つれづれなるままに……ならないのです。

ノベルバユーザー173744

自然の変化、野性動物が里に降りること

私の父の実家では今年は猟が、規定数に行ったのだと言う。
父の実家の地域は熊はおらず、現在猪が山の王者である。



雄の猪になると、相当な力で突進してきて、牙で腹部をえぐるのだと言う。



ジビエ料理と最近はかっこよく言うが、元々日本では猟が行われ日本狼やヒグマ、ツキノワグマが山の頂点であり、ある程度ヒエラルキーにのっとって山は成り立っていった。



狼を絶滅させ、猪は暴れ、熊が襲うように、山を荒らしたのは私達、人だ。

「つれづれなるままに……ならないのです。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く