負け組だった男のチートなスキル

根宮光拓

第十七話 ドラゴン

 ドラゴンと聞けば何を思い浮かべるだろうか。悪の権化。神聖な動物。強大な敵。守り神。どう思うかは人によって様々である。だが、どれにも共通していることがある。それはドラゴンという存在は強大で強力な生物だということだ。少なくとも、ドラゴンと聞いて弱い魔物だと思う人はまずいないだろう。
 コウスケの目の前にいるそいつは、日本で言う竜のような姿ではなく、ゲームに出てくるようなまさにザ・ドラゴンといった出で立ちで、とてもじゃないが敵うとは思えない。ましてや武器も何も持っていない状態でドラゴンになんて挑みたくない。これがゲームでもまず無理だ。

 コウスケの手持ちは、先ほど倒した魔物の骨のみだ。強度は並みの剣よりも脆く、ドラゴン相手には心もとない。

「無理だろ」

 ある程度の自信を持っていたコウスケだったが、さすがにあの巨体を目の前にしてしまえば、思わず諦めの言葉を口にした。
 幸いドラゴンには気づかれていないので、このまま逃げることも可能だ。だがそれでいいのか、戦わなくてはこの先には進めない。しかし戦って勝てる保障はどこにもない。むしろ負ける可能性が高い。と様々な葛藤がコウスケの心中に渦巻いていた。

 そんな中、この大きな空間の奥。コウスケ側から見て反対側の場所で、人の足音のような音が響いてきた。ドラゴンもそれに気づいたようで、そちらの方へ振り向いていた。

「……みんなどこ?」

 その人物はブツブツと呟きながら、この部屋へと無謀にも入って来た。声を聞く限りでは女性のようだ。

「ゴアアアアアアアア!」
「きゃっ! え、え、な、なんでこんなところにドラゴンが……」

 案の定その女性はドラゴンに気づかれてしまい、腰を抜かしている。
 もちろん危険を冒してまであの女性を助ける義理などない。ないのだが、やはり平和な国で生まれた弊害・・なのだろう。危険に陥っている女性を見捨てるなんて事は出来そうになかった。

 ドラゴンは女性へ目掛けて口を大きく開いた。恐らく火でも噴くのだろう。
 だが女性は目を大きく見開いたまま動かない。

「くそっ!」

 コウスケは我慢が出来ずに飛び出した。
 そしてすぐさま『強化』を施した拳でドラゴンの脇腹をぶん殴る。

「痛っ!、硬すぎるだろ」

 拳は『強化』を施していたため砕けてはいないが、変わりにとてつもない痛みがコウスケを襲った。しかしそれほどの代償を払ったコウスケの攻撃は全くドラゴンに効いていないようで、チラリとこちらを見るだけだ。だが、あの女性から注意を逸らせることには成功した。

「早く逃げろ!」
「あ、は、はい!」

 女性はハッとして立ち上がろうとしていたが、一向に立ち上がれていなかった。

「早く!」
「こ、腰が抜けて」
「チッ、何で出ちまったんだか……」

 現在コウスケはドラゴンと向き合い、出方を伺っている状態である。一歩でも動けば間違いなく殺される。その確信があった。そんな状況下で、人一人助ける余裕なんてない。
 コウスケは出てきてしまった後悔が脳裏を掠めるが、頭を振ってその考えを打ち消した。
 今はそんな事を考えている暇はないのだ。
 せめて武器があれば。と未だヒリヒリする手の痛みを感じながら思った。

 始めに動いたのはドラゴンだった。
 突然口を開き、空気が乾く。

「まずっ」

 慌ててコウスケは横に跳んだ。
 次の瞬間ドラゴンの口から炎が噴かれた。ギリギリで直撃はしなかったものの、炎の熱気で皮膚が焼ける。全身強化をしていたため重症には至らなかったが、やはり痛覚はかなりのものだった。

「不便すぎる」

 何度も来るこの痛みに思わず愚痴をこぼし、拳を握る。
 ドラゴンの方は余裕なのか、あえて追撃などはしてこない。それが未だコウスケたちの命を繋いでいたのだ。
 尻込みしていても仕方がない。コウスケはドラゴンへ再び接近し拳を打ち付ける。何度も何度も。

「あァ、いってえなクソ!」

 悪態をつきながらもコウスケは続ける。
 相変わらずドラゴンにはダメージがないように見えるが、煩わしく思ったのか体を振るってコウスケを引き離そうとしていた。体の大きなドラゴンだ。その揺れに当たるだけでも怪我をするだろう。

「あ、あの」

 ドラゴンから避けていると、いつの間にか女性の近くまで来ていたコウスケ。するとその女性から声がかかった。

「これ使ってください」

 女性が手渡したのは、剣だった。コウスケには剣の知識なんてないが、良い物だと信じて、それを受け取った。その剣を握った瞬間、ピリッという痛みが走ったが、今はそんな事を気にしている場合ではない。

「どうも」
「い、いえ、私のせいで」
「それは後でだ、今はあいつをどうにかする」

 謝ろうとしてくる女性の言葉を遮ってコウスケは目の前にいるドラゴンを見据える。
 このままダラダラと攻撃を続けてもキリがないのは、今までの戦闘から分かっていた。
 コウスケは剣を見る。これで何かが変わるかもしれない。そう希望をもって、再びドラゴンへ駆け出した。

「はぁっ!」

 剣を振るう。
 拳をぶつけたときとは全く違う感触。あれだけ殴っても傷一つつかなかったドラゴンの皮膚に切り傷が生じた。
 その痛みを感じたのか、ドラゴンは先ほどとは違う視線をコウスケへと向けた。あの目には憤怒の色が伺える。

「グラアアアアアアア!」

 大きな咆哮を上げ、ドラゴンはさっきまでの動きが嘘のように素早くコウスケから離れた。
 そして口を開く。ドラゴンの立ち位置はこの空間の端。下手すると、この場所全てを焼き尽くしかねない。更には後ろにはあの女性がいるため、避けるという選択肢もなくなった。

「防ぐっつってもなぁ」

 愚痴をこぼしながら、コウスケは剣を前へと構え、吐かれるであろう炎に耐える構えを取る。それだけでは当然防げるわけもない。

「グラウンド」

 足で地面を踏むと同時に魔法を唱え、目の前に土の壁を出現させる。それでもやはり炎を防ぐには心もとなかった。

「もう動けるか?」
「は、はい」

 コウスケは後ろの女性へ声をかける。すると女性はゆっくりと立ち上がった。その様子を尻目で見て声をかける。

「ならこっちに来い、焼かれたくなかったらな」

 コウスケの言葉を聞くと、ビクッとした面持ちで女性が小走りで近づいてきた。
 その女性に対して、すぐさま鑑定をかけた。その結果を見てコウスケは言葉を失う。

「『鑑定』……は?」


名前  星野 美月
種族  異世界人
レベル 20
スキル 聖剣 聖女 聖域 鑑定


 その女性はコウスケと同じ異世界人。つまり勇者だった。それにかなり強いスキルを持っている。見事に聖尽くしだ。

「お前……」

 コウスケは複雑な心境に陥った。同じ異世界人であるなら助ける義理は微塵もない。むしろ死ぬことを手助けする。
 そんな事を考えている間にも、ドラゴンは息を吸い込み炎を出す準備をしている。さっきより息を吸い込む時間が長いことを考えると、本気で殺しに来ていることが伺えた。

「まあいい」

 コウスケは先ほどの考えを頭の隅に追いやり、逆に運が良かったと考えることにした。

『スキル『聖域』を作りました。装備しますか? 空きスロットは1です」

 コウスケはもしものためにスキルスロットを一つ取っておいていたのだ。
 もちろんそのスキルを装備し、早速発動させる。

「『聖域』発動」

 するとコウスケを中心としてオーロラのような光のカーテンが揺らめきながら出現した。

「え、それって……」

 彼女は自分のスキルを目の前にして驚きの声を発した。何しろ自分ではない他人が使っているのだから。
 それに見た限り、彼女のこのスキルは彼女しか持っていないような珍しいスキルなのだろう。それは彼女の態度が語っていた。

 そしてドラゴンが今までの比ではないほど強大な炎の塊を吐き出した。途端にこの空間の温度が上がる。
 土の壁と光のカーテン。結果はどうなるかコウスケにも分からない。

 ついに運命を分けるその二つが衝突した。

「負け組だった男のチートなスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く