3人の勇者と俺の物語

穴の空いた靴下

130章 衝撃

 リクは自分の攻撃を見事に捌かれ大きく体勢を崩してしまった。
 スローモーションのような世界が広がる、シュウの拳が迫る。
 何をしても、どんな選択肢を選んでも回避できない。
 瞬間的に理解した、感覚は限界まで集中され、
 絶対に助からないその瞬間までの時間を引き延ばしていた。

 (ああ、私、死ぬのか……)

 (ワタルが叫んでいる、大好きなワタル。カイ、クウ、カレン、バッツ、みんな、ごめん)

 目の前に光り輝く盾が現れる、

 (ワタルが守ろうとしてくれている、それだけで幸せだ)

 リク自身も理解していた。シュウの一撃は盾では防げないことを……
 目の前でゆっくりと拳と盾が激突する。
 盾は破壊されそのまま迫る拳、リクの未来予想はそう告げていた。

 現実は予想とは異なっていた。

 盾を捉えた手甲が砕けたのだ、腕までも一緒に……

 『おお!? なんだよ、もう限界かよ、シカタネーナーヒクシカナイカー。おい! ペント俺は引くぞ!!』

 わざとらしくにやりと笑い、大きく跳躍して距離を取る。

 『実は私も限界でなぁ、今回は主らの勝利じゃ。見事なものよ』

 ペントも大きく後退してシュウと合流する。
 無理な追撃など許さぬ一部の隙もない、そのまま魔法陣とともに戦場から引いていった。
 一瞬のことで突然周囲に静寂が訪れる、
 しかし、その静寂をいつまでも見入っている暇はなかった。

 「リク無事か!? カイ!! カレン!! バッツをバッツを見てくれ!!」

 ワタルの叫びに全員が動き出す。
 リクの無事を確認したワタルもバッツの元へ駆け寄る、
 ワタル自身も破壊された全力を込めた魔法盾の反動で結構なダメージを受けていたが、
 そんなことは関係なかった。

 「カレン! バッツの容体は!?」

 「ワタル様、非常に酷い有様で生きていることが奇跡ですがすでに治療は開始しています」

 「……だ、大丈夫よワタルきゅん、すぐに治すから。でも治ったら二人を叱らないと……」

 「しゃべるなバッツ! いくらでも叱ってくれ! だから必ず治せ!!」

 ワタルも治療に加わる。改めてバッツのダメージを見るとシュウの恐ろしい攻撃力をまざまざと魅せつけられる。
 蹴りの一撃でなくあの拳の攻撃を食らっていたら即死は疑いようはなかった。
 同時にリクを救えた事の奇跡を認識する。
 なぜあの時シュウの拳は砕けたのか?
 あの時の事を思い出そうとするワタルにユウキが話しかける。

 「ワタル君。フォローするから、精密な回復魔法をお願いする」

 ユウキがその持てる医療知識を回復魔法に反映する。
 ユウキの医療知識は自身の病気の理解のためと、知り合いに会うとろくな事にならないため、
 大きな図書館に通うことが日常化していたという少し哀しい理由があるのだが、
 その結果としてかなりのレベルの医療的な知識を得ることが出来た、
 医療知識だけではなく、いろいろな分野の知識をその経験によって得ることが出来たのは彼女にとって今後頼もしい武器となっていく。

 ユウキの細かな指示にあわせて全員が魔力を緻密なコントロールで操る。
 回復魔法の効率が跳ね上がる、正確に各臓器を治療すべき形に魔法で誘導する、
 失った血液も魔法によって再利用していく。
 医療知識と魔法、このふたつが合わさるとこの世界に存在する既存の回復魔法とは別次元と言っていいほどの治癒魔法がここに生まれた。
 ユウキが参入してからみるみるとバッツの状態は改善していく。
 真っ白で陶器のような肌の色は赤みが刺し、我慢強いバッツの苦痛に歪んだ表情が穏やかになっていく。息も絶え絶えな呼吸もゆっくりと落ち着いたものになり意識もはっきりしていく。

 「内臓の損傷、骨折、肺の修復は改善しました。再生できない失った血液も活性させた造血器官によって再生されます。後はしっかりと栄養を取ることでね」

 「ユウキ!! ありがとう!!」

 ワタルはユウキを抱きしめる!

 「ワ、ワタル君……自分に出来ることをやっただけだよ、みんなの協力があったからこそだよ」

 ギュルルルルルルルルーーーー

 ちょっといい雰囲気になった二人をバッツのお腹の音が遮る。

 「キャ! 恥ずかしい! でもほんとにお腹が減って死にそう、ワタルきゅーん御飯作ってー」

 明らかに調子が良くなった声でおねだりをするバッツ。

 「ああ、好きなだけ作ってやる! とりあえず報告も兼ねて一度戻ろう」

 早くゆっくりと休ませたいワタルはすぐに転移をする、イステポネ領土へ移動し手早く食事を作り自らはヴェルス教皇へと事態の報告へ向かう。
 バッツの治療やその他準備もあるのでカレンだけがワタルに同行している。
 カルヂュイでの防壁攻防戦を終えて教皇は疲労困憊な部下たちを慰労して回っていた。
 女神の盾のメンバーが設置した手に魔法陣により聖都とカルヂュイの移動は容易となっていた。

 「ワタル殿、よくぞイステポネ大陸を守ってくださった。4魔将は打ち倒したのですか?」

 「いえ、こちらも重傷者を出しまして痛み分けといったところです……」

 「いやいや、ギリギリの状態から救っていただいただけでもありがたい。
 今の結界の状態ならしばらくこちらは保つでしょう、申し訳ないのじゃがウェスティアが心配じゃ。
 落ち着いたら向かって欲しい……」

 教皇も世界の命数を女神の盾だけに背負わせていることを申し訳なく思っていたが、
 他にどうしようもなかった……
 年端もいかない若者にすべてを任せるということの辛さを教皇達大人は悔しさを噛み締めていた。

 「わかりました、仲間の回復次第すぐに向かいます」

 ワタルは特に含むこともなく自然とそう答える。
 自分たちに課せられた使命に不満を抱くことはなく、純粋に自分と自分の仲間が愛する世界を守りたい。その気持で動いているのだ。



 

「3人の勇者と俺の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く