つれづれなるままに……ならないのです。

ノベルバユーザー173744

イギリスの事件

今、EUに残るか残らないか、その国民投票の前である。



残留希望派と残留しない派が自分達の意見を街頭に出て、それぞれ発言集会中に、凶弾と刃物EU残留派の女性の口を封じ、命も奪い去った。



彼女は、他の国と協調する事で、ギリシャからの移民問題や、ヨーロッパの人間として行うべき事を発言していたのだろう。



紳士の国は阿片戦争で恥をかいたが、人の意見や弁論を銃の一撃で封じる国になってしまったのかと思うと、情けない。

「つれづれなるままに……ならないのです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く