話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

天才少年異世界に降り立つ

 気がつくと、見知らぬ部屋の中にいた。弘一郎は気配を探ってみると(このことが日本人としては既に異常なのだが、本人は気づいていない)、クラスメイトの気配と他に数人の気配がすることに気づく。

(どうやら、俺は異世界へ召喚されたようだな)

 普通ならばここまで冷静にはなれないし、冷静だったとしてもそのことに驚くだろう。だが、弘一郎は普通ではない。彼の実家は道場で方針は武術において使えることは全て吸収し、相乗させるというもので、その中でも天才である弘一郎は、武術をかなり早い段階で習得したので、精神を鍛え続けたのである。そのため、彼が動揺することは滅多にない。

(さて、これからどうしようか)

弘一郎がそんなことを考えていると、

「うぅーん」

そんな声が聞こえた。誰かが起きたようだ。

「よう、賢治」
「うん?弘一郎か。ここはどこだ?」

思ったより冷静な彼の名は前田賢治である。彼もまた強い。弘一郎という圧倒的強者の前では、他者との差はほとんどないが、それは彼自身自覚しているので、今更悔しいとも思わない。

「さあな、とりあえずクラスメイトがを起こそうか」
「それもそうだな」

そう言って二人はクラスメイトを起こし始めた。
 そうして全員が起きた頃、声が聞こえた。

「おはようございます。勇者様」

声のほうを見ると、一人の少女と屈強な男が立っていた。

「私の名はアイーダ・クロチア。ここ、クロチア王国の王女です」

それを聞いて、クラスのリーダー気取りの佐藤勇斗が

「これは、ご丁寧に、王女様。私達はこれからどうしたらいいのでしょう?」

と、聞いた。

「誠に勝手ながら、あなた方にはこの世界を救っていただきたいのです」
「ですが、私達は戦える力がありません」
「異世界人は女神から加護を受けているはずです。それに、訓練をこちらの騎士団長につけてもらうので問題ありません」
「それならば、引き受けましょう」

勝手に話が進み、引き受けることになっていた。すると弘一郎が、

「おい、佐藤、勝手に決めるな。嫌な奴だっているだろうに」

と、止めた。

「どうして?困っている人を助ける力があるなら助けるべきだろう?」
「それはお前の考えだろう?さっきも言ったが、いやなやつだっているはずだ」

そうして二人が言い合っているとき、騎士団長は
(あいつは、他の奴らと雰囲気が違う。それに思慮深い)
と考えていた。
 王女は、
(最初の方は、ダメですね。相手を信用しすぎています。それに、後の方は、何か存在そのものの格が違うかのような、そんな気がします。それにかっこいいですし。ドキドキしてきました)
と考えながら、

「では、今日はこれで解散にして明日までにかんがえてきてください」

と言い、今日はこれで解散になった。

「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く