負け組だった男のチートなスキル

根宮光拓

第八話 信頼

 コウスケは宿へと戻り、自室へと向かう最中、食堂で酔いつぶれているゲンジュを発見した。
 ゲンジュでも酒を飲むのかという意外性を感じながらも、コウスケは酔いつぶれているゲンジュに向かう。
 さすがに無視するのはひどいと思ったからだ。

「ゲンジュさん」
「んぁ?」

 肩を揺すってゲンジュを起こすコウスケ。
 ゲンジュは直ぐに目を覚ましたが、少しの間呆けていた。

「こんなところで寝てたら、風邪引きますよ」

 寝ぼけているゲンジュへそう声をかける。
 そのコウスケの言葉がゲンジュに聞こえたのか、コウスケへと視線を向ける。

「おぉ、コウスケじゃねえか、今日は遅かったな」
「ええ、少しばかり戦いに夢中になってしまって」
「戦い……?」

 ゲンジュは頭が働かないのか、そう呟いてコウスケを見た。
 何のことか分かっていないようだ。

「魔物とのですよ、体が軽いんで張り切っちゃいました」
「あぁなるほどな……って、こんな時間までか!?」
「まあそうなりますけど」

 ゲンジュは一気に酔いが醒めたのか、目を大きく開き声を発した。
 そしてコウスケの答えを聞くと呆れた表情を浮かべる。

「いくら元気だからって、魔物相手に一日を費やすなんて、とんだ変態だな」
「だれが変態ですか!?」
「お前だよ!」

 変態呼ばわりされたコウスケは声を張り上げて反論する。
 少し運動を張り切りすぎただけで、変態呼ばわりされるのは納得がいかないからだ。
 何より変態と呼ばれることに賛成する人などいるのか。

「いいじゃないですか、少しくらい頑張りすぎても」
「その少しがとんでもないんだよ」

 相変わらず呆れた表情のゲンジュがそう呟く。
 そして大きく伸びをしながら立ち上がった。

「今日はもう寝ますか?」
「ああ、少し飲みすぎちまった」
「ゲンジュさんってお酒飲むんですね」
「あぁ、まあな」

 ゲンジュは少し小さめの声でそう答えた後、ヨロヨロと自室へと向かっていった。
 ひとまずコウスケは夜食をいただき、食べ終わってから部屋へと向かう。そこにはすっかり爆睡していたゲンジュの姿があった。
 いびきがうるさい。そんなことを思いながら眠りについた。


 次の日の朝、ゲンジュの荒々しい起こし方をされることなくコウスケは目を覚ました。
 ゲンジュの姿は部屋にはない。
 何処か急ぎの用でもあったのだろうか。
 コウスケは多少気になりながらもとりあえず食堂へ向かう。そして食堂には一人で食事をしているキィンクがいた。
 てっきりゲンジュと一緒に出かけていると思ったのだが、違ったらしい。

「おはよう」

 コウスケはキィンクへと挨拶を交わす。

「おはよう」

 キィンクの方も相変わらず小さい声だが、しっかりと挨拶を返してくれた。

「ゲンジュと一緒じゃないんだね、部屋にいなかったからてっきり一緒にいると思ったんだけど」
「え?」

 コウスケの言葉にキィンクは首を傾げて反応する。
 キィンクもゲンジュの行方は知らないようだった。

「あれ? ゲンジュのことだからキィンクには知らせてると思ったんだけど」
「知らない」
「んー、どこに言ったんだろう」

 コウスケは腕を組んで呟く。
 キィンクも視線を固定させて考えているようだ。
 するとキィンクは何か思い当たる節があったらしく、突然立ち上がった。

「コウスケ、今日付き合って」
「え、ちょっと」

 コウスケの答えを聞く前に、キィンクは腕を引っ張って食堂からコウスケを連れ出す。
 ちなみにまだコウスケは食事を済ませていない。

「ちょっと、どこに行くの?」

 無言でコウスケの腕を引っ張り続けるキィンクに質問を投げかける。
 キィンクは無表情のまま一言呟いた。

「革命団」

 と、なんとも物騒な名前を。

「え、ストップ、ウェイト、プリーズ」

 コウスケは必死に停止の言葉を投げかけるが、キィンクに止まる気配は感じられなかった。
 このまま革命団という、いかにも武装組織の場所へ連れて行かれるのだろうか。
 コウスケの心中は不安でいっぱいだった。

 しばらく歩いた後、ある建物の前でキィンクは立ち止まった。
 その建物はコウスケの想像にあった薄汚れたいかにもというような建物ではなく、どこにでもありそうな酒場だ。
 とはいえキィンクが先ほど発した言葉を聞いたコウスケはいつも以上に緊張していた。
そんなコウスケの気持ちなど意に介する様子もないキィンクは、その建物の扉をあっさりと開いた。
 当然コウスケの腕を掴んだまま。


「おい、そっちのコウスケとかいう勇者はどうなんだ?」
「ん、そうだな、今のところは何も怪しい様子はないよ」
「だからといって油断するんじゃねえぞ、王族の連中の罠かもしれないからな」
「分かってるって、あいつは今頃魔物の相手でもしてるだろうさ」

 建物の中に入ると、薄暗い空間が広がっていた。
 そして奥から二人の男性が会話をしていた。片方はどこか聞いたことのある声だ。

「やっぱり」

 隣でキィンクがポツリと呟く。
 何が何なのか分からないコウスケはただただ呆然としているだけだ。

「魔物? 何でだ?」
「何でも、体の調子が良いからだと」
「……そう言う建前で、実際は王城に報告に行ってる可能性もある」
「あー、確かにそうかもな」

 未だコウスケたちが入って来たことに気づいていないらしく、奥でまだ会話をしていた。
 そんなことはお構いなしとばかりにキィンクがズカズカと奥へと進んでいく。
 もちろんまだコウスケの腕を掴んだままである。

「警戒を怠るなよ、ゲンジュ」
「ああ……って、キィンク!? コウスケまで」

 奥へと進んでいくと、今まで会話をしていた男性たちの顔がうかがえた。
 会話の内容で大体のことは察していたコウスケだったが、やはりゲンジュだったようだ。

「おい! そいつを連れてくるとはどういう用件だ?」

 ゲンジュと会話をしていた男性がキィンクへと怒鳴る。
 それでもキィンクは表情一つ変えずにさらにはゲンジュへと睨み返す。
 ゲンジュは慌てた様子で、視線をキョロキョロとせわしなく移動させていた。

「ちょっと待ってくれ、キィンク、どうしてコウスケを?」
「それはこっちが聞きたい、どうしてここにいるの?」

 珍しく感情を浮き出した表情でキィンクがゲンジュへと言葉を発した。
 その言葉にゲンジュはウッと顔を顰める。
 なにやら只ならぬ事情がありそうだと、蚊帳の外のコウスケは思った。

「それは……」

 口ごもるゲンジュはチラリとコウスケを見る。
 見られたところでコウスケは首を傾げるだけだ。

「コウスケが勇者だから?」
「あ、あぁ」

 力なくゲンジュは頷いた。

「コウスケは勇者になれなかった、確かにそう言った」
「嘘かも知れないだろ!」
「どうして?」

 突然のゲンジュの声量に、キィンクはピクリと眉をひそめて言った。

「鑑定を持ってるお前なら分かるだろ、こいつは隠蔽スキルを持ってるんだぞ」

 ゲンジュはそう声を荒らげてコウスケを指差す。
 いくら状況が掴めないとはいえ、コウスケはゲンジュから決して良い感情では見られていないことを理解できた。

「隠蔽で隠せるのは精々スキルだけ」
「そのスキルの力が怪しいんだろ」

 キィンクとゲンジュは互いに引かず、睨み合っている。
 すると今まで黙っていた、名も知らぬ男性が口を挟んだ。

「なら本人に聞いてみるというのはどうだ?」

 その男性の言葉にキィンクとゲンジュがコウスケへ視線を移す。
 急に巻き込まれたコウスケは思わずたじろぐ。

「えっと……何の話でしょうか」
「今からお前が、王族のスパイかどうか確かめるんだよ」
「王族のスパイ?」
「それが演技かどうかは、後から分かる」

 ゲンジュがぶっきらぼうにそう告げた。
 つまりゲンジュは出会ったときからコウスケのことを心の底から信用などしてなかったのだということをコウスケは悟った。
 それと同時に今までのゲンジュとの思い出が蘇り、悲しい気持ちに包まれる。
 少ない期間とはいえ、ゲンジュとの生活は暖かいものがあった。とコウスケは勝手ながら感じていた。

「最初から信用していなかったと……」

 コウスケは小さくそう呟いた。

「当たり前だろ、異世界から召喚された異世界人が勇者落ちするなんて聞いたこともねえ、ならお前が王族と繋がってると考えるほうが自然だろうが」
「だからそれは違う」

 あくまでキィンクはコウスケの味方だった。
 それがゲンジュには理解できないようで、眉間に皺を寄せて声を放つ。

「何でそんなにあいつを庇う? もしかして惚れたのか?」

 そんな的外れの言葉をキィンクへ投げかけたのだった。
 キィンクは途端に無表情になり言葉を発した。

「それはない」

 あまりの即答に思わずゲンジュも硬直する。
 そしてその場が一瞬凍ったかのように音がなくなった。その場でコウスケだけが傷つくことになったのは言うまでもない。

「な、ならどうして」
「コウスケはスパイじゃない」
「だから! なんでだよ!」

 キィンクの崩れないその姿勢にゲンジュが叫ぶ。
 そして、キィンクが言った。

「だって、団長が言ってた」
「え?」「は?」「ん?」

 キィンクの言葉に三人は同時に声を漏らした。

「負け組だった男のチートなスキル」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く