つれづれなるままに……ならないのです。

ノベルバユーザー173744

続きで、地獄。

毎日のメールは監視されているようだった。

元々冷え性で長風呂が大好きだった私にとって、お風呂は最高の贅沢。
ぬるくなるまで浸かって、その間にクロスワードをしたり雑誌を読んだりと楽しんでいた。

その為、ある日、

『ごめんよ。これからお風呂に入るね。体が汗でベトベトだから。長風呂だよ』

と送った。



ほかほかになって出てきた私の携帯が点滅していた。
慌てて携帯を開ける。



ここに書けない内容の、9通のメールが入っていた。

「つれづれなるままに……ならないのです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く