話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

第15話

弘一郎がリヒトを攻撃せずに倒した日の翌日、弘一郎たちは普通に学校に来ていた。

「今日は、クラスメイトにはじめて会うな。少し楽しみだ」
「そうだねー。でも、ここの教師は厳しいらしいよ?」

そういう乃愛は少し心配そうだった。
だが、となりにいるこの男は一切の心配をしていなかった。もちろん、根拠のあってのことだ。
なぜならば、

「この学園は、よくも悪くも完全実力主義だ。強ければ問題ない。もし文句を言ってくるやつがいたら、叩き潰してやればいい。俺たちにはそれをできる力がある」

そういう弘一郎は、事実この学園の教師でもっとも強いカナよりもはるかに強い。
そのことがわかっているからこの男はここまで自信をもっているのだ。
まあ、弘一郎が本気を出さなくてはいけない人間なんてあの男・・・しかいないのだが。

「まあ、とりあえず教室に行くか」

そういって、一同は教室に向かう。


四人が教室に入るとそれまでそこそこ騒いでいた教室が一気に静かになった。
ちなみに、この学校では、実力順にクラスが決まるので、入試トップ4である4人は当然同じクラスである。

それから、しばらくすると一人の男が入ってきた。
その男は銀髪に碧眼で弘一郎ほどではないが、イケメンだった。
男は、そのまま教卓まで歩いて行き、しゃべりだした。

「みんな、こっちを見てくれ!これからみんなの自己紹介を行う。とりあえず俺からしよう。俺の名前はリューク!お前たちのリーダーになる男だ!」

そういって自己紹介をした男に全員呆然としていたが、全員が共通して思ったことがある。

(クラスメイトかよ!?)

いや、ここに一人、別のことを考えて、否、口に出している男がいた。

「わーお、身の程をわきまえていない愚者がいるよwww」

そう、弘一郎である。
弘一郎は、今、リュークとか言う雑魚が身の程もわきまえずに自らの友人たちをいやらしいめで見ていたため、激怒している。
だが、リュークも弘一郎の言葉に怒りを覚え、反射的に叫んでいた。

「何だと!?どっちが身の程知らずか、わからせてやる!決闘だ!」
「いいだろう、受けよう」

そういって、弘一郎絶対強者リューク愚か者の戦いが始まる…

「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 桜坂 麻夜

    初めて読みました。とても面白かったです。早く続きが読みたいです!!

    0
  • ノベルバユーザー310583

    更新まだですか?早く続き読みたいです!

    0
  • ナナシ

    未だ更新なし

    0
  • /昊/芭/☪︎

    更新まだですか?てか2年前か…

    1
コメントを書く