負け組だった男のチートなスキル

根宮光拓

第四十話 裏

「――ぶだ、寝ている」

 コウスケは誰かの話し声によって珍しく夜中に目を覚ました。
 普段ならこの程度の音で目を覚ますことはないコウスケなのだが、

「あぁそうか『超感覚』を……」

 そんなコウスケが目覚めた理由は、その言葉の通りで、昨日『超感覚』を解除するのを忘れてしまっていたからだった。
 もちろん森の中では作動させっぱなしだったのだが、この村に入ってからは、心地よい眠りのために解除して寝ていた。だが昨日の眠気にはとても敵わず、解除するのを忘れていた。ただそれだけの理由だった。

「何か物音がしなかったか?」
「気のせいだろ」

 コソコソと扉の外で話し声が聞こえてくる。『超感覚』によって聴覚を含む五感は数段に跳ね上がっている。なので誰が話しているのかぐらいは直ぐに分かった。

「ナリオスさんと……確か、昨日の」

 その声はこの家の主であるナリオスと昨日の宴に出席していた男性である。
 しかもどういうわけか、自分のいる部屋の前で話しているため、話している内容までもが完璧に聞こえて来た。

「例の道具袋は持ってるか?」
「これの事だろ、しっかりとっておいたさ」

 話の内容を聞いて嫌な予感を覚えたコウスケは、直ぐに腰の方へ手を伸ばした。普段ならそこに道具袋を提げているのからだ。しかも昨日はろくに着替えもせずに直ぐに眠ったので道具袋はそのままのはずだ。
 つまり無い方がおかしいのだ。

 しかし、嫌な予感は的中してしまった。

 偶然だと思いたかった。今まで優しくしてくれたナリオスさんがそんなことをするわけがないと。眠るのに邪魔だからと、どこかに片付けてくれただけだと。

 しかし無常にも会話は進み、ある内容へ差し掛かった。

「っへへ、里の恩人さんにする仕打ちじゃねえぜ。相変わらずの鬼畜な村長さんだ」
「何を人聞きの悪い。私はただ蛮族を操って利用しただけだ」
「その選民主義も相変わらずのことで」
「それはお主もだろうに」

 そう言いあって二人はゲラゲラと笑いあっていた。コウスケが起きてくることなど微塵も思っていないとばかりに。

 これでもう言い訳のしようがなくなった。間違いない。黒だ。
 静かな部屋の中に歯ぎしりの音だけが響く。
 今まで浮かれていた。無償の優しさに甘えてしまった。ほんのひと時の幸せを望んでしまった。

 ただ孤独を癒して欲しかった。

 だがその弱みに付け込まれてしまったようだ。

「今回はちゃんとに一から引っかけたんだろ?」
「そうだな、これほど心地よいこともない」

 二人の会話の内容はいまいち理解できない。
 ただ分かること、それは彼らが自分を嵌めたということだけだ。

 一体いつから仕組まれていたというのか。

 もし全て仕組まれていたことなら、最初から魔物討伐もこちらに任せるつもりだったのかもしれない。

「だが危なかったな。あの料理を里のガキが食おうとしたときは焦ったぜ」
「ああ、だがあいつは少し変に思っただけで、それ以降も馬鹿みたいに食い続けておったがな」

 その会話から分かったこと、それはあの料理に何か入っていたということだ。恐らく睡眠導入剤のようなものでも入っていたのだろう。それはあの眠気を考えると納得できる。

 では長耳族が肉類を好まなというのは嘘だったのだろうか。それにナリオスから教えられた色々な知識もどうなのか。今ではどれが嘘でどれが本当か訳が分からない。

「それで? あいつはどうするんだ?」
「何を今更、殺すにきまっておろうに」
「ははっ、それでこそ村長さまだよ」

 二人の会話はそこで途切れた。代わりに足音がこちらへと次第に近づいてくるのを感じる。会話の流れからこの先起こることは確信していた。
 もう覚悟を決める時が来たようだ。

 急いで、今手元にない槍を呼び戻す。
 確かあの戦いの後、回収していなかったはずで、つまりこの村の人たちには回収されていないことになる。

 それから時を待たずに足音が聞こえてきた。それと同時に槍が木の窓枠をすり抜けてコウスケの元にやってくる。どうやら間に合ったようだ。

「開けるぞ?」
「ああ、今頃食べる夢でも見ている頃だろうよ」

 ゆっくりとコウスケの部屋の扉が開かれていく。
 恐らく彼らは、未だ眠っているコウスケを想像していたことだろう。だが彼らの視界にその光景は写らなかった。

「ああ? いねえじゃねえか」
「なに?」

 そこにコウスケの姿はなかった。
 それを聞いたナリオスが慌てて部屋の中に入ったその瞬間だった。

「うぐっ」

 ナリオスの後ろにいた男の方が苦し気に呻いた。

「なっ……」

 ナリオスはその男の方を振り返り絶句した。

「よォ、聞いてたぜ?」

 コウスケは扉の影から現れて言った。手には男の胸から突き出ている槍が握られている。

「ぐぼっ!」
「おぉおぉ、汚ねえ」

 男から槍を引き抜き蹴りとばした。部屋の隅にまで飛ばされる男。

 その間ずっとナリオスは固まったままだ。状況の変化についていけていないのかもしれない。

「どうした?」
「な、なんで」
「返せよ、それ」

 ナリオスの手にあった道具袋に目をやり言った。
 コウスケは道具袋に目印など付けてはいなかったが、それでも今までのナリオスが道具袋を持っていたのを見たことがないし、極めつけはあの会話だ。それによってそれがコウスケの物であるということは明らかだった。

「早くしろ」

 渋っているナリオスに槍を突きつけて急かさせる。

「ま、待ってくれ」

 慌てた様子でナリオスが言葉を発した。今更何を待てばいいのというのだろうか。

 ただその間がナリオスの求めていた時間だったのだろう。そのわずかな時間であることが起きたのだ。

「やれ!」

 ナリオスの声を合図に、部屋の壁の至る所から細長い槍のようなものが突き出されてきた。
 不意打ちであるそれに加え、その槍の数が膨大であることにより、コウスケは体を捻ることでしか対応できなかった。

「くそっ」

 何とか体を捻ったものの、コウスケの腹部を中心に切り傷やかすり傷が生まれる。結果として致命傷は免れたものの、槍がいくつも突き出されたままなので身動きが取れなくなってしまった。

「大人しく殺されていればこんな手間をかけずに済んだのに」

 ナリオスが穏やかな口調でそう言葉を発する。今までと同じ口調なのだが、それが全く同じ人が発している言葉とは思えないほど冷たく感じた。

「今まで騙していたのか」
「ああ、それの何が悪い? 我らエルフ族こそが人なのだ。他のゴミ共をどうしようと勝手だろう?」
「そのゴミ種族に頼らないと、魔獣も倒せない奴らがよく言うよ」
「何だと?」

 売り言葉に買い言葉。
 ナリオスとしてみれば、屈辱に顔を歪ませるコウスケを見たかったのだろうが、逆にナリオスの顔が歪む結果となってしまっていた。

「はは、その状況でまだ皮肉を言う余裕があるとはな。さすが魔人族だ。脳みそも足りないらしい」
「はは、そっちこそこの程度で俺を封じたと思っているとは、おめでたいねぇ」
「こ、殺せええ!」

 ナリオスはコウスケの挑発に乗り叫んだ。
 先ほどと同じようにその言葉に呼応して動きが起こる。
 部屋の中に数人の男たちが入ってきたのだ。

「『強化』」

 コウスケはそう一言呟く。その一言で勝負が決まった。

 まずコウスケを抑えつけていた槍を軽々と薙ぎ払った。驚愕するナリオスの顔が印象的だ。
 次に襲い掛かってくる男たちの腕を掴み、握力のままに握りつぶした。最後に蹴り飛ばすのも忘れない。

「で?」

 今この状況で、唯一立っているナリオスに問いかける。既に襲い掛かってきた男共は使い物にはならない状態にした。

「ば、化け物」
「俺にとってはお前たちの方が化け物なんだがな」

 あの表の顔にこんな裏の顔を隠しておけるなんてかなりたちの悪い化け物だ。そこら辺の魔物より厄介である。

「ど、どうか、慈悲を」
「……は?」

 急に土下座をし始めて許しを請うナリオス。この世界に土下座文化があることに素直に驚いたが、今はそこは気にするべきところではない。

「い、命だけは」
「今までの恩で見逃せと?」
「そ、そんなことは」
「そう言えよ、そう思ってんだろ?」

 コウスケの問いにナリオスは答えなかった。心のどこかでそういう考えがあったのだろう。

「分かったよ、お前だけは見逃してやる」

 バッとコウスケの言葉を聞いた瞬間顔を上げるナリオス。その変わりように思わず笑みが漏れる。

「ほ、本当ですか?」
「ああ、早く行け。気が変わらないうち・・・・・・・・・にな」

 コウスケは槍を床に突き刺した後、手を上へ向け危害を加えないということをアピールする。

 それを見たナリオスは怯えた表情を浮かべたまま、すぐに走り去っていった。

「里の人の命よりも自分の命か……」

 この部屋に転がる男たちを見つめながら呟く。他にも女、子どももこの里にはいる。いるのだがそれらを全て見捨てて奴は逃げ出したのだ。そんな奴に従っていた里の奴らも哀れすぎる。

「きゃあ!」

 部屋から出ようとしたところすぐそこから叫び声が上がった。反射的にその方向を見ると部屋の出口に女がいた。このタイミングで出てくるということは一つしかない。

「残念だったな。倒れているのが俺じゃなくて」
「な、何で」

 その問いには特に答えず、槍で一突きして殺した。

「さあ、皆殺しだ」

 黒い笑みを浮かべコウスケは呟いた。

「負け組だった男のチートなスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く