負け組だった男のチートなスキル

根宮光拓

第二十一話 最深部にて

 ここがこの迷宮の最深部だろうか。
 幸い、通路が途中で途絶えているという最悪の事態だけは避けられた。

「だけど……」

 最深部と思われるその場所には、小さめの空間が広がっていた。
 中間地点にドラゴンがいたことを考えると、最深部にはドラゴンを超えるような強敵やら、珍しいアイテムなどがあると思っていたのだが、見事にそれらの希望は奪われることとなる。

「何も無いってなんだよ……」

 その言葉通り、この空間にめぼしい物なんて見当たらなかった。あるとするなら石造りの古ぼけた台座がポツンと置いてあるだけだ。他には何もないだけに、その台座が異様な存在感を放っている。あえておいてあるという事は何か意味があるのだろうが、コウスケがその台座に触れても特に何も反応しなかった。

「はずれか」

 ボソリとコウスケは呟く。期待していた分、失望は大きかった。だが、途端に台座が振動を始め、動き出す。
 その台座は右にスライドし、台座が元あった場所には階段が現れた。
 どこからどう見ても隠し通路である。つまり、ここの迷宮は未開の地ではなく、人が手を施した場所なのだろうか。

 コウスケは好奇心の赴くままにその隠し階段を降りていく。
 コウスケは恐怖心という感情に鈍感になっていた。

 階段は思ったよりも直ぐに終わった。
 階段の先にあったのは、上の空間をそのまま小さくした感じの空間だった。だが、確実に違う部分がある。その違いを見てコウスケは口元を緩めた。

「武器庫か」

 コウスケが呟いた通り、この場所は武器を置いておく場所のようだった。壁に掛かる剣や斧、槍。その他にも見たことのない武器がそこにはあった。さらにその武器は、素人目にも質の良いものであることが分かるほどだ。質では美月の聖剣にも負けず劣らないと思われた。
 そしてコウスケは現在武器と言って良い武器は持ち合わせていない。聖剣は返したし、迷宮に来る前に購入した刀は手元にはない。どこに行ったのかは不明である。
 だがコウスケが喜んだのはそれだけが理由ではない。

「鑑定」

 コウスケはすぐさまその言葉を口にした。
 目の前に現れる様々な武器の名称。あえて例として、ひと際輝く白銀の剣を鑑定結果を出してみると、


名前  エクスリバース
創造者 ダリス・エドロン
分類  聖剣
スキル 反射 浄化 発光 鋭利
状態    盗難防止


といった結果だった。
 性能は見ての通りで、聖剣の分類がされているところを見ると、美月の持っていた聖剣と同じ格であることが予想される。さらに、コウスケの期待通り、格の高い武器にはスキルが存在した。

 何故コウスケがそう期待していたのか。それは美月の聖剣を握ったときの違和感からだった。魔族であるコウスケに拒否反応を起こしていたことや、いとも簡単にドラゴンに傷を負わせたところを考えると、あれも何らかのスキルがあったのだろうと予想していたのだ。生憎と、それを鑑定する時間がなかったので、確証は持てないが。

「ステータス」

 次にコウスケは自分のステータスを開示する。


名前  コウスケ・タカツキ
種族  異世界魔人
レベル 40
スキル 技能創造 鑑定 強化 聖域


「よ、よんじゅう!?」

 コウスケは目の前に表示されるステータスに驚愕した。レベルが初期化される前は確か25だったはずで、それに到達するのも結構な時間を要した。しかし現在のレベルは初期化された上でこのレベルだ。当然驚かないわけがない。

 それにこれだけレベルが上がればスキルスロットもその分上がっているはず。そう思いたったコウスケは、まず外していた『隠蔽』『超感覚』を装備し直した。

『隠蔽、超感覚を装備しました。空きスロットは1です』

「まあいいか」

 スキルスロットに関しては期待以上の増加は見込めなかったものの、自分のスキルをこれだけ入れられるというのは安心感が生まれる。

 ここでもう一つやることがコウスケにはあった。
 それは、一つだけ空いたスキルスロットにどんなスキルを入れるのかを考えることである。だが今まで見てきたスキルに特別魅力を感じるものは、正直言ってなかった。ではどうするか。
 その問いの答えは、もうコウスケが実行していた。

 それはこの武器庫にある魅力的な武器を全て鑑定し、スキルを選別することだった。
 先ほどの聖剣と同じように、他の武器もスキルを持っているということは、既に確認済みである。

 そうしてコウスケは、この場にある様々な武器に鑑定をかけていった。と、そこでコウスケの視線がある武器へと止まった。だからといってもその武器のスキルが気になったわけではなく、

「槍か……」

 その武器というのも、黒色でコウスケの背丈ほどある槍だ。
 しかし鑑定結果では他の武器と比べると地味だった。

名前  レイソウェイ
創造者 ドラン・エドロン
分類  unknown
スキル 隠蔽

 武器が隠蔽を持つメリットはいまいち分からないが、きっと製作者には何らかの意図があるのだろう。もちろん偶然このスキルがついた可能性は否定できないが。
 この槍は部屋の奥に置かれていた。見た目も他の武器とは違って、派手ではない。このことから考えると、この槍は持ち主にとってさほど期待されていない武器なのだろう。
 この境遇にコウスケと似たものを感じるが、武器に同情するほどコウスケの心には余裕はない。
 だが、何故かこの槍がやけに気に入ってしまった。
 勇者たちのイメージは剣である。なら勇者落ちした自分は剣を使わない。という子どもじみた反抗心に加え、剣を持った勇者と対峙したときを想定した時に有利になる槍のリーチの長さを理由にしてこの槍を拝借することに決めた。

 と、脇道に逸れたが、今一番の課題は自分にどのようなスキルを付けるかだ。

 再び武器の山へ目を向ける。
 どれも目移りするようなスキルなのだが、それは武器であるからこそ成り立つようなものばかりだった。例えば、『鋭利』なんてスキルは、切るために作られた剣の効果が増大するもので、切る要素のない人体にそんなスキルを付けたって、爪ぐらいしか強化されない。他にも、『伸縮』『発光』『会話』といったスキルは武器だからこそというところもある。

 出来るならば、戦闘に役立つスキルが欲しいところだった。今のところ、『強化』のみでの戦闘方法しかできていない。これだと痛みを我慢しなければならないし、相当頑丈な奴には敵わない。まあ今はこの槍があるため、どうにかなるかもしれないが。

 しばらく考えあぐねたコウスケだったが、ようやく一つのスキルに決めることができた。

『スキル「吸収」を作りました。装備しますか?』


 悩んだ末に選んだスキルは『吸収』という名前だ。鑑定によると、物理攻撃以外の攻撃を吸収できるということらしい。ちなみに吸収された後は、放出型魔法であれば魔力に変換され、放出型のスキルであれば、一度きり使える消費スキルとなるそうだ。ここで重要なのが、放出型限定というところだろうか。つまり、物理攻撃などは防げないということになる。
 まあ今のコウスケは肉弾戦が主体であり、足りていないのは遠距離攻撃対策だ。となれば今のコウスケには『吸収』はちょうど良いスキルであった。

 その後、目についた道具袋やちょっとした短剣などを取っておく。ここが誰の武器庫なのかは知ったこっちゃない。こんな不用心なところに置いているのが悪いのだ。

「とりあえずこんなところかな」

 満足げな表情を浮かべ、コウスケは汗を拭った。ちなみに言うと先ほど盗った道具袋はいわゆるアイテムボックスというもので、試しにドラゴンの骨や鱗をいくら入れても重さや大きさが変わらなかった。
 ならここにある全部盗めばいいと思ったが、さすがに容量があるようで、ドラゴンの素材も全部は入らなかった。さらに言えば、ここの武器には盗難防止というスキルが掛かっているものが多く、どうしてもアイテムボックスに入らないものがほとんどだった。
 なのでコウスケが盗ったのは、アイテムボックスを含め、槍、短剣、の3つのみだ。どれも盗難防止のスキルがかかっていなかったことを見ると、持ち主にとってはさほど重要視されていない物品なのだろう。だがコウスケにしてみれば、かなりの良品なのでありがたく頂戴させてもらった。

 そうしてコウスケは久々の幸福感に包まれながら、階段を上り、先ほどの空間に戻っていった。

 幸い奥にもまだ通路がある。そして風が吹き込んでいることを考えると別の出口があるようだ。
 コウスケはこれから自分がやる目標を口にし地上へ向けて歩みを進めた。

「目指すは魔王だ」


「負け組だった男のチートなスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    魔王になる方向だよな?

    0
コメントを書く