負け組だった男のチートなスキル

根宮光拓

第三十八話 激戦の果て

「はぁはぁ、痛ぃ」

 コウスケは更地となった森の一部で倒れたまま呟いた。ただただ痛い。勝利の余韻など味わう暇もなく、痛いという感覚が上書きされていく。ただでさえ腕を咬みちぎられた痛みが、『強化』で上乗せされているのだ。あの地獄を味わったコウスケでなければとっくに痛みで失神している。
 とはいえ、コウスケの異世界に来てから換算した痛みランキングでは三位に位置する。
 幸い、腕が無くなるのは初めてではないので、精神的な動揺はあまりない。

 だがあの時、コウスケはむしろ自分から腕を食わせたのだ。『吸収』によって獲得した『毒』を含んだ腕をキマイラに食べさせるために。
 登に加え、魔人族とキマイラ、戦闘結果は偶然同じになってしまったが、キマイラは除いて、奴らには自分の力によって殺されるのがお似合いだ。
 力を過信しすぎた結果、身を滅ぼした。特に魔人族の男はそれが顕著に表れていた。何せ、隠蔽でステータスを隠していたのに、わざわざコウスケに口で明かしたのだ。それが奴の命を奪うことになるとは知らずに。

 ともあれコウスケは痛みのあまり動くことが出来ない。このまま倒れたまま休んでいたかった。だが、出血は休むことなく右腕の切り口から大量に出てきていた。これを放置してしまうと命の危険が及ぶ。現に今、めまいの症状が現れ始めていた。

「……ステータス」

 意識が朦朧とする中、そう呟いた。気でも触れたわけではない。ちゃんと目的を持って行っている。

名前  コウスケ・タカツキ
種族  異世界魔人
レベル 50
スキル 技能創造 隠蔽 鑑定 聖域 強化 吸収

 やはりレベルが上がっていた。そして50というキリのいい数字である。これまでのスキルスロットが増える時はそういった数字の時に起こっていた。つまり今は一つ以上スキルスロットがあると考えられる。

『スキル「転化」を作りました。装備しますか?』

 もちろんその問いはイエスだ。
 『転化』スキルは、忌まわしき洞窟内で会った、恐竜型の魔獣が持っていたスキルだ。今まで気にはなってはいたのだが、イマイチ使いどころが分からないスキルだと思いお蔵入りしていた。
 だがコウスケは、今この状況を打開するたった一つの方法としてそのスキルしかないと思ったのだ。

「転化開始」

 ボソリとそう呟くと、いつものように脳内にアナウンスが響く。初めて発動する時や、使い方が分からない時に出てくる声にはよく助けられている。

『転化を開始します。転化する物を指定してください』
「……血」

 薄れゆく意識の中で、右腕から帯びたたしい量を流している血液を見ながら答えた。今自分が差し出せるものなんてこれくらいしかない。
 後の流れは、コウスケが考えている通りに進んでいった。気持ちも汲んでくれるようで助かる。ならわざわざ確かめを求めるのは、何故かと疑問に思うが、恐らく、思うだけではなく、決断するのも大切だと判断してくれているのだろう。それもコウスケの意志によるものかもしれないが、確認する手立てはない。

『損傷個所確認。血液確認。血液の転化を開始します』
「うっ」

 一気に身体が寒くなる。血液がごっそり持っていかれたのだ。当然の反応だった。
 そして、コウスケは意識を失った。



「――スケ様、コウスケ様」

 誰かが肩をさすり、名前を呼んでいる気がした。いや、実際に呼んでいるのだ。

「うぅん」

 若干の気分の悪さを感じながら、コウスケは瞼を開いた。目に映ったのはあの里の村長、ナリオスの顔だった。最近、目を開くと老人が映る機会に恵まれている気がする。嬉しくはないが。

「ああ、コウスケ様、大丈夫ですか?」
「ええ、なんとか」
「……その腕は」
「腕?」

 ナリオスの視線の先には自分の右腕があった・・・

「なんだこれ!?」

 コウスケも思わず叫んだ。そこにあったのは今までの右腕とは言い難い、赤黒い色をした右腕だったのだ。不気味ではあるが、赤いというよりは黒ベースなので気持ちの悪いほどではなかった。
 だが今までの右腕とはまるで違うその色に戸惑いを隠せない。まさかまた種族が変わったのかと、不安になってステータスを開いたが、そこには今まで通り『異世界魔人』の表記があったので今回は関係なさそうだ。もし種族変異なら『更新』スキルの通知も来ているはずで、しかもあの時の痛みもあるはずだ。思い出すだけで、寒気が走る。本当になくてそうではなくて良かった。

「そうか、血を使ったから……」

 血液は凝固すると赤黒く色が変化するのを思い出す。右腕はちょうどその乾いた血の色をしていた。どうやら『転化』は成功したようだ。少し色は予想外だが、右腕は自由に動く。少し肌の弾力がないのは仕方がない。

「あの、コウスケ様?」 
「問題ないです」

 コウスケは体を起こして問いに答えた。少し気味悪げに見ていたのだが、その言葉を聞いてナリオスはコウスケの顔に向きなった。
 体調は相変わらず悪いものの動けないほどではないので、起き上がって周りを見渡してみる。

「それで……あの魔物は」

 ナリオスはキマイラの死体を見て訪ねてきた。それもそうだ。あんな魔物見たこともない。

「キマイラという魔獣です。あの洞窟の中に魔人族の男が飼っていたようです」
「魔人族の男……!?」
「ええ、本人は国のスパイと名乗っていました、それに最近の魔物騒動もそいつのせいでしょう」
「そんな奴が……」

 村長に次々と情報を与えていった。どれも吉報なので話している分にはいい気持だ。だが村長にしてみればせっかく種族平等を訴えているのにもかかわらず、悩まされていた魔物が他種族の男が仕掛けたものであったのだ。複雑な心境なのだろう。

「コウスケ様、此度は何とお礼を言って良いか」
「いえいえ、偶然出くわしたので、ついでです」
「あなた様は里を救ってくださいました。里を代表してお礼を申し上げます」

 ナリオスは綺麗なお辞儀をコウスケに披露した。最近ご老人に頭を下げられる機会が多い気がする。もちろん嬉しいが、多少気まずい。

「今夜は里中の素材を使って、コウスケ様に御馳走をお作りします」
「そうですか! ありがとうございます」

 思わず声を上げてお礼を言ったコウスケ。近頃美味しい食べ物に目がない。ずっと不味いものばかり食ってきたから仕方がないと言い訳をして。

「立てますか?」
「はい……おっとっと」

 立とうとするコウスケはふらついてしまった。やはりまだ体力は回復しきっていないようだ。

「おっと、大丈夫ですか」
「ありがとうございます」
「いえいえ、里の救世主様ですから」

 すかさずナリオスに支えられた。とはいえ、ナリオスも結構な年齢をいっており、加えて足場の悪いこの森では逆に心配になってしまう。

「大丈夫ですよ」

 コウスケは『強化』を施して、体を補強した。やや強引な手段だが致し方ないだろう。
 そして逆にナリオスを支えるコウスケ。このままだとナリオスが転倒して怪我をしかねないと思ったからだ。

「いやはや、面目ありません」
「いえいえ、今までの借りを返しているだけです」

 どっちがけが人か分からない光景に、二人は笑いあう。
 そうやって、コウスケはナリオスの里へ凱旋した。

「負け組だった男のチートなスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く