負け組だった男のチートなスキル

根宮光拓

第十一話 道中で

 あの後、雑談やらなにやらをして、コウスケは革命団の建物を後にした。
 キィンクら、革命団は少し話があるとの事で、今現在、コウスケは一人である。つまり、自由時間である。

「よし、レベル上げだな」

 コウスケは、スキルスロットを増やすために、レベルを上げようと考え、呟いた。
 昨日から連続で戦闘だが、疲れは残っていないし大丈夫だろう。

「もう草原は物足りないんだよなぁ」

 コウスケはそう呟く。
 あまり欲張ったり、自分の力を過信してはいけないとは言うが、実際にもうコウスケは草原で危険に陥ることはなくなっていた。
 今では、猪に四方を囲まれていても生き残れる自身がある。さすがに、八方まで囲まれたらやばいかもしれないが。

「すいません、ここら辺にいい狩場ってありませんかね?」

 コウスケが思い立ったのは、それらしい人に聞くというものだった。とはいえ、あまりにゴリゴリのマッチョは怖いので、同じくらいの体型の人に話をかける。

「ん? 狩場かい、それなら湿地の方へ行くと良いよ」

 その人はそう言って去っていった。
 湿地といえば、草原の奥地にそれらしいものを見た気がする。
 確かに、湿地は草原よりも危険が多いような気がするが、魔物の危険性もあがるのだろうか。とはいえ、せっかくの情報なので候補には入れておく。
 思い立ったらすぐ行動というタイプではないのだ。その後も、数人に聞きまわる。
 そして、いくつかの候補地が挙がった。
 森、沼地、岩場、地下、湿地の五つだ。

「さて、どっちに行こうか」

 まず沼地だと今の装備では苦労しそうな雰囲気が漂っている。
 泥が靴に入って後悔しそうだ。
 続いて岩場は、今のところ一番の候補だ。何より、環境に特徴があまりない。
 そして地下だが、一番危険な香りがプンプンする。絶対、危ない奴がいるだろ。
 無難なものとしては、湿地も挙げられるが、沼地と同じことになりかねない。

「森か岩場か」

 行くなら岩場だが、森の方が一番近い。
 そして、RPGなら森に行くだろう。

「よし、岩場にするか」

 定番なんてものはコウスケにとっては関係ない。
 既に勇者落ちしている時点で、もはやRPGに当てはまっていないのだから。
 自分でそう思っていると悲しくなってくるので、さっそくコウスケは岩場へと向かう。

「お、勇者様、どちらへ?」
「少し岩場へ」
「特訓ですか? 勇者様たちは精が出ますな」
「ありがとう、行ってくるよ」

 町の門にいた騎士の人に声をかけられ、返事をする。
 今のところ、異世界人の中で勇者落ちが出たということは知らされていないようだった。
 そもそも、存在すら覚えていないのかもしれないが。とりあえず、コウスケは騎士に見送られながら外に出た。
 岩場へ行くには、草原を通っていくため、移動中も当然魔物と遭遇する。
 道中のその戦闘もしっかりと経験値に還元されるので、一石二鳥だ。だが、ここで問題が起こった。

「へへっ、おい、これなんてどうだ?」
「ん? おお、いいな」

 下種な笑みを浮かべる男性二人。
 その傍らには女性が座り込んで怯えている様子だった。
 この状況を見過ごせるわけもないコウスケだが、問題はそこではなかった。

「そうだ、城に持ってかえって皆で味見するなんてどうだ?」
「それもいいな、でもよ、最初は俺らでやっておきたくね?」
「まあそうだな」

 その男二人は、コウスケと同じ異世界人の奴らだったのだ。
 彼らは、座り込んでいる女性を上から見下ろし、ニヤニヤと笑みを浮かべていた。
 会話を聞く限り、人助けという雰囲気でもない。むしろ、女性の方は襲われていると思われた。だが、コウスケは悩む。
 今の自分の状態ではきっと彼らには適わないからだ。
 そう思ったコウスケだが、試しに鑑定を使ってみる。


雑又 草木
レベル 5
スキル 強化 鑑定


猿梨 登
レベル 5
スキル 爆発 鑑定


 二人のステータスはこんな感じだった。
 彼らも誰かに入れ知恵されたのか、筋力などのパラメーターは見ることが出来なかった。
 見たところで、自分との差に落ち込んでいただけなので、それは良しとする。
 ステータスを見る限りでは、レベルはコウスケの方が上である。だが、スキルの数は一緒であり、しかも戦闘スキルのないコウスケにとっては不利である。

「なあ、早くやろうぜ」
「分かったよ、慌てんなって」

 コウスケが考えているうちにも彼らは行動を開始する。
 男の一人が、女性の腕を掴み、もう一人が服を脱がしにかかったのだ。
 女性は必死に抵抗するも、勇者である彼らの筋力には遠く及ばない。

「いや、やめて下さい!」
「うるせえ、黙ってろ」

 声をあげた女性は、男の一人にそう言葉を吐き捨てられ、目の前に剣を見せることで声を封じた。
 その光景を見たコウスケは決心する。

「やめろ」

 無謀なことは知っていた。
 だが、このまま見過ごす方が、コウスケにとっては殺されるより苦しいかもしれない。そう考えた故の行動だった。

「んん? 誰だお前」

 コウスケの姿を認識した男の一人、草木はコウスケをコウスケだと認識していなかった。
 どうやら、彼と面識がなかったようだ。

「何しにきたのかなぁ? 正義の味方気取りか?」
「離してやれよ」

 涙目でこちらを見つめる女性を見て、コウスケは言った。
 男二人は、そんなコウスケを見て笑いを吹き出す。

「っぷ、まさか、勇者の僕達に指図? 力も無いくせにいきがりやがって」

 突如、草木の表情が醜悪に満ちた表情に変わりコウスケとの距離を詰めてきた。
 彼のスピードはコウスケが今まで戦ってきたイノシシよりも早かった。

「ぐはっ、う……」

 あっという間に懐に入られたコウスケは、鳩尾を殴られる。
 こんなにも実力の差があることにコウスケは絶望する。確か、彼のスキルに強化という文字があった。
それの効力かもしれない。

「ってか、こいつあのコウスケじゃん」
「は? マジかよ!」

 彼らはコウスケだと認識しケラケラと笑う。どうやら体型の変化があったため、コウスケだと認識されていなかっただけらしい。
 捕らわれている女性は、コウスケが二人にあっという間にやられてしまったのを見て、絶望の表情に変わってしまっている。

「おら、立てよ」

 草木が蹲っているコウスケを蹴り飛ばして言う。
 コウスケは拳を握り締めて立ち上がる。今はただただ自分の無力が憎かった。 
 その後も、ずっと草木に殴る蹴るの暴力を加えられ続ける。

「げほっ、ごほっごほっ!」

 血の味が口の中に充満し、そして何かが喉につまりむせる。
 草木は殴り飽きたのか、腰に差していた剣を抜き、コウスケへと歩みよってきた。

「おい、殺す気か?」
「当然だろ? ここは異世界なんだぜ? 殺しても罪には問われないさ」

 ニヤニヤと笑みを浮かべたままコウスケの元へ近づいてくる草木。
 そして、蹲るコウスケの前に来て言った。

「じゃあな、ゴミ」

 そうして剣を上へ振りかぶった草木。

「っは」

 コウスケはその隙を逃さなかった。
 草木が剣を上に振り上げた瞬間、腰に差していた刀を抜き、草木の脛を切りつけたのだ。

「いつっ! くそが!」

 思わぬ反撃に草木は足を引きずりながら後ろへ下がる。

「はぁはぁ、痛みには慣れてないか?」

 ゆっくりと立ち上がったコウスケは彼らにそう言い放つ。
 コウスケは、毎日のように殴られた経験を生かして、痛くない拳の受け方などを身を持って覚えたのだ。
 そして、痛がりかたの演技も完璧である。

「く、くそ! おい登、あいつを殺せ!」

 草木にそう言われた登は、殺気立った目をこちらに向けて近づいてくる。
 ステータスで、こいつは爆発というスキルを持っていたはずだ、とコウスケは思い出し、地面に手を付く。

「死ね、爆!」

 登がそう言って持っていた剣を振るう。と、その瞬間、コウスケと登の間には人一人隠れられるような壁が現れた。
 その壁は、登の剣が当たった瞬間、爆発した。

「くそっ、どこだ!」

 爆発した壁は、いとも簡単に崩れるが、その爆発によって飛んだ土の破片は登へ襲い掛かる。
 加えて、爆発によって生じた土煙はコウスケの姿を一時的に隠したのだ。

「ここだよ」

 コウスケはすぐに登との距離を詰め、刀を振り下ろす。
 本能的に危険を察知したのか、登はバックステップでそれを辛うじて避けた。
 避けたとはいえ、登の左腕からは鮮血がドクドクと流れ出している。

「っち、ゴミのくせに」
「登、あいつ魔法を使えるみたいだ、なら俺が魔法で援護する、お前は近接を頼む」
「分かった」

 コウスケの様子を伺いながら草木は後ろへ下がり、左腕を切られた登は近づいてくる。
 そこで、コウスケは狙い通りに言ったことを心の中で小さくガッツポーズを浮かべ、叫んだ。

「早く、立ち上がって! 逃げて!」

 突然叫んだコウスケに、男二人はポカンとするが、すぐに思い出したように振り返った。
 そこには、同じようにポカンとした女性がいる。
 急いで草木は女の捕まえようとするが、足を切られていたため、立ち上がって走り去った女性には追いつくことが出来なかった。

「あああああ、ぶっ殺す」

 苛立ったように声を荒らげた草木と登。ここから、コウスケの無謀な戦いが始まった。

「負け組だった男のチートなスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー240181

    成長チートかよ

    0
コメントを書く