

「クソッ」

 こうなれば強硬手段しかなかった。コウスケ自身、それが悪手だということは重々承知であるが、時間が無いがゆえにそういった手段をとるしかなかった。だが少しでも印象を悪くしないように、槍や短剣などは使わず、後頭部に打撃を与えることで意識を奪うだけにしておいた。これでも十分、手を出したことには変わりないが。

「すいません」

 呆然とする者や驚愕、恐怖といった表情を浮かべる里の人々に一つ頭を下げて立ち去る。これで少しでも誤解が無くなるといいのだが、きっとそれは無駄に終わるということぐらい分かっていた。もう里のほとんどの男たちを殺したのだ。どちらが先に手を出したかは関係なく、身内がやられて許す人なんていない。
 自分の甘さに舌打ちしながらコウスケは里を去って行った。

 行き先なんてない。とりあえず足音の来る方向から逆の方角へ走るしか道は無かった。その方角がどこに向かっていようが、今はそれが最善だと信じて。

「はぁはぁ、ここって」

 走ったあげくたどり着いたのは、あの崩れ去った洞窟の前だった。未だ魔人族とキマイラの死体は残っていたので、間違いなくあの戦闘場所だ。

「今は隠れるしかねえよな」

 あの魔人族の死体を自分に見せかけるように、自分の着ていた服などを死体に着せ、加えて周りの木々に火を放った。現に魔人族の男は焦げているので少しでも自然に見せるためだ。
 こうしておけば、少しはキマイラと偶然出くわした魔人族の犯人が、火の魔法を放ちながら戦って相討ちした戦場跡に見えなくもない。
 ここで時間を稼ぐとして、コウスケは洞窟の岩を一か所だけ取り除き中に入った。もちろんまた入り口は塞いぐ。

「ライトニング」

 槍に電気が迸る。これで真っ暗な洞窟内も足をつまずくことなく歩けそうだ。『強化』を使っての視力強化も良いのだが、この洞窟がいつ出口に通じているか分からない。もし所々に穴があって、光が差し込もうものなら、『強化』を使った目がまぶしさのあまり使えなくなる未来が容易に思い浮かぶからだ。実際に、登とやった時も目くらましにやられたという苦い思い出もある。

 洞窟は思ったよりも深かった。だが下っている感覚は無い。つまりいつでも天井を破壊すれば地上に出られるという事だ。まあ今の所そんな目立つ行動を起こす気はないが。

「……ん?」

 コウスケは歩みを止めた。そして『超感覚』を発動させる。
 この洞窟内にある自然の音ではない音が聞こえたからだ。
 ゆっくりと慎重に洞窟を進む。念のために槍の電気も消しておく。もし追手なら仲間を呼ばれる前に殺さなきゃならないからだ。

 その音源がすぐそこまで近づいた所でコウスケは再び立ち止まる。近づいたことであることだ分かった。
 人だという事が。
 今は向こうも立ち止まっているためか、先ほどのような足音のような音は聞こえない。だが息遣いは聞こえた。しかも何かを呟いている。

 コウスケは何とかその音源の背後に立ち、覆いかぶさるように襲い掛かった。

「きゃっ!」

 それは女の甲高い声だった。だがまだ油断はできない。

「え、な、なに?」

 コウスケの腕の中で暴れる何者かが声を発した。追手にしては体は細く、力も弱い。

「だれだ?」

 思わずコウスケは腕を解放して話しかけた。何故かその人物が追ってだとは思えなかったのだ。

「ひ、ひと!?」
「あ、あぁ、そうだが」
「良かったぁ」

 恐らくその場にへたり込んだその人物。

「人に会えたぁ」

 この洞窟に閉じ込められた人なのだろうか。そうならその閉じ込めたのは自分である。
 微妙な罪悪感が芽生える。

「で? 誰なんだ?」
「ぁ、私は、ミュエル・カナアウスと言います」

 コウスケは頭を掻いた。名前を尋ねたようになったのは確かだが、名前だけでその人が何者かは分からないからだ。
 自分の質問が悪かった自覚はあるので再び質問を返す。

「えっと、どうしてここに?」
「誘拐されて」
「誘拐?」

 誘拐されるということは、それなりの有名人なのだろうか。そう軽く考えて再びコウスケは尋ねた。
 その少女が新たな問題の種になるとは知らずに。

「ぁ、はい。私は長耳族長の娘でして……」
「……長耳族長?」
「あ、はいそうです」

 コウスケは引き攣った笑みを浮かべて、次にやってきた大きな問題の局面に立たされて大きくため息をついた。

「負け組だった男のチートなスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く