話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

第11話

弘一郎達は武器屋にたどり着いた。
 
「着いたな」
「できてるかな、アレ」
「どうでしょうね」

3人はワクワクしながら武器屋な足を踏み入れた。

「オヤジー!あれはできたか?」

そう叫ぶと奥から背の低い屈強な男が出てきた。

「ああ?ああ、お前さんか。出来てるぞ」

そう言って男が取り出したのは、
斧部と鉤部をヘッドの左右に、頂端に槍部を備えている、いわゆる『ハルバート』だった。

「おお、これだこれ!」
「本当にそんなのでいいのか?」
「ああ!これならいろんな武器の特徴があるから俺の武術にぴったりなんだ」

珍しく興奮している姿は年に見合った少年のようだった。

その横で2人の少女が微笑みを浮かべていた。
それは、まるで聖女のような微笑みだった。

「ふふふ、たまには弘一郎君のこういう表情も見ていたいわね」
「そうですね」

そして3人は武器を手に入れ、宿屋に戻った。人が減り、静かになった街に、夜の帳が訪れる。

「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く