話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

第6話

「悪いわね。こんなところまで来てもらって」

そう言うギルドマスターと俺、乃愛はギルドの二階にあるギルド長室にいる。

「あなたって本当に強いのね。あいつらだって一応Cランクなのよ」
「あの程度でCランクとは、少し弱すぎませんか?」
「C以上はそれぞれの間に決定的な実力差があるのよ」

(ちなみに冒険者のランクはFからSSまであり、それぞれ+と−がある。そして、SSランクとSS+ランクには大きすぎる差がある。例えるなら、SSランクがライオン、SS+ランクが恐竜である。)

ギルドマスターは、

「あなたは強すぎる。なのであなたのランクは今日からCランクよ。はい、これが新しいギルドカード」
「あんまり目立ちたくないんですが」
「あなたなら結局いつか有名になるわよ。ギルドカードはいまは黒だけどランクを上げれば変化するわ。カードが倒した魔物を記録して、素質があったらランクが上がる、という仕組みよ」
「はあ、わかりました」
「じゃ、今後ともよろしくね」
「はい」

そうして、疲労した2人は宿屋に戻り、泥のように眠った。

翌朝、2人は再びギルドを訪れていた。

「弘一郎君、なんのクエストを受けるの?」
「とりあえずCランクを受けて実力を確かめようか」

そう言って2人がクエストボードを眺めていると、あるクエストに目が止まった。

依頼:ゴブリンの巣の殲滅
依頼料:5000ゴル
場所:ユルド村周辺

「ゴブリンかぁ。やっぱり最初はこれだよね」
「そうだね、これにしようか」

そうして依頼を受付に持っていく。

「これを受けたいのですが」
「はい、わかりました」

クエストを受注した2人はギルドを出てユルド村を訪れた。

「すいませーん。冒険者ですが」
「は、はい!少々お待ちください」

少し待つと、

「待たせてしまって申し訳ありません」
「いえいえ、そんなに待ってないので大丈夫ですよ」
「私はこの村の村長の娘、シアと申します」
「私は弘一郎、こちらは乃愛です」
「初めまして、乃愛と申します」

この時、シアは混乱していた。何故なら冒険者といえば粗暴な人物だと思っていたからだ。それにそのことは、ほぼ事実である。

(この人達は優しいんだな)

「依頼について、聞きたいんですが」
「はい、奥で父が待っています」

そうして家の中に入っていく。

「これはこれは、冒険者様。ようこそおいでくださった。さらには依頼を受けてくださったとか」
「ええ、自分の力を確かめるいい機会かと思いまして」

そう始まり、2人は依頼について話し合った。

そして翌朝、弘一郎と乃愛は森へ来ていた。理由は、ゴブリンの巣をつぶすためだ。

「あったよ」
「ここからは慎重に進もう」
「わかった」

そうして、できる限り近づいたところで、弘一郎は飛び出した。

「グギャッ」
「ギギッ」

魔物の断末魔が聞こえる。
中には多少大きい個体もいたが、弘一郎の前では意味をなさない。
こうして、討伐という名の蹂躙は呆気なく幕を閉じた。















































と、思っていた。

「ギギッ」

乃愛の後ろにゴブリンがいた。ゴブリンは勝ちを確信しているのか。弘一郎にあざけるような目を向けている。
 その時、弘一郎の中で何かがキレた。

「……平伏せ」

ガクッ

ゴブリンは一切動けなくなった。相手は何もしていないにもかかわらず、だ。

「油断大敵だな、死ね」

そうして、今度こそゴブリンの巣の殲滅は終了した。

「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く