つれづれなるままに……ならないのです。

ノベルバユーザー173744

蒼白とパニックと恐怖感

慌ててメールを打つ。



『今出たよ。知っての通り私は冷え性で長風呂だから、携帯が濡れて壊れたらと思って部屋においてたんだ。遅くなってごめんね』



送信するが、返信はない。

何で?本当にお風呂なのに、長風呂で携帯壊したくないと思って、だからちゃんとメールを送ったのに。

混乱しながら、



『ごめんよ?そんなに遅かった?携帯もって入るようにするね』



一時間後、メールが届いた。



『これがお前のやった事の仕返しや。解ったか‼』

「つれづれなるままに……ならないのです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く