3人の勇者と俺の物語

穴の空いた靴下

29章 砂漠の旅

 次の街バルテントスへの移動のためにいろいろと準備をした。
 一番大変だったのはラクダに乗ることであった。
 砂漠なので馬車といっても実際は駱駝車だ。
 それにいざという時のために駱駝に全員が乗れないといけない、
 先輩冒険者であるカレンさんからの忠告もあり、
 全員で訓練をすることになった、
 3人はあっという間に乗りこなしていた、駱駝商の人も驚いていた。
 僕は……生活魔法の動物使役を使うことでやっとのことで乗る事ができた。
 ある程度指示も口頭で聞いてくれる。
 慣れてくると可愛らしい顔している。
 練習の後は必ず全身にブラッシングをしてあげる。
 最初は大きく怖かったけど、今ではブラシを持つと血走った目で催促してくれるほどだ……これ絶対マッサージスキル駱駝にも効いてるよね。
 1週間も練習しているとカレンさんからも合格がいただけた。
 余談だが動物用の干し草や野菜なども僕が用意すると美味しくなるようだった。どういう原理だ。

 そんなこんなで、旅の準備も無事出来た。
 たとえ大量の荷物だろうがアイテムボックス持ちが5人。異常事態だよね。
 駱駝車も無事に用意。暑さ対策にホロはしっかりした高級品にした。
 まぁ、生活魔法使うけどね。
 食事も僕がいっぱい宿の調理場で作っておいて、
 それをアイテムボックスから出すだけだ。
 水もオアシスの水を浄化してアイテムボックスへ、
 シャワーも購入してアイテムボックスから出せば、どこでも浴室~~の完成。
 魔法って最高だね!!
 冷暖房完備のキャンピングカーで移動するのと対して変わらん。
 もっと言ってしまえば、クウの時空魔法でテレポートも出来る。
 テレポートは空間魔法かと思ったら時空魔法だった。
 もしや10になったらタイムリープとか出来るのかね?
 実際にポイントすれば行き来できるから、進んだらポイントして宿に戻る。
 を繰り返したっていいわけだ。
 旅の雰囲気台無しだよ。
 魔法って最高!

 準備が整い出発の朝。
 シスターや町長、たくさんの町の人に見送られて出発する。
 ついでに何度か宴をやった時に料理もバレました。
 それからなんとかして料理を食べようとたくさんの人があの手この手を使ってきた。今後は本当に気をつけよう。
 砂漠の旅は予想通り快適だった。
 強すぎる日差しは闇魔法で抑える。
 馬車周囲は生活魔法で快適な温度だ。
 たまに暇つぶし的にサンドワームやらを倒して戦闘訓練もする。
 カレンさんは戦闘中は本当にS級冒険者なんだと感心した。
 移動中ずっと物欲しそうな目で僕を見ることさえなければ尊敬もするんだけど、カレンさん見た目だけは一番好みなのにさぁ……でも、めっちゃ尽くしてくれて、なんて言うかこんな綺麗で年上の人が僕の前で……うん、やめておこう。旅は長い。

 ああ、4人とはローテーションになった。
 乱入とかもあるからあんまり守られてない。
 僕の正気を奪ったバイアングの実、隠す意味が無いからってことでリクから教えてもらった。その実を効能をいじって、持続力、回復力抜群それでいて正気は失わない実の生産に成功した。数年後にはサラフの特産品になるだろう。
 その実もたくさん確保してあり、幾多の戦場で活躍してくれた。これからもたくさん活躍してくれることだろう。


 砂漠を順調に進んでいた、その平穏はクウの言葉で破られた。

 「ワタ兄、あっちに複数の反応。なんか戦っているっぽい」

 「我が友ウィンディーネ風の声を伝えて……
 ワタル様どうやら冒険者が砂蟻と交戦中のようです」

 「砂蟻?」

 「集団だとなかなかに厄介な敵です。人も食べます」

 「よし、取り敢えず助けよ。そっちに向って!」

 リクが手綱を操作して馬車をその方向へ向ける。

 「リク様、戦闘が見えたらそこからは徒歩で向かいましょう、
 駱駝が被害に合う可能性があります」

 カレンさんは全員様付けらしい、もう気にしてないと3人娘は言っているんだけど、ケジメだそうだ。

 「そしたら私は駱駝を見てます、弓と魔法で援護いたします」

 「頼んだカレンさん」

 「ハァハァ、ワタル様恐れ多い、でも頼んだ……頼んだ……ハァハァ」

 これさえなければねぇ……
 戦場を確認する、ああ、馬車を引く駱駝はもうやられている。
 取り敢えず、4人の人が蟻と戦っている。
 砂蟻デケェ!
 50cmから1mくらいの頭が大きい蟻が結構な数いる。
 カシャカシャと口を鳴らせながら次から次へと冒険者達に跳びかかっている。
 剣と盾を構えているガタイのしっかりとした男性、かなり鋭い槍を駆使している女性の戦士、それとメイスを振り回しているローブを纏うスキンヘッドの筋骨隆々とした男、最後が魔法を使って息も絶え絶えな女性。みんな20代前半ぐらいに見える。

 「不味いな魔法使いの人が限界だな、クウ頼む。カイは魔法で取り敢えず戦況をひっくり返そう、リクはどんどん数減らしていこう!」

 皆指示に頷いて動く。
 僕も必死に風魔法で加速して戦場へ向かう。

 「危ない!」

 まだクウも到達していないけど魔法使いに3匹が一気に襲いかかっている、
 あれは間に合わないか!?

 ヒュン

 風切音と蟻が弾けるのは同時だった、
 カレンさんと冒険者達は数百メートルは離れていると思う、
 砂煙の中で動いてるって程度なんだけど、
 しかも、3匹が同時に弾けた。これが神弓……
 あの残念仕様がなければS級なんだよねぇ……

 よし、クウも合流出来た、カイも魔法でかなりの数の蟻を薙ぎ払っている。
 リクも合流した、残った蟻を殲滅していく。

 僕いらなかった……

 「ハァハァ……ゼェ……た、助け、ハァハァに来ました……」

 僕は満身創痍だ……


 「ありがとう! 助かった!!」

 筋骨隆々のスキンヘッドの人が僕の手をブンブンと振って喜んでいる。
 ちょっと身体が浮いています。

 「よ、良かったですぅ、ま、間に合ってぇ」

 「ちょっとバリオ、やり過ぎ」

 このスキンヘッド人がリーダーでバリオさん、モンク。
 剣と盾で果敢に戦っていた人はルガージさん、剣士。バリオさんの弟。
 バリオさんを止めてくれたのは槍使いの美女、セニアさん、槍士。
 魔力切れでやられそうになっていたのがアリーシさん、魔法使い。
 今はアリーシさんは泣きつかれて寝ている。
 パーティメンバーはあと2人居て、レンジャーのポルコさん。
 そしてアリーシさんの彼氏だった重剣士のマッシュさん。
 最初にポルコさんが突然現れた砂蟻に囲まれてしまって、
 それを助けようとしたマッシュさんも……
 本当に運悪く砂蟻の巣の直ぐ側を通ってしまったみたいだ。
 近くに開いていた巣には大量の泥水を流し込んで処分しておいた。
 街道の近くにこんなのがあっては危険だからね。
 生体感知はかなり難しい魔法で、消費魔力も索敵範囲も普通なら狭い。
 クウが特別なだけだ。でもあると無いとでは雲泥の差なので、
 生体感知ができる冒険者は国家の下で働いたりする。
 カレンさんも精霊を利用して似たようなことが出来る。

 取り敢えず移せる荷物は移して馬車は廃棄した。
 マジックボックス持ちなことを物凄く驚いていた。
 本当は塔の噂を聞いてサラスへ行くつもりだったのだけど、
 こうなっては仕方がないのでバルテントスへ引き返すというので、
 同乗を申し出た。

 「重ね重ね、本当にありがとう。この恩は一生忘れない」

 今は火を起こし野営地を作った。
 食事は僕が作るわけには行かないのでカイが用意してくれた。
 バリオさん達一行は食事に大層喜んでくれた、
 こんなところでこんな上等な食事はやはり稀有だそうだ。

 バリオさんは見た目通り体育会系で話していて気持ちが良かった。

 「ポルコもマッシュも俺がパーティを組んでからずっと一緒だ。
 俺らサウソレスの大岩、初めての死者なんだ……」

 焚き火を眺めながらバリオさんは寂しそうにそうつぶやいた。

 「マッシュは人が良くてな、自分が大怪我をしても守る相手が無事なら心の底から嬉しそうに、そこにアリーシは惚れていた。その人の良さが襲われたポルコを助けるために単騎先行しすぎたんだろうなぁ……」

 残念ながらポルコさんもマッシュさんも遺体は残っていなかった。
 雑食性の蟻に……装備さえも……

 「アリーシは街に戻ったら冒険者を辞めるだろうな」

 セニアさんがそう続ける。

 「仕方ないだろうな、止めることは出来ないさ」

 ルガージさんも悲しそうにそうつぶやき銅製のカップに口をつける。

 「ワタル様、アリーシさんが目を覚ましました」

 一応念の為にカレンさんにアリーシさんの様子を精霊に見守ってもらっておいた、最初の取り乱し方に不安を覚えたから。

 「……あのまま、死ねたらよかったのに……」

 やはり、アリーシさんにとってマッシュさんの死は受け入れることが出来ないようだ……

 「アリーシ!! あんた、せっかく助けてもらって!」

 パァン

 セニアさんが怒りを露わにするがその前にアリーシさんの頬を叩く音が響く。

 「アリーシ、マッシュの死を犬死にするつもりか」

 ルガージさんだった。

 「……ううっ、マッシュ……」

 辛いな……冒険をしていればこういうことに今後巡りあう可能性はある。
 もし、3人娘やカレンさんが倒れた時、僕は毅然としていられるだろうか?
 恵まれた環境で今まで戦っていたので、
 この当たり前の人が死ぬという冒険者をすこし楽観視していた。
 巻き込まれたとはいえ、僕は自分でこの世界で生きていくことを選んだ。
 改めて覚悟と決意を固めないといけない。
 今回の出会いはたくさんのことを教えてくれて、考えさせてくれた。

 交代で見張りをしながら夜は更けていく、静かに。
 天井の星空は今は優しく冒険者一行を照らしてくれている。




 


 
 

「3人の勇者と俺の物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く