話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

第3話

「私も連れて行ってください!」
「は?」

弘一郎は一瞬乃愛がなんと言ったのか理解できなかった。するとそんな弘一郎に乃愛がもう一度言う。

「私も連れて行ってください!」
「ぇ、あ、別にいいけど乃愛はそれでいいの?」
「もちろんです!」

 弘一郎がこう聞いたのにはもちろん理由がある。弘一郎は100年に一度の天才であると同時に、100年に一度の鈍感男なのだ。ゆえに彼は、乃愛が誰かのことが好きなのは知っているが、その行為が自分に向けられるとは思っていない。ゆえに、こう聞いてしまったのだ。

「でも、危険な旅になるよ?それにクラスメイトとも離れなきゃいけないし」
「承知の上です。私には弘一郎君が離れることの方が許容できません!」
「でも…」

弘一郎は尚も説得を続けるが、

「うるさいです!私の決心は揺るぎません!」

と、一言で切り捨てられた。

「分かったよ……。じゃあ一緒に行こうか。王女様、いいかな?」
「え?あ、はい。構いませんよ。あと、さっきは渡しそびれましたがアイテムボックスです。者に触れて収納と念じれば使用できます」
「では、行ってきます」
「はい、ご無事で」

そうやって、弘一郎は旅立った。

 その後王女は、騎士団に勇者達の訓練を任せて、仕事に戻った。


〜〜???side〜〜
「くそ、いつもいつも僕の邪魔をしやがって!少しぐらい顔がいいからって、木村のやつめ!」

男は荒れていた。そこにメイドがやってきた。朝食が出来たそうだ。

「朝食はなかなかのものだな」

そうして男は、少しだけ気分が良くなった。
その後広間に行くと、更に気分が良くなった。
なんでも木村が旅に出るらしい。
それを聞いて男は、

「クク、これでようやく乃愛が俺のものに」

 だが、そこからの事は、男にとって不快だった。
目の前で乃愛が弘一郎について行くといい、それを断ろうとする弘一郎にますます腹が立った。なんだこんだで、2人はそのまま出て行った。

「くそっ!」

男が荒れていると、声が聞こえた。

「どうかしましたか?」

王女だった。

(このままじゃ納得いかねえ、いっそ、王女のことを)

 そう思った男は、王女に話しかけた。

「なあ、お前達には勇者が必要なんだよな。なら、その勇者のために精一杯尽くすべきなんじゃないか?」
「はい、そうですね」
「ならさ、王女様も尽くせよ。体だけは、立派なんだからさ」
「はい?」
「いいからさっさと服を脱げ!俺が犯してやるよ!」

 そう言って男は王女に襲いかかった。

「ひいっ!」

この時ばかりは、王女も普通の少女だった。そして、男の魔の手が王女に触れようとした時、

ゴキッ!

と鈍い音がなった。

「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く