話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

閑話 〜乃愛side〜

 気付いたら、見知らぬ場所にいた。辺りを見まわすと、クラスメイトと弘一郎の姿が見えた。

(弘一郎君!)

その姿を見ただけで乃愛の心は落ち着いた。彼女は、過去の経験から基本的に他者を信用していないが、弘一郎に限っては全幅の信頼を置いている。

 そんなこんなで、みんなが起き始めると、少女と屈強な男が出てきた。何かを話しているが、弘一郎に夢中な乃愛には届かない。

(ふふふ、弘一郎君と一緒だ。弘一郎君さえいれば他には何もいらないからね)

 気付いた時には、解散となっていて、メイドの人に部屋に案内された。

(同じ屋根の下で弘一郎君も寝てるんだ。)

そんなことを考えながら、彼女は眠った。

 翌日、朝食後にまた広間に行くことになった。そしてまた、話を聞き流しているととんでもない言葉が聞こえた。
弘一郎の「旅に出る」という発言だ。

その時、乃愛は自分が捨てられる錯覚を抱き、自らの望みを言った。

「私も連れて行ってください‼︎」


「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く