話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

天才少年、異世界へ

mizuki

プロローグ

 夏休みも終わり、今日から新学期が始まる。俺の名前は木村弘一郎、実家が道場で他の人より少しだけ強いごく普通の高校生だ。

 俺が学校へ向かっているとと後ろから声が聞こえてきた。
 
「おはよう。弘一郎君」

 そうして俺に挨拶してきたのは、容姿端麗、成績優秀、運動神経抜群の学校で人気No.1の石原乃愛だ。そんな完璧超人である彼女と俺が親しいのは、幼馴染だからだ。

 乃愛と適当に話していると学校に着いた。そして、教室に入るといつもの如く全員がこちらを見ていた。

(まあ、みんな乃愛に注目しているんだろうな)

 俺はそう思いつつ自分の席に座った。

 (実はこの時、男子は確かに乃愛を見ていたが、女子は全員、弘一郎の事を見ていた。弘一郎は、自分のことを普通だと思っているが、顔は神と見まごうほど美しく、運動神経は抜群どころか完璧、勉強は間違えたらテストの方がおかしいと言われている乃愛以上のスペックを持っているのだ)

 それから俺たちが友人と話していると、突然誰かが叫んだ。

「ドアが開かねえ!」

 みんなは「おもしろくねえぞ」と最初は言っていたが、あまりにも必死だったため確かめると、

「本当だ!マジで開かねえ!」

と、騒ぎ出した。すると今度は別の生徒が、

「何だコレ⁉︎みんな、下を見てくれ!」

と、叫んだ。そしてみんなが下を向いたその時、教室が光に包まれ、クラスメイトが消えた。










     




が、俺だけは残っていた。

「何でだよ!」

と、叫ぶと少し遅れて

「あれ?もうひとりいたんだ」

という声が聞こえて、俺も教室から消えた。

「天才少年、異世界へ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く