話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

第5話

「さてと、これからどうするかだけど」
「まずは、冒険者にならなくちゃね!」
「そうだね」


「ということで、ギルドに到着したよ!早く登録しよう!」
「落ち着いて、乃愛。何があるかわからないんだから」

そして、2人はギルドに入った。ギルドの中は半分が酒場となっていた。そして2人は真ん中を堂々と歩いていく。そして、受付の女性に話しかけた。

「こんにちは、冒険者になりたいんですが」
「はい、ではこちらのプレートに血を一滴垂らしてください」
「分かりました」

そう言って2人は渡された針で刺し血を一滴垂らした。

「これでいいですか?」
「はい、いいですよ!では、少し待っていてください。あと、私の名前はユキです」

そう言って、ユキは受付の奥へ走っていく。
彼女が見えなくなったあと、後ろから声が聞こえた。

「おい、ガキ。ここはお前みたいな雑魚が来る場所じゃないんだよ」
「そうだそうだ」
「さっさと帰れ、ガキ!」

振り向くと、3人の男がいた。

「そんなことあなたに言われる筋合いはねえが?」
「ああ⁉︎なんだその口の利き方は!ちょうしにのってんじゃねえ!」
「俺は敬意を表すべき相手にしか敬語は使わん」
「てめえ!黙って聞いてりゃ調子に乗りやがって!」

そう言いながら、男は殴ってくる。
早い、確かに大口を叩くほどはあるだろう。だが、それは相手が普通の人の場合だけだ。
弘一郎はそれを軽々とかわし、男を蹴った。だが、男は動かなかった。

「ギャハハ、回避できても攻撃が効かなかったら意味がねえんだよ」
「お前も何か言ってやれ」

男の仲間達は笑う。しかし、男は反応しない。

「お、おい。どうした?」

男の仲間が話しかけると、男は倒れた。
そこで弘一郎は解説をした。

「俺は動かせ無かったんじゃない。動かさなかったんだ」
「どういうことだ!」
「木村流にとって蹴り飛ばせてようやく基礎を学べる。後ろに跳ぶのは衝撃が後ろに飛んで行ってるからだ」

そう言い、絶句している男の仲間達から興味を失い、ユキを待っていると、

「こんにちは、私はここのギルドマスター、ユウよ。
ちょっと部屋に来てくれるかしら」

ギルドマスターを名乗る女性とともに出てきた。

「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ナナシ

    柔拳的な感じで内側に衝撃を浸透させる感じか

    0
コメントを書く